Aspose.Slides for C++


PowerPoint プレゼンテーションを操作できる C++ ライブラリ

PowerPoint プレゼンテーションとスライドの読み込み、書き出し、操作、変換を行うスタンドアロンの API

Aspose.Slides for C++

Aspose.Slides for C++ は Microsoft PowerPoint を使用することなく C++ アプリケーションによる PowerPoint プレゼンテーションの操作、出力、変換を可能にするプレゼンテーション処理ライブラリです。

Aspose.Slides for C++ では、PPT、POT、PPS、PPTX、POTX、PPSX および ODP など、ほとんどの Microsoft PowerPoint プレゼンテーションとスライド ファイル形式をサポートします。


概略図

Aspose.Slides for C++ の概要です。


プラットフォームに依存しません

Aspose.Slides for C++ は、C++ アプリケーションをサポートします。


サポートされるファイル形式

Aspose.Slides for C++ は、PowerPoint プレゼンテーションやその他の一般的なファイル形式をサポートします。


Aspose.Slides for .NET には、プレゼンテーションのエクスポート、スライドの出力、スライドを SVG 形式や HTML 形式にエクスポート、プレゼンテーションの印刷など複雑な処理を簡潔に行うための多くの高度な機能が提供されています。

  • プレゼンテーションをファイルやストリームに保存
  • プレゼンテーションを標準の形式に変換
  • ビルトインおよびカスタムのドキュメント プロパティの管理
  • プレゼンテーションのパスワード保護
  • グラフの追加、書式設定、操作
  • シェイプの追加、書式設定、操作
  • スライドの追加、書式設定、操作
  • テキストの追加、書式設定、操作
  • 表の追加、書式設定、操作
  • プレゼンテーションを PDF および XPS にエクスポート
  • スライドを SVG 形式にエクスポート
  • プレゼンテーションへの画像追加
  • データベースからのプレゼンテーション生成
  • プレゼンテーションを HTML 形式にエクスポート
  • スライド内の HTML テキストをインポート、エクスポート
  • レイアウト スライドをプレゼンテーションに追加
  • 保護されたプレゼンテーションの読み込み
  • プレゼンテーションのカスタム印刷

Aspose.Slides for C++ は、Microsoft PowerPoint に互換した高精度なレンダリング エンジンを独自に実装しています。この機能により、元のプレゼンテーションと同一の出力結果を PDF や XPS などの標準形式にエクスポートできます。

Aspose.Slides for C++ で提供されるビルトイン メソッドにより、プレゼンテーション内またはプレゼンテーション間でのスライドのコピーやクローンが可能です。スライドはマスター スライドのレイアウトを継承するため、ビルトインのクローン メソッドではクローン処理中に自動的にマスター スライドをコピーします。

Aspose.Slides for C++ を使用してスライド内のテキストやシェイプの書式設定が可能です。テキストは、シェイプに関連付けられたテキスト フレームで管理されるため、テキスト フレームに関連付けられた段落や一部分を使用して書式設定されます。フォント、色、サイズ、影、文字揃え、箇条書き、文字の向きなども管理できます。さらに、位置、サイズ、線、画像、テキスト、塗りつぶしなどのシェイプの属性も簡単に操作できます。

Aspose.Slides for C++ ではさまざまなシェイプをサポートしていますが、仮に Aspose.Slides for C++ でサポートされないシェイプの場合でも、製品に実装されたシリアライゼーションにより必要に応じて既存のスライドからシェイプを流用することが可能です。

製品の使用は、既存の機能だけに制限されません。本製品の開発チームは、新しいバージョンをリリースする毎に新機能を継続的に追加しています。お客様からの機能強化のリクエストもお気軽にお寄せください。



ページトップへ