Aspose.Words for Python via .NET


Word ドキュメントを操作する Python API

Python で Word ファイルを生成、編集、出力、他の形式に変換。外部のソフトウェアを使用することなく、レポートの生成とデータの可視化が可能。

Aspose.Words for Python via .NET

Aspose.Words for Python via .NET は、Microsoft Word (DOC、DOCX、ODT)、PDF、および Web (HTML、Markdown) などのさまざまなドキュメント形式の読み込みや操作を可能にすることを目的として設計されたパッケージです。Aspose.Words for Python via .NET のライブラリに含まれる 100 を超える Python のクラスにより、ドキュメント操作やデータ形式などのローレベルな処理を行えます。これにより、スクリプトベースのドキュメント オートメーションを Python で実装することが可能になります。

昨今の強力なコンピューター ハードウェアの出現により、Python は、Web 開発 (Django、Flask、Pyramid フレームワーク)、科学技術、データ分析などの分野に欠かせないプログラミング言語になりました。このように、Python の有用性はサードパーティ パッケージの膨大なエコシステムに由来しています。最先端のライブラリ開発により提供される Python は、急速なソフトウェア開発における最適な選択肢となっています。

Aspose.Words の開発チームでは、最新のプログラミング技術に対応して、Python コミュニティが DOC、DOCX, PDF、RTF、DOT、DOTX、DOTM、DOCM、FlatOPC、ODT、OTT、HTML、MHTML、MOBI、TXT、XPS、PS、TIFF、JPEG、PNG、BMP、SVG、EMF、GIF、PCL、EPUB、XML、XAML などのさまざまなファイル形式を扱える、商用レベルのソフトウェア開発に貢献しています。


概略図

Aspose.Words for Python via .NET でサポートされる主な機能です。


プラットフォームに依存しません

Aspose.Words for Python via .NET でサポートされる環境です。


サポートされるファイル形式

Aspose.Words for Python via .NET でサポートされるファイル形式です。


  • ドキュメントの変換
  • ドキュメントを固定レイアウト形式で出力
  • ドキュメントの比較
  • ドキュメントの複製
  • ドキュメントの結合、差し込み、追加
  • ファイルの分割
  • 文字列の検索、置換
  • ドキュメントの保護や暗号化t
  • デジタル署名の操作
  • 差し込み印刷とレポートの生成
  • ドキュメントへの透かしの挿入
  • テーブルの操作
  • LINQ レポート エンジン
  • ドキュメントのすべての要素の書式設定
  • コメントや履歴の操作

空のドキュメントを作成し、テキストを挿入後に PDF 形式で出力するコード例です。

            import aspose.words as aw

            # 空のドキュメントを生成
            doc = aw.Document()

            # DocumentBuilder インスタンスを使用して、コンテンツを追加
            builder = aw.DocumentBuilder(doc)

            # 段落の追加
            builder.writeln("Hello World!")

            # PDF 形式で保存。出力形式は拡張子で判断されます。
            doc.save("Output.pdf")
          

異なる形式間で簡単にファイルを変換できます。以下のコードは、DOCX を HTML に変換するコード例です。

            import aspose.words as aw

            # 変換元ドキュメントの読み込み
            doc = aw.Document("Input.docx")

            # ハイパーテキストとして保存
            doc.save("Output.html")
          



ページトップへ