Aspose.Pdf for Java


PDF ドキュメントを操作できる Java API

PDF ファイルの生成、読み込み、編集、さまざまなファイル形式への変換。Adobe Acrobat をインストールすることなく PDF ドキュメントのセキュリティ設定、署名、出力も可能です。

Aspose.Pdf for Java

Aspose.Pdf for Java は Adobe Acrobat を使用することなく Java アプリケーションによる PDF ドキュメントの読み込み、書き出し、操作を可能にする、PDF ドキュメント生成 API です。PDF、XFA、TXT、HTML、PCL、XML、XPS および画像ファイル (JPEG、PNG、TIFF、BMP、SVG、GIF、EMF、WMF、ICON、EXIF) の操作をサポートします。

Aspose.PDF for Java は、PDF の圧縮オプション、テーブルの生成と操作、グラフ サポート、幅広いハイパーリンク機能、詳細なセキュリティ コントロール、カスタム フォントのハンドリングなどの豊富な機能が提供される低価格の PDF API です。

Aspose.Pdf for Java は、製品 API や XML テンプレートから直接の PDF ファイル生成をサポートしています。Aspose.Pdf for Java により、アプリケーションに PDF 処理機能を追加できます。


概略図

Aspose.Pdf for Java の主な機能です。


プラットフォームに依存しません

Aspose.Pdf for Java は Java で実装され、JDK 1.6、JDK 1.7 および JDK 1.8 で動作します。Aspose.Pdf for Java は、JSP/JSF Web アプリケーションや Windows アプリケーションなどのあらゆるアプリケーションに統合できます。Aspose.Pdf for Java を Perl、PHP および Python で使用することも可能です。


サポートされるファイル形式

Aspose.Pdf for Java は、PDF、TXT、XML、HTML、PCL、XML、XPS および画像ファイル形式をサポートしています。


  • 製品 API による PDF ドキュメントの生成
  • XML ドキュメントを PDF に変換
  • 画像ファイルから PDF、または PDF から画像形式への変換
  • PDF ドキュメントにテキストを追加
  • XPS ファイルを PDF 形式に変換
  • テキストのスタイルを操作して PDF ドキュメントに追加
  • PDF ドキュメントの生成時にグラフ オブジェクトを追加
  • PDF ドキュメントの生成時にテーブルを追加
  • PDF 生成時にヘッダーとフッターを追加
  • PDF ドキュメント生成時にブックマークを生成
  • PDF 生成時に見出しを追加
  • PDF 生成時に添付と注釈を追加、削除
  • PDF 生成時にセキュリティ制限を指定
  • PDF 生成時に PDF の暗号化、パスワード保護
  • PDF ポートフォリオの生成
  • PDF フォーム ドキュメントの生成
  • PDF 生成時にブックマークを追加
  • 複数カラムをベースとした PDF ドキュメントの生成
  • PDF 生成時にページや余白サイズを設定

Aspose.Pdf for Java が Java アプリケーションによる PDF ドキュメントの生成をサポートし、ドキュメント内で異なるブックマークや見出しのレベルを指定できます。ドキュメントの圧縮レベル、デフォルトのオープン アクション (全体表示または幅を合わせる)、ドキュメントのオープン モードやサムネイルやブックマークの表示も設定できます。

Aspose.Pdf for Java を使用して、ドキュメント内の各セクションのページ サイズやページの余白サイズを指定することができます。各セクションのページ背景画像やページ ヘッダーとフッター セクションを設定可能です。ドキュメントの各セクションにユニーク ID を割り当てることができ、ドキュメントの各セクションに複数のパラグラフを追加できます。また各パラグラフの余白を指定することもできます。

Aspose.Pdf for Java を使用して、右寄せ、左寄せ、中央揃えなどのテキストの配置の指定、左寄せテキスト パラグラフの生成、テキストの空白の保持、テキストの書式設定、PDF DOM (Document Object Model) の子ノードの継承、テキストの下線、上線、取り消し線の変更など、ドキュメントのすべてのセグメントのテキスト書式の定義が可能です。

置換可能な記号を使用して、プログラム実行時にテキスト コンテンツを変更したり、アラビア語、ヘブライ語、ウルドゥー語などの右から左書きの言語もサポートされます。

Aspose.Pdf for Java では、さまざまなタイプのグラフをサポートしており、座標で指定したページの場所にグラフを描画したり、必要に応じて、既存のグラフを回転したり、サイズの変更が可能です。

Aspose.Pdf for Java を使用して、ディスクやメモリ上の画像を挿入したり、URL を指定して Web 上の画像を挿入することもできます。一般的な画像形式だけでなく CCITT (fax) 画像、複数ページの TIFF 画像や透過 GIF 画像もサポートされています。

Aspose.Pdf for Java を使用して、テーブルを PDF ドキュメントに追加できます。テーブルの罫線、余白および間隔、列幅、行の分割属性などをコントロールできます。複製と完全な複製の 2 種類のテーブルのコピーもサポートされます。オブジェクト配列、DataTable、DataView のデータをインポートすることも可能です。

デフォルトのセル書式をテーブルのセル全体に適用でき、個別の行や列の生成、行を繰り返し追加、入れ子のテーブルの生成もサポートされます。テーブルをメインの PDF ドキュメントの内側や、ヘッダーやフッター セクションの内側に配置できます。

Aspose.Pdf for Java では下記を追加できます。

  • 同じ PDF 内の他のページへのハイパーリンク
  • 他の PDF ドキュメントへのハイパーリンク
  • PDF ファイル以外へのハイパーリンク
  • Web サイトへのハイパーリンク
あらゆる形式のファイルを PDF ドキュメントに添付することもでき、注釈の正確な位置やポップアップ ウィンドウのサイズを指定して追加することも可能です。

Aspose.Pdf for Java は、プログラム的に PDF ドキュメント内にフォーム フィールドを生成できます。フォーム フィールドの配置は、テーブルやカスタムの位置により指定できるため、フォーム フィールドを正確な位置に配置できます。

Aspose.Pdf for Java は、PDF ドキュメントを 40 ビット、128 ビット暗号化を使用でき、オーナー パスワード、ユーザー パスワードを指定してセキュリティを強化することも可能です。内容のコピー、印刷、フォームフィールドの入力、低解像度での印刷、注釈、文書アセンブリなど、PDF ドキュメント内のコンテンツの変更を制限することも可能です。

Aspose.Pdf for Java の API は、マネージ コードで設計されており、Adobe Acrobat を実行環境にインストールする必要はありません。Adobe Acrobat オートメーションよりも簡単かつ柔軟に使用できます。



ページトップへ