Aspose.XPS for .NET


.NET で XPS ファイルを操作する API

他のソフトウェアに依存することなく、XPS ドキュメントを生成、読み込み、編集、変換

Aspose.XPS for .NET

Aspose.XPS for .NET は、XPS を操作できるスタンドアロンで信頼性の高い API です。Aspose.XPS for .NET では、XPS ファイルを生成、編集、変換できるだけでなく、ドキュメントのページや要素の操作、ベクター画像の生成、シェイプのグループ化、sRGB、scRGB およびその他の ICC プロファイル ベースのカラー スペースなどの異なるカラー スペースの色の指定も可能です。


概略図

Aspose.XPS for .NET でサポートされる主な機能です。


プラットフォームに依存しません

Aspose.XPS for .NET でサポートされる環境です。


サポートされるファイル形式

Aspose.XPS for .NET でサポートされるファイル形式です。


  • XPS の動的な生成、読み込み
  • 一連のプリミティブを使用したベクター画像の生成
  • テキスト文字列の生成
  • テキスト文字列の外観の操作
  • 要素をグループ化して全体を一括操作
  • 画像とテキストの外観を操作
  • さまざまなカラー スペースの色を指定
  • Fixed Document Sequence (FDS) のサポート
  • グラデーション、画像、ページ、シェイプの追加
  • XPS ドキュメント内のテキストの操作
  • XPS ドキュメント内に透過オブジェクトを追加
  • 不透明マスクの設定
  • ビジュアル ブラシを使用してグリッドを追加
  • 複数の FD で XPS ドキュメントの読み込み、操作
  • Print Ticket を保持して XPS ドキュメントを処理

Aspose.XPS for .NET では、XPS ファイルを読み込んで操作できるだけでなく、XPS を新規に生成する機能も提供されます。Aspose.XPS for .NET を使用して、さまざまな処理の自動化をオンザフライで実現できます。

            // XPS ドキュメントの生成
            var xps = new Aspose.Xps.XpsDocument();

            // グリフをドキュメントに追加
            var glyphs = xps.AddGlyphs("Arial", 12, FontStyle.Regular, 300f, 450f, "Hello World!");
            glyphs.Fill = xps.CreateSolidColorBrush(Color.Black);

            // 結果の保存
            xps.Save(dir + "output.xps");
          

Aspose.XPS for .NET は、拡張的なページ操作機能を提供します。ページ リストの最後にページを追加したり、特定の位置にページを挿入できます。さらに Aspose.XPS for .NET では、ページの削除、番号による動的なページ選択、またドキュメントをバインドすることなくページを生成することもできます。



ページトップへ