Aspose.Total for C++


Office ドキュメントを操作できる C++ ライブラリ

Microsoft Office や Adobe Acrobat をインストールすることなく、Excel や PDF ファイル形式を操作

Aspose.Total for C++

Aspose.Total for C++ は Aspose が提供する C++ 向けライブラリの集大成となるパッケージです。一連の一般的なドキュメント形式間での、生成、編集、出力、印刷、変換処理を C++ アプリケーション内で行うことができます。

Aspose では、常に最新の C++ API が提供できるように、それぞれの C++ コンポーネントを日々コンパイルしています。年間サブスクリプションが有効なお客様は、新しい C++ コンポーネントや既存の API の新しいバージョンを無償でダウンロードしてご利用いただけます。


Aspose.Total for C++ には下記の API が含まれます。

Aspose.Cells for C++ Aspose.Cells for C++
Aspose.Cells for C++ では、サーバー環境に Microsoft Excel® をインストールすることなく Excel® スプレッドシート ファイル形式を C++ アプリケーション内で操作できます。Aspose.Cells for C++ は、XLS、XLSX、XLSM、XLSB、CSV および タブ区切りテキストなどの Microsoft Excel の主要なファイル形式をサポートします。
Aspose.Pdf for C++ Aspose.Pdf for C++
Aspose.Pdf for C++ は、Adobe Acrobat を使用することなく C++ アプリケーション内で PDF ドキュメントの生成、操作、出力を可能にする PDF ドキュメント用の API です。Aspose.Pdf for C++ は、フォームの生成や操作、添付、注釈、しおり、透かしの操作だけでなく、PDF ページを PNG、JPEG、BMP 画像に変換することも可能です。

常にベストな製品を目指し、リリース毎により良い機能を提供しています。

  • Microsoft Excel レポートを即座に生成
  • 高精度な描画
  • PDF ページを画像形式に変換
  • PDF のテキストの追加、削除、置換、抽出
  • PDF 内の画像、しおり、注釈、透かしの操作
  • PDF 内のカスタム フォントの処理



ページトップへ