Aspose.Page for C++


PostScript や XPS 形式を操作する C++ ライブラリ

他のソフトウェアに依存することなく、PostScript PS、EPS、XPS ファイルの読み込み、操作、PDF やラスター画像に変換

Aspose.Page for C++

Aspose.Page for C++ は、XPS や PostScript ファイルを出力、操作できる信頼性の高いライブラリです。他のソフトウェアを必要とすることなく新規、既存の XPS ファイルを生成、編集、変換できます。Aspose.Page for C++ の API は、ドキュメントのページやキャンバス、パス、グリフなどの要素の操作、ベクター画像シェイプの生成や異なるカラー スペースの色の指定も可能です。さらに PS や EPS ファイルを PDF ファイルや、異なるラスター画像形式に変換することもできます。


概略図

Aspose.Page for C++ でサポートされる主な機能です。


プラットフォームに依存しません

Aspose.Page for C++ でサポートされる環境です。


サポートされるファイル形式

Aspose.Page for C++ でサポートされるファイル形式です。


  • XPS の生成と編集
  • XPS ドキュメント ページの追加、削除
  • キャンバス、パス、グリフなどの要素の操作
  • ベクター画像、シェイプ、テキスト文字列の生成と編集
  • さまざまなブラシやカラー スペースの色を選択して編集
  • 同一 XPS パッケージ内の複数のドキュメント要素をクロス パッケージ操作に使用
  • Print Ticket の追加と操作
  • XPS ファイルを PDF やラスター画像形式で保存
  • EPS ドキュメントをラスター画像や PDF 形式で保存

Aspose.Page for C++ では、XPS ファイルを読み込んで操作できるだけでなく、ファイル内に新規のページを追加することもできます。Aspose.Page for C++ を使用して、さまざまな処理の自動化を実現できます。

            // 新規に XPS ファイルを生成
            auto doc = System::MakeObject(dataDir() + u"Sample1.xps");

            // ページ リストの最後に空白ページを追加
            doc->AddPage();

            // ページ リストの最初に空白ページを挿入
            doc->InsertPage(1, true);

            // 結果の XPS ドキュメントを保存
            doc->Save(outDir() + u"AddPages_out.xps");
          

Aspose.Page for C++ では、PS や EPS ファイルを PDF やラスター画像形式に簡単に変換できる機能が利用できます。変換処理は画像品質の制御やバッチ処理におけるエラー制御の方法を設定できます。



ページトップへ