Aspose.PDF for Java


PDF ドキュメントを操作できる Java API

PDF ファイルの生成、読み込み、編集、さまざまなファイル形式への変換。Adobe Acrobat をインストールすることなく PDF ドキュメントのセキュリティ設定、署名、出力も可能です。

Aspose.PDF for Java

Aspose.PDF for Java は Adobe Acrobat を使用することなく Java アプリケーションによる PDF ドキュメントの読み込み、書き出し、操作を可能にする PDF ドキュメント生成 API です。PDF、XFA、TXT、HTML、PCL、XML、XPS および画像ファイルの操作をサポートします。

Aspose.PDF for Java では、PDF の圧縮オプション、テーブル生成と操作、グラフやイメージ機能、ハイパーリンクの拡張機能、セキュリティ管理、カスタム フォント処理などの豊富な PDF API が提供されます。さらに、開発者は 製品の API や XML のテンプレートから直接 PDF ドキュメントを生成でき、フォームの生成や PDF ドキュメント内に埋め込まれたフォーム フィールドの管理を行うことも可能です。


概略図

Aspose.PDF for Java の主な機能です。


プラットフォームに依存しません

Aspose.PDF for Java は Java で実装され、JDK 1.6 以降で動作します。


サポートされるファイル形式

Aspose.PDF for Java は、PDF、TXT、XML、HTML、PCL、XML、XPS および画像ファイル形式をサポートしています。


  • 製品 API による PDF ドキュメントの生成
  • XML ドキュメントを PDF に変換
  • PDF と画像形式の相互変換
  • PDF ドキュメントにテキストを追加
  • XPS ファイルを PDF 形式に変換
  • テキスト スタイルの操作
  • グラフ オブジェクトや画像の追加
  • PDF ドキュメントの生成時にテーブルを追加
  • ヘッダーとフッターの追加
  • ブックマークやハイパーリンクの生成
  • 見出しの追加
  • 添付と注釈の追加、削除
  • セキュリティ制限の指定
  • PDF の暗号化、パスワード保護
  • PDF ポートフォリオの生成
  • PDF フォーム Word ドキュメントの生成
  • 複数カラムをベースとした PDF ドキュメントの生成
  • ページや余白サイズの設定

わずか 2 行のコードにより、PDF から Word、PowerPoint および HTML への強力な変換機能を Java アプリケーションに実装できます。

            // 変換対象のファイルの読み込み
            Document pdf = new Document(dir + "template.pdf");

            // 異なる形式で保存
            pdf.save(dir + "output.docx", SaveFormat.DocX);
            pdf.save(dir + "output.pptx", SaveFormat.Pptx);
            pdf.save(dir + "output.html", SaveFormat.Html);
          

Aspose.PDF for Java を使用して、新規に PDF ドキュメントを生成できるだけでなく、既存の PDF ファイルの操作や PDF/A 準拠のドキュメントなどのサポートされるファイル形式で保存できます。PDF 生成時には、製品の API を使用して、XML、PCL または画像ファイルを PDF ドキュメントに変換できます。

テーブルを生成できるだけでなく、テーブルの幅、余白情報、間隔、行幅、列幅およびデフォルトのセル テキストも指定できます。Aspose.PDF for Java は入れ子のテーブルやデータ ソースによるテーブルの統合もサポートします。

Aspose.PDF for Java を使用して、テキストの配置の指定、アラビア語、ヘブライ語、ウルドゥー語などの右から左書きの言語のコンテンツの配置、左寄せテキスト パラグラフの生成、テキストの空白の保持、カスタムのタブ ストップもサポートします。ドキュメントのすべてのセグメントのテキスト書式の定義も可能です。

水平方法のテキスト配置だけでなく、ベースラインやトップラインなどの垂直方法のテキスト セグメントの指定もサポートされます。テキストの前景色、背景色も変更可能です。置換可能な記号を使用して、プログラム実行時にテキスト コンテンツを変更することも可能です。

Aspose.PDF for Java は、PDF ドキュメントを 40 ビット、128 ビット暗号化を使用でき、オーナー パスワード、ユーザー パスワードを指定してセキュリティを強化することも可能です。内容のコピー、印刷、フォーム フィールドの入力、低解像度での印刷、注釈、文書アセンブリなど、PDF ドキュメント内のコンテンツの変更を制限することも可能です。

Aspose.PDF for Java では、座標で指定したページの場所に描画できるグラフをサポートしています。必要に応じて、既存のグラフを回転したり、サイズの変更も可能です。

また、Aspose.PDF for Java は、PDF ドキュメント内の既存の画像の追加、差し替え、抽出、削除をサポートします。さらに PDF ドキュメントの生成時や既存ファイルの操作時に画像を透かしとして追加することも可能です。

Aspose.PDF for Java を使用して、ドキュメント内の各セクションのページ サイズやページの余白サイズを指定することができます。各セクションのページ背景画像やページ ヘッダーとフッター セクションを設定可能です。ドキュメントの各セクションにユニーク ID を割り当てることができ、ドキュメントの各セクションに複数のパラグラフを追加できます。また各パラグラフの余白を指定することもできます。

Aspose.PDF for Java の API は、マネージ コードで設計されており、Adobe Acrobat を実行環境にインストールする必要はありません。Adobe Acrobat オートメーションよりも簡単かつ柔軟に使用できます。



ページトップへ