Aspose.PSD for Java


Java で PSD や PSB 形式を操作する API

Adobe Photoshop に依存することなく Java ベースのアプリケーション内で PSD や PSB ファイルを生成、読み込み、編集、出力

Aspose.PSD for Java

Aspose.PSD for Java は、Adobe Photoshop ファイル形式を簡単に操作にできる API です。PSD や PSB ファイル形式の読み込み、書き出しが可能です。Aspose.PSD for Java では、Adobe Photoshop をインストールすることなく、レイヤーのプロパティの更新、透かしの追加、圧縮、回転、拡大縮小、ファイル形式の変換などが可能です。

TIFF、JPEG、PNG、GIF、BMP などの画像形式を簡単にエクスポートできます。


概略図

Aspose.PSD for Java でサポートされる主な機能です。


プラットフォームに依存しません

Aspose.PSD for Java でサポートされる環境です。


サポートされるファイル形式

Aspose.PSD for Java でサポートされるファイル形式です。


  • Photoshop ファイルの読み込み、新規生成
  • PSD、PSB ファイル形式の読み込み、書き出し
  • Photoshop ファイルを画像に変換
  • 画像の反転、回転、拡大縮小
  • 四角図形にクリップ
  • 基本図形の描画や塗りつぶし
  • Exif データの読み込み、書き出し
  • 画像の明るさ、コントラスト、ディザーの追加
  • PSD レイヤーの生成、操作、結合

Aspose.PSD for Java では、わずか数行のコードで PSD 形式をさまざまなラスター画像形式に変換できる機能が提供されます。

            String destName = dataDir + "export";

            // 既存の PSD 画像を Image に読み込む
            Image image = Image.load(dataDir + "sample.psd");
            image.save(destName + ".bmp", new BmpOptions());
            image.save(destName + ".gif", new GifOptions());
            image.save(destName + ".jpeg", new JpegOptions());
          

Aspose.PSD for Java では PSD レイヤーの操作をサポートします。レイヤーの結合、レイヤー上のテキストの更新、レイヤーへのエフェクト設定や画像形式でのエクスポートなどが可能です。さらに Aspose.PSD for Java により、PSD の平坦化の検出やサムネイルの生成もできます。

Aspose.PSD for Java は、切り取り、反転、回転、拡大縮小など、画像を操作するさまざまな機能をサポートします。これらの画像操作機能は以下の画像回転処理のように数行のコードで実装できます。

            String destName = dataDir + "RotatingAnImage_out.jpg";

            // 既存の画像を RasterImage クラスのインスタンスに読み込む
            Image image = Image.load(dataDir + "sample.psd");
            image.rotateFlip(RotateFlipType.Rotate270FlipNone);
            image.save(destName, new JpegOptions());
          

その他にも Aspose.PSD for Java では、異なる画像フィルターの実装やラスター画像の明るさ、コントラスト、ガンマなどの調整機能を実装することもできます。さらに、動的な画像のディザーやぼかし以外に、Median、Gauss Wiener、Motion Wiener および Bradley Threshold などの一般的なフィルターも使用できます。



ページトップへ