Aspose.PDF for .NET


.NET で PDF ファイルを操作する API

Adobe Acrobat に依存することなく、.NET アプリケーション内で PDF ドキュメントを生成、編集、保護、さまざまな形式に変換

Aspose.PDF for .NET

Aspose.PDF for .NET は、クラスプラットフォーム アプリケーション内でドキュメントの管理と操作を実現する高度な PDF 処理、解析 API です。Aspose.PDF for .NET の API により、Adobe Acrobat を使用することなく PDF ドキュメントの生成、編集、変換、出力、セキュリティ設定、印刷が可能です。さらに Aspose.PDF for .NET の API では、圧縮オプション、テーブル生成と操作、グラフや画像機能、ハイパーリンクの拡張機能、スタンプや透かし処理、セキュリティの拡張管理、カスタム フォント処理などもサポートされます。

Aspose.PDF for .NET は、PDF、XFA、TXT、HTML、PCL、XML、XPS、EPUB、TEX や画像形式などの一般的なファイル形式をサポートするだけでなく PDF ドキュメントを直接 API から、または XML テンプレートから生成でき、PDF ドキュメント内に埋め込まれたフォーム フィールドの生成や管理も可能です。


概略図

Aspose.PDF for .NET でサポートされる主な機能です。


プラットフォームに依存しません

Aspose.PDF for .NET でサポートされる環境です。


サポートされるファイル形式

Aspose.PDF for .NET でサポートされるファイル形式です。


  • API による PDF ドキュメントの生成
  • XML および XSL-FO ドキュメントを PDF に変換
  • PDF を Excel スプレッドシートに変換
  • PDF を PowerPoint プレゼンテーションに変換
  • PDF を Word 文書に変換
  • PDF と SVG 形式の相互変換
  • PDF と ePUB 形式の相互変換
  • PDF から PS 形式に変換
  • PDF と XPS 形式の相互変換
  • PDF と画像形式の相互変換
  • PDF と HTML 形式の相互変換
  • PDF 生成時にテーブルやグラフ オブジェクトを追加
  • PDF ドキュメントからのテキストや画像の追加、更新、削除
  • PDF ドキュメントの挿入、抽出、追加、結合
  • PDF ドキュメントを単一ページに分割
  • PDF 生成時にヘッダーとフッターを追加
  • PDF ドキュメントからのブックマーク生成、インポート、エクスポート、削除
  • PDF 生成時に見出しと目次を追加
  • PDF 生成時に添付と注釈を追加、変更、抽出、削除
  • セキュリティ制約の追加、更新、削除
  • パスワード保護、解除、パスワード情報の追加、削除
  • フォーム フィールド データの生成、更新、削除、インポート/エクスポート
  • PDF ドキュメントからの透かしの追加と削除
  • 用紙の余白、サイズ、向き、拡大倍率などの設定
  • PDF ドキュメントの編集中に文字の折り返しをトラッキング
  • PDF ドキュメントの編集中に改行をトラッキング
  • タグ付き (PDF/UA) PDF ドキュメントのサポート

Aspose.PDF for .NET では継続的に新機能を追加して製品品質を向上させています。以下は最近追加された機能の一部です。

  • Latex スクリプトの使用
  • シグネチャ ブロックから Location と Reason の 2 つの行をサプレス
  • デジタル署名テキスト内の言語を変更
  • アノテーションのリソースにアクセス
  • 結合時にアノテーションのタイトルの名前変更
  • パスワードなしで単一 PDF に X509 で署名
  • SVG 画像の次ページへの移動をサポート
  • スマート カードからの PDF ドキュメントに署名
  • PIV Card ベースのデジタル署名をサポート
  • KeyStore からの PDF への署名をサポート

わずか 2 行のコードにより、PDF から Word、PowerPoint および HTML への強力な変換機能を .NET アプリケーションに実装できます。

            // 変換対象のファイルの読み込み
            var pdf = new Aspose.Pdf.Document(dir + "template.pdf");

            // 異なる形式で保存
            pdf.Save(dir + "output.docx", Aspose.Pdf.SaveFormat.DocX);
            pdf.Save(dir + "output.pptx", Aspose.Pdf.SaveFormat.Pptx);
            pdf.Save(dir + "output.html", Aspose.Pdf.SaveFormat.Html);
          

さらに、PDF ファイルの各ページを BMP、JPEG、PNG、GIF、EPS、SVG などの従来のラスター、ベクター画像形式に変換したり、PDF 全体を複数ページの TIFF に変換したりできます。また、PDF ファイルを XLS、EPS、SVG、XPS、LaTex、TXT および PDF/A 形式に簡単に変換できます。

Aspose.PDF for .NET を使用して、新規に PDF ドキュメントを生成できます。製品の API を使用して、画像、XML、XSL-FO、HTML、SVG、PCL、XPS、EPUB またはシンプルなテキスト ファイルを PDF ドキュメントに変換できます。さらに PDF の生成時に、XMP メタデータ、作成者やタイトル情報の指定も可能です。

Aspose.PDF for .NET は、既存の PDF ドキュメントを操作、編集する際に役立ちます。複数の PDF ドキュメントの結合、既存の PDF ファイルへの新規ページ追加、ページの抽出、既存の PDF ファイルの特定の場所へのページ挿入、PDF ページの分割、複数ページを 1 ページに表示、などが可能です。

Aspose.PDF for .NET は、PDF ドキュメントを 40 ビット、128 ビットまたは 256 ビット暗号化を使用でき、ユーザー パスワードを指定することも可能です。内容のコピー、印刷、フォーム フィールドの入力、低解像度での印刷、注釈、文書アセンブリなど、PDF ドキュメント内のコンテンツの変更を制限することも可能です。

