Aspose.Slides for Java


Java で PowerPoint を処理する API

Java アプリケーション内で PowerPoint スライドの読み込み、書き出し、操作と、PDF、HTML および画像形式への変換

Aspose.Slides for Java

Aspose.Slides for Java は、Java アプリケーションによる PowerPoint ファイルの読み込み、出力、操作、変換を可能にする PowerPoint 操作と管理用の API です。Aspose.Slides for Java の強力かつ包括的な API により、スライド、テーブル、テキスト、MSO グラフ、シェイプ、画像、SmartArt ダイアグラムなどの PowerPoint プレゼンテーションの要素を操作できます。

Aspose.Slides for Java の API は、プレゼンテーション スライドから PDF、PDF/A、XPS、HTML および画像形式へのエクスポートをサポートします。Aspose.Slides for Java は外部への依存関係がないので、製品の処理では Microsoft PowerPoint を必要としません。


概略図

Aspose.Slides for Java でサポートされる主な機能です。


プラットフォームに依存しません

Aspose.Slides for Java でサポートされる環境です。


サポートされるファイル形式

Aspose.Slides for Java でサポートされるファイル形式です。


  • 新規スライドの生成、テンプレートから既存のスライドをコピー
  • ストリームから、またはストリームへの PowerPoint ファイルの読み込みと書き出し
  • データベースからプレゼンテーションを生成
  • スライド上にシェイプを生成、シェイプにテキストを追加
  • PowerPoint テーブルの操作をサポート
  • テキストおよびシェイプの書式設定
  • シェイプの保護の適用と解除
  • プレゼンテーションを固定レイアウト形式にエクスポート
  • プレーン TIFF または Notes 付きの TIFF へエクスポート
  • プレゼンテーションへの画像追加
  • Excel グラフを OLE オブジェクトとしてスライド内に埋め込み
  • MSO 2016 グラフのサポート
  • プレゼンテーション スライド内の HTML テキストのインポートとエクスポート
  • ActiveX コンポーネントのサポート
  • SmartArt シェイプのサポート
  • 生成されたプレゼンテーションと PDF のパスワード保護
  • VBA マクロのサポート
  • PowerPoint プレゼンテーションの印刷
  • Aspose.Slides for Java クラスを PHP で使用
  • PPT ドキュメントからのテキスト抽出
  • 個別の凡例のフォント サイズの設定
  • 株価グラフの生成とグラフ イメージの取得
  • 系列の色やカテゴリの変更
  • グラフ エリアの境界に丸枠を指定
  • グラフのデータ テーブルのフォント プロパティを設定

Aspose.Slides for Java の API では継続的に新機能を追加して製品品質を向上させています。以下は最近追加された機能の一部です。

  • SVG 画像をシェイプに変換
  • 返信コメント
  • テキストを含まないシェイプのラスター化またはベクター化
  • Office 365 と外部の Excel ワークブックをサポート
  • OpenDocument 暗号化、Text Highlighter のサポート
  • HTML への保存時にエンコードのメタ データを追加
  • HTML への保存時に SVG タグの width と height 属性を除去する設定
  • 生成された PPT 内の左側のサムネイル ペインの非表示
  • テーブルのデフォルトの背景を API で取得
  • バブル チャートのサイズに関するプロパティ
  • グラフの外部のデータ ソースにワークブックのパスを設定
  • ファンネル グラフと二次元マップ グラフ
  • FIPS のアルゴリズムによる API 準拠
  • Morph Transition と陰影効果の透過プロパティ設定のサポート

Aspose.Slides for Java は、Microsoft PowerPoint に互換した高精度なレンダリング エンジンを独自に実装しています。この機能により、元のプレゼンテーションと同一の出力結果を PDF、TIFF および XPS など、多くの一般的な標準形式にエクスポートできます。プレゼンテーションをエクスポートするために必要なのは、対象となるプレゼンテーションの読み込み、出力形式を指定して保存するためのメソッドを呼び出すだけです。簡単そのものです。

            // 変換対象のファイルの読み込み
            Presentation presentation = new Presentation(dir + "template.pptx");

            // 異なる形式で保存
            presentation.save(dir + "output.pdf", SaveFormat.Pdf);
            presentation.save(dir + "output.xps", SaveFormat.Xps);
            presentation.save(dir + "output.tiff", SaveFormat.Tiff);
          

Aspose.Slides for Java は、テキストボックス、テーブル、四角形、楕円形、ポリライン、オートシェイプ、図のレイアウト枠、ビデオ フレーム、OLE オブジェクト フレームなどのスライドの要素を操作できます。Aspose.Slides for Java の API では、それらの要素の一つ一つを包括的に操作できる一連のクラスが提供されます。

Aspose.Slides for Java を使用してスライド内のテキストやシェイプの書式設定が可能です。テキストは、シェイプに関連付けられたテキスト フレームで管理されるため、テキスト フレームに関連付けられた段落や一部分を使用して書式設定されます。フォント、色、サイズ、影、文字揃え、箇条書き、文字の向きなども管理できます。さらに、位置、サイズ、線、画像、テキスト、塗りつぶしなどのシェイプの属性も簡単に操作できます。

Aspose.Slides for Java により、SmartArt の新規作成だけでなくスライド内の既存の SmartArt シェイプへのアクセス、操作、削除が可能です。さらに、Aspose.Slides for Java の API では、SmartArt のノードの追加、削除、複製も可能です。また、SmartArt のスタイル、色、レイアウトなどの外観を動的に変更することもできます。

Aspose.Slides for Java では、プレゼンテーション スライドからサムネイルを生成できますので、マシンに PowerPoint をインストールしていないユーザーにスライドを配布したり、カスタムの Web サイトでその画像を使用するなど、さまざまな使用方法があります。

            // プレゼンテーション ファイルの読み込み
            Presentation presentation = new Presentation(dir + "template.pptx");

            // コレクションの最初のスライドにアクセス
            ISlide slide = presentation.getSlides().get_Item(0);

            // スライドのフル サイズの画像を生成
            BufferedImage image = slide.getThumbnail(1f, 1f);

            // 画像を JPEG 形式で出力
            ImageIO.write(image, "jpeg", new File(dir + "output.jpg"));
          

Aspose.Slides for Java の API は、マネージ コードで設計されているので PowerPoint ドキュメント形式を操作するために Microsoft Office や Microsoft PowerPoint を実行環境にインストールする必要はありません。サポートされる機能、セキュリティ、安定性、拡張性、スピード、価格など、あらゆる面で Microsoft PowerPoint オートメーションを完全に置き換えることができます。



ページトップへ