Aspose.XPS for Java


XPS ドキュメントを操作できる Java API

Java アプリケーションで XPS ドキュメントを生成、編集、保存できます。

Aspose.XPS for Java

Aspose.XPS for Java により、XPS ドキュメントを操作できます。Aspose.XPS for Java で、ユーザーは XPS ファイルを生成、解析、保存できるだけでなく、ドキュメント内のページを除去することもできます。さらに、基本的な機能として、Aspose.XPS for Java をアプリケーションに組み込むことで、キャンバス、パス、グリフなどの要素を生成して、視覚的なシェイプ、テキスト、グループ要素を処理することができます。


概略図

Aspose.XPS for Java の機能の概略です。


プラットフォームに依存しません

Aspose.XPS for Java は、Java ベースのアプリケーションをサポートします。


サポートされるファイル形式

Aspose.XPS for Java は、XPS ファイル形式をサポートします。


  • XPS ドキュメントの生成または編集
  • ドキュメント内のページの追加、除去
  • キャンバス、パス、グリフなどの要素の調整
  • 一連のプリミティブを使用したベクター画像の生成
  • テキスト文字列の生成
  • 要素をグループ化して全体を一括操作
  • 画像とテキストの外観を操作
  • さまざまなカラー スペースの色を指定
  • XPS ドキュメントの処理中にプリント チケットを保持

Aspose.XPS for Java は、XPS ファイルをオンザフライで生成できます。Aspose.XPS for Java は、既存の XPS ドキュメントを読み込んで解析、操作できます。画像やテキスト文字列の外観、さまざまなカラー スペースの色の指定、デバイス設定情報の操作、ユーザー インテントなど、さまざまな操作が可能です。わずか数行のコードで簡単に Java アプリケーションに統合できます。

            // XPS ドキュメントの生成
            XpsDocument xps = new XpsDocument();

            // グリフをドキュメントに追加
            com.aspose.xps.XpsGlyphs glyphs = xps.addGlyphs("Arial", 12, XpsFontStyle.Regular, 300f, 450f, "Hello World!");
            glyphs.setFill(xps.createSolidColorBrush(Color.BLACK));

            // 結果の保存
            xps.save(dir + "output.xps");
          



ページトップへ