Aspose.PDF for .NET では、PKCS#1、PKCS#7 および PKCS#7 Detached 署名タイプや、デジタル署名との併用により PDF のセキュリティを向上させることができます。証明書レベルを指定して署名のグラフィック表示を設定することもできます。

Aspose.PDF for .NET は、高度なフォーム フィールド処理機能を提供します。PDF ドキュメントにフォーム フィールドを追加する機能を持ち、プログラム上で PDF ドキュメント内のフォーム フィールドの名前の変更、削除やコピーなどができ、プッシュ ボタン用に JavaScript を設定したり、フォーム フィールドを平坦化することが可能です。また READ_ONLY、REQUIRED、NO_EXPORT、HIDEEN、NOZOOM などのフィールドの属性を指定したり、フィールドの配置、罫線スタイル、ボタン スタイル、フォント サイズ、テキスト カラー、テキスト エンコーディングなどのビジュアルな属性を簡単に指定でき、ドキュメント内の絶対位置のフォーム フィールドの場所をカスタムの位置に定義したりできます。

XML、FDF または XFDF ファイルからフォーム フィールド データをインポートまたはエクスポートしたり、フォーム フィールドと OLEBD または ODBCDC データ ソースと紐付けることができます。また画像やバーコードをインポートしたり、リッチ テキスト形式でフィールド データを取得したり、送信ボタンを追加して指定した URL へデータを POST することもできます。

Aspose.PDF for .NET を使用して、ドキュメント内の各セクションのページ サイズやページの余白サイズを指定することができます。各セクションのページ背景画像やページ ヘッダーとフッター セクションを設定可能です。ドキュメントの各セクションにユニーク ID を割り当てることができ、ドキュメントの各セクションに複数のパラグラフを追加できます。また各パラグラフの余白を指定することもできます。

Aspose.PDF for .NET では、さまざまなタイプのグラフをサポートしています。座標で指定したページの場所にグラフを描画したり、必要に応じて既存のグラフを回転したり、サイズの変更が可能です。ディスクやメモリ、または Web 上の画像を PDF 形式に変換することもできます。一般的な画像形式だけでなく CCITT (fax) 画像、複数ページの TIFF 画像や透過 GIF 画像もサポートされています。

画像をオリジナルのサイズやカスタム倍率で配置したり、メイン ドキュメントのセクション内、テーブルのセル内、ヘッダーやフッターのセクション内に配置できます。

            // PDF を PdfConverter に読み込む
            using (var converter = new Aspose.Pdf.Facades.PdfConverter())
            {
                converter.BindPdf(dir + "template.pdf");

                // 変換処理の開始
                converter.DoConvert();

                // TiffSettings の生成と圧縮形式の設定
                var settings = new Aspose.Pdf.Devices.TiffSettings()
                {
                    Compression = Aspose.Pdf.Devices.CompressionType.CCITT4,
                };

                // PDF を TIFF 形式で出力
                converter.SaveAsTIFF(dir + "output.tiff", settings);
            }
        

さらに Aspose.PDF for .NET では、PDF ドキュメント内にあるイメージを追加、置換、抽出または削除することもできます。新規に PDF ドキュメントを生成する際や既存の PDF ドキュメントに、透かしとして画像を追加することも可能です。

Aspose.PDF for .NET を使用して、テーブルの罫線、余白および間隔、列幅、セルの結合や分割、入れ子のテーブル、テーブル オブジェクトのコピー、オブジェクト配列、DataTable、DataView のデータ インポートなどを指定して PDF ドキュメントにテーブルを追加できます。

デフォルトのセル書式をテーブルのセル全体に適用でき、個別の行や列の生成、行を繰り返し追加、入れ子のテーブルの生成もサポートされます。テーブルをメインの PDF ドキュメントの内側や、ヘッダーやフッター セクションの内側に配置できます。

Aspose.PDF for .NET では、同じ PDF 内の他のページへ遷移するハイパーリンク、PDF ファイル以外や Web サイトへのハイパーリンクを追加できます。ハイパーリンクの生成だけでなく、PDF ドキュメントからハイパーリンクを抽出することも可能です。

添付や注釈を追加、更新、インポート、エクスポートおよび削除することもできます。あらゆる形式のファイルを PDF ドキュメントに添付することもでき、多角形、折れ線、ポップアップ、スタンプ、キャレット、テキストなど多くの注釈タイプを追加できます。アイコン タイプや座標を指定することもできます。

Aspose.PDF for .NET を使用して、右寄せ、左寄せ、中央揃えなどのテキストの配置の指定、アラビア語、ヘブライ語、ウルドゥー語などの右から左書きの言語、左寄せテキスト パラグラフの生成、テキストの空白の保持、カスタム タブ ストップの設定、テキストの下線、上線、取り消し線の変更など、ドキュメントのすべてのセグメントのテキスト書式の定義が可能です。

テキストの水平方向の配置だけでなく、ベースラインやトップラインなど、テキスト セグメントの垂直方向の配置も指定できます。テキストの文字色や背景色を変更したり、置換可能な記号を使用して、プログラム実行時にテキスト コンテンツを変更することもできます。PostScript Type1、TrueType およびその他の主要な PDF フォントもサポートしています。

Aspose.PDF for .NET は、既存の PDF ドキュメント内のテキストの抽出、テキストの置換、テキストの挿入などテキストの操作に優れています。

Aspose.PDF for .NET の API は、マネージ コードで設計されており、Adobe Acrobat を実行環境にインストールすることなく、単一の .NET アセンブリとして実装することができます。Adobe Acrobat オートメーションよりも簡単かつ柔軟に使用できます。



ページトップへ