Aspose.Words for Android via Java


Word 文書を操作できる Android API

Android アプリからさまざまなファイル形式の Word 文書を生成、編集、変換

Aspose.Words for Android via Java

Aspose.Words for Android via Java は、Android アプリケーションで、さまざまなドキュメントを直接操作できる Word ドキュメント処理用 API です。

Aspose.Words for Android via Java は、Microsoft Word (DOC、DOCX、OOXML、TXT、RTF)、HTML、OpenDocument、ODT、PDF、EPUB、XPS、SWF などのファイル形式、その他のさまざまな画像形式 (JPEG、PNG、TIFF、BMP、SVG、SWG) をサポートしています。Aspose.Words for Android via Java コンポーネントでは、Microsoft Word 文書を容易に生成、変更、変換、または表示できます。


概略図

Aspose.Words for Android via Java でサポートされる主な機能です。


プラットフォームに依存しません

Aspose.Words for Android via Java でサポートされる環境です。


サポートされるファイル形式

Aspose.Words for Android via Java でサポートされるファイル形式です。


  • DOC、OOXML、RTF、HTML、OpenDocument、PDF、XPS、EPUB その他のファイル形式をサポート
  • 本製品の API を使った Microsoft Word ドキュメントの新規作成
  • ワープロ ドキュメントの作成、変更、変換および表示
  • Microsoft Word の表や行、列などの作成および変更
  • ブックマークの作成および変更
  • Microsoft Word のフィールド作成および更新
  • Microsoft Word ドキュメントのテキスト検索および置換
  • Microsoft Word ドキュメント内における表や列などの書式設定
  • 特定の段落における書式設定
  • レポートおよび差し込み印刷
  • ドキュメントの結合および追加

Aspose.Words for Android via Java により、さまざまなファイルを迅速かつ正確に変換できます。たとえば、任意のドキュメントを高精度な SWF に変換でき、変換結果の SWF にはドキュメントのページや埋め込みビューアーが含められるので、さまざまなデバイスでの閲覧も可能になります。わずか数行のコードで変換できます。

            // 変換対象ファイルの読み込み
            Document doc = new Document(SD_PATH + "template.doc");

            // DOC を DOCX、PDF、HTML に変換
            doc.save(SD_PATH + "output.docx", SaveFormat.DOCX);
            doc.save(SD_PATH + "output.pdf", SaveFormat.PDF);
            doc.save(SD_PATH + "output.html", SaveFormat.HTML);
          

Aspose.Words for Android via Java は、WordprocessingML ファイルの読み込み、閲覧、保存、変換をサポートします。これは、Aspose.Words for Android via Java が、Microsoft Word ドキュメント構造を念頭に置いて設計されているためです (WordprocessingML は、Microsoft Word ファイルと同様の内部構造を持ちます)。そのため、Aspose.Words for Android via Java ではこれらのファイル形式をサポートしています。

Aspose.Words for Android via Java では、HTML や XHTML ファイルの読み込み、書き出しが可能です。インポート処理では、無効な要素や認識できない要素、属性など、ドキュメント内で処理できないコンテンツが安全に除去されます。HTML や XHTML への変換処理は、ドキュメントのエクスポート プロパティ、ヘッダーやフッター、画像の位置、倍率、解像度、フォーム フィールドのエクスポート オプションなど、さまざまなパラメーターによる詳細なカスタマイズが可能です。

Aspose.Words for Android via Java では、100 以上のクラスを含む直観的なドキュメント オブジェクト モデルを使用することで、ドキュメントの生成、ビルド、変更が可能です。

セクション、ヘッダー、フッター、段落、リスト、テーブル、テキスト、フィールド、ハイパーリンク、ブックマークおよび画像を含む、さまざまなドキュメント要素の生成、変更、抽出および置換をプログラム上で行えます。あらゆるドキュメント要素に関して、詳細な書式設定を指定することが可能です。このモデルでは、図形、テキストボックス、画像、OLE オブジェクトおよびコントロールなどのすべての描画オブジェクトがサポートされるため、ページへの透かしの挿入や既存のドキュメントからの画像抽出などのさまざまな処理が可能です。

Aspose.Words for Android via Java は、フル機能のレポート ソリューションとして活用できます。Microsoft Word でデザイン済みのレポートに、Aspose.Words for Android via Java を使用してさまざまなデータソースからのデータをドキュメントに埋め込むことができます。

Aspose.Words for Android via Java では、Microsoft Word 標準の差し込み印刷フィールドをレポート内で使用できます。また、Aspose.Words for Android via Java の拡張構文を差し込み印刷フィールドに使用して、差し込み印刷中に画像やリピート領域の挿入など、より複雑な操作も可能です。レポートおよび差し込み印刷には、ResultSet オブジェクト、ビジネス オブジェクトまたはカスタムのデータが使用できます。



ページトップへ