Aspose.PDF for Android via Java


モバイル アプリ内で PDF を操作できる API

Adobe Acrobat をインストールすることなく、PDF ドキュメントを生成、読み込み、編集、変換、セキュリティ保護

Aspose.PDF for Android via Java

Aspose.PDF for Android via Java は、 Adobe Acrobat を使うことなく Android アプリケーションによる PDF ドキュメントの生成、読み込み、書き出し、操作を可能にする、ドキュメント生成、操作用の API です。フォームの生成や PDF ドキュメントに埋め込まれたフォーム フィールドの管理を行うことも可能です。


概略図

Aspose.PDF for Android via Java でサポートされる主な機能です。


プラットフォームに依存しません

Aspose.PDF for Android via Java でサポートされる環境です。


サポートされるファイル形式

Aspose.PDF for Android via Java でサポートされるファイル形式です。


  • 新規 PDF ドキュメントの生成
  • 画像の PDF ファイル変換
  • PDF ドキュメントへのテキストや画像の追加
  • テキスト スタイルや書式を操作して PDF ドキュメントに追加
  • PDF ドキュメントの挿入、抽出、分割および連結
  • PDF 生成時にヘッダーとフッターを追加
  • ブックマークの生成、インポート、エクスポートおよび削除
  • PDF 生成時に添付および注釈を追加、変更、抽出、削除
  • PDF 生成時、または生成後にセキュリティ制約を追加、更新、削除
  • PDF 生成時に PDF の暗号化およびパスワードを設定
  • PDF 生成時に見出しを追加
  • PDF ドキュメントからのパスワード情報の保護、解除、追加および削除
  • FDF、XML、および XFDF ファイルからのフォーム フィールド データを生成、更新、削除、インポート/エクスポート
  • PDF ドキュメントからの透かしの追加と削除
  • 複数列ベースの PDF ドキュメントの生成
  • PDF ドキュメントの用紙の余白、サイズ、向き、切り替えの種類、拡大縮小率、外観などの設定
  • PDF ドキュメントをページ単位に分割

Aspose.PDF for Android via Java は、PDF ファイルを新規に生成したり、既存の PDF ドキュメントを操作したりできます。PDF の生成機能として、テキストや画像ファイルを PDF 形式に容易に変換することもできます。

さらに、テーブルを生成する際には、テーブルの幅、パディング、マージン、列スパン、行スパン、デフォルトのセル テキストなどを指定できます。また、ネストされたテーブルの作成や、テーブルをデータ ソースに統合することもできます。

Android アプリ内で PDF を Word、XPS、HTML、画像などの形式にわずか数行のコードで簡単に変換できます。

            // 変換対象ファイルの読み込み
            Document pFile = new Document(SD_PATH + "template.pdf");

            // DOCX、XPS、および HTML に変換
            pFile.save(SD_PATH + "output.docx", SaveFormat.DocX);
            pFile.save(SD_PATH + "output.xps", SaveFormat.Xps);
            pFile.save(SD_PATH + "output.html", SaveFormat.Html);
          

Aspose.PDF for Android via Java では、PDF ファイルのコンテンツを操作できるさまざまな機能が提供されます。テキスト、画像、ブックマーク、ハイパーリンク、添付、注釈などを追加、削除、更新できます。また、フォーム フィールドの追加、移動、名前変更、削除や、入力必須、非表示、読み取り専用などの属性でフォーム フィールドの外観を変更することもできます。フォーム フィールドやデータを XML との間でインポート、エクスポートできます。データベースへ統合することで、フォーム フィールドのコンテンツをデータソース間でインポートやエクスポートしたり外部の Web リンクに送信することもできます。

Aspose.PDF for Android via Java は、さまざまなタイプのグラフをサポートしています。座標で指定したページの場所にグラフを描画したり、必要に応じてグラフを回転や拡大縮小したりできます。

Aspose.PDF for Android via Java では、ディスクやメモリに保存された画像をドキュメントに挿入したり、Web 上の画像を追加することもできます。一般的な画像形式だけでなく、CCITT (fax) 画像、複数ページの TIFF 画像、透過 GIF 画像などもサポートしています。

Aspose.PDF for Android via Java には、下記の機能が含まれます。

  • PDF ドキュメント内の別のページにハイパーリンク ショートカットを追加
  • 別の PDF ドキュメントのページにハイパーリンクを追加
  • PDF 以外のファイルにハイパーリンクを追加
  • Web ページ上にハイパーリンクを追加
ハイパーリンクの生成だけでなく、PDF ドキュメントからハイパーリンクを抽出することもできます。

添付や注釈の追加、更新、インポート/エクスポートおよび削除も可能です。あらゆる形式のファイルを PDF ドキュメントに添付することもでき、多角形、ポリライン、ポップアップ、スタンプ、キャレット、フリー テキストなどの注釈を追加することもできます。

Aspose.PDF for Android via Java では、PDF ドキュメントを 40 ビットまたは 128 ビットで暗号化でき、さらなるセキュリティ強化としてマスター/ユーザー パスワードの設定もできます。Aspose.PDF for Android via Java を使用すると、コンテンツのコピー、印刷、フォーム フィールドの入力、低解像度での印刷、注釈の変更、または PDF ドキュメントのアセンブリなどといったコンテンツの変更をすべて制限することができます。



ページトップへ