Bing Maps API について

このページの掲載内容は、開発元である Microsoft 社の公開する Map API Services for Every Need ページを基にしています。

Bing Maps の提供する API の種類

Bing Maps プラットフォームには、Web Control、Windows ストア アプリ コントロール、WPF コントロール、REST Services、Spatial Data Services など、アプリケーションに利用できる複数の API があります。お客様のニーズに最適な Bing Maps API を選択するには、以下の情報や MSDN をご利用ください。

V8 Web Control

Bing Maps V8 Control は、最も一般的に使用されているマッピング コントロールの 1 つです。標準の PC や Mac ブラウザーだけでなく、多くのモバイル プラットフォームでもサポートされています。この API は、JavaScript や TypeScript をサポートする Web ベースのアプリケーションに最適です。





対象プラットフォーム:
Web、モバイル

Windows 10 Universal Windows Platform

Windows 10 Universal Windows Platform では、スマートフォンやタブレット、デスクトップ PC など、さまざまな Windows 10 のデバイスを対象とした地図アプリケーションを構築できます。C# や XAML などの使い慣れたテクノロジを使って、堅牢なアプリケーションをすばやく構築できます。また、Windows 10 では、ワールドクラスの航空写真 (3D) やストリートサイドの画像をアプリのバックドロップとして利用し、データの見栄えをより良くすることもできます。


対象プラットフォーム:
Windows 10 向けデバイス、デスクトップ

Windows Presentation Foundation

この Windows Presentation Foundation (WPF) 専用 API は、デスクトップ アプリケーションの構築に優れたコントロールです。Microsoft Surface タブレットで動作するタッチ コントロールでデザインされています。






対象プラットフォーム:
デスクトップ (Windows 10 以前)

REST Services

Bing Maps REST Services は、ジオコーディング、リバース ジオコーディング、ルートの計算、静的イメージの取得などのタスクに優れたサービスです。REST ベースの API であるため、ほとんどの主要な開発環境から簡単にアクセスできます。


対象プラットフォーム:
Web、モバイル、デスクトップ

Spatial Data Services

Bing Spatial Data Services は、REST ベースの API サービスで、バッチ ジオコーディング、注目ポイント (POI) データ、および空間データの格納、公開の 3 つの主要な機能を提供しています。これらのサービスは、アプリケーションで空間データを保存する場所や POI データを必要とするユーザーに最適です。


対象プラットフォーム:
Web、モバイル、デスクトップ

開発者向け情報

Bing Maps のドキュメントは、Bing Maps の API や SDK に関する情報を提供しています。Bing Maps のオンライン マッピング サービスを使ってロケーションやローカル検索機能を Web アプリケーションに組み込む方法について、詳細にアクセスできます。




API の機能一覧

機能 V8 Web Control Windows 10 REST Spatial Data WPF
ジオコーディング (対象地域はこちら)
フォワード ジオコーディング
リバース ジオコーディング
バッチ ジオコーディング (対象地域はこちら)
ルート案内
移動ルート案内
乗り換え案内 (対象地域はこちら)
ルートの計算 (主要道路)
ランドマーク
検索
自動補完
空間データ サービス (Bing Spatial Data Services)
行政区境データ
注目ポイント (POI)
カスタム POI データ ソース
ビュー
道路地図
航空写真
概観図
概観図 (拡張版)
Ordnance Survey *英国陸地測量部による提供
道路地図 (濃色)
道路地図 (淡色)
道路地図 (ハイ コントラスト)
道路地図 (カスタム マップ スタイル)
道路地図 (グレースケール)
交通量 (対象地域はこちら)
航空写真 (3D)
ストリートサイド
バージョン管理
非公式バージョン
リリース バージョン
固定バージョン
その他の機能
ヒートマップ
プッシュピン クラスタリング
描画ツール
空間測量 (Spatial Math Module)
道路状況 (対象地域はこちら)
地図を画像としてエクスポート
プッシュピン
図形および図形レイヤー
複合ポリゴン
カスタム タイル レイヤー
ベクター マップ ラベル
ラベルの競合検出
テスト データ生成
キーボードおよびマウス イベント
タッチ サポート
カスタム ナビ コントロール
標高データ
カスタム オーバーレイ
地上写真のオーバーレイ
アニメーション タイル レイヤー
データのビン分割
サポートされるデータ形式
GeoJSON
Well Known Text
KML
KMZ
GeoRSS
GML (GeoRSS によるエンコーディング)
GPX
ローカライズ サポート
ジオコーディング
ドライブ ルート案内
マップ ラベル
Map Navigation DashBoard
開発言語
JavaScript
TypeScript
C#
Interactive SDK
XML
JSON


プラットフォーム V8 Web Control Windows 10 REST Spatial Data WPF
Windows
ストア
デスクトップ (Windows 8.1 およびそれ以前)
その他のプラットフォーム
Web サイト
iOS
Android

Windows Phone 8 のマップ コントロールは、Bing Maps を使用していません。


開発者向け情報

Bing Maps のドキュメントは、Bing Maps の API や SDK に関する情報を提供しています。Bing Maps のオンライン マッピング サービスを使ってロケーションやローカル検索機能を Web アプリケーションに組み込む方法について、詳細にアクセスできます。

モバイル向けのロゴ使用に関するガイドライン

モバイル デバイスには、さまざまなスクリーン サイズと解像度があるため、Bing のロゴを使用する場合の最も適切なサイズは、物理的な測定単位に比例します。サポートするデバイスに準じたモバイル アプリをデザインする必要があります。

MapPoint の代替としての Bing Maps

MapPoint の代替として Bing Maps Platform する場合には、いくつかのオプションがあります。Bing Maps は、Web ベースのマッピング ソリューションを提供できる開発者や、Bing Maps の機能を実装したカスタム アプリケーションを構築できる開発者とパートナーシップを結んでいます。


ページトップへ