トランザクションとは

このページの掲載内容は、開発元である Microsoft 社の公開する Understanding Bing Maps Transactions ページを基にしています。

Bing Maps のトランザクションについて

Bing Maps Key を使用して Bing Maps API を呼び出すと (Bing Maps アカウント が必要となります)、トランザクションが発生します。トランザクションは、Bing Maps API の使用状況を数値化したもので、課金対象である場合とそうでない場合があります。たとえば、Bing Maps V8 Web Control を使って Web ページに地図を表示したり、Bing Maps REST Services を使って住所をジオコーディングした場合にはいずれも課金対象のトランザクションとなりますが、データ ソース (Bing Spatial Data Services を使って作成した空間データベース) を削除した場合のトランザクションは、課金対象とはなりません。

以下の表ではそれぞれの Bing Maps API におけるトランザクションについて説明していますが、ある一定期間におけるトランザクションの総数は、Bing Maps Account Center において確認できます。トランザクションが表示されるまでに最大 24 時間を要する場合がありますので、ご了承ください。

Bing Maps Key および関連アプリケーションのトランザクション履歴を表示するには、以下の手順に従います。

使用状況レポートの表示

  1. Bing Maps Dev Center にログインします。
  2. [My account] 以下の [Usage Report] をクリックします。

Bing Maps Key ごとの使用状況レポートの表示

  1. Bing Maps Dev Center にログインします。
  2. [My account] 以下の [My Keys] をクリックします。
  3. レポートを表示したい Bing Maps Key の [Usage Report] リンクをクリックします。

その他の注意事項

レポートの日付の範囲を変更するには、[Usage Period] フィールドのオプションを使用します。

レポートのデータをエクスポートするには、[Export] フィールドのオプションを使用します。

Basic Key では、課金対象のトランザクションのみが無償での使用制限にカウントされ、Enterprise Key では、課金対象のトランザクション分のみの料金が請求されます。課金対象外のトランザクションには料金は発生せず、また無償使用制限にもカウントされません。無償使用、およびライセンス、トランザクションにおける制限については、こちらからお問い合わせいただくか、Bing Maps Terms of Use (英語) をご参照ください。


セッション ID を使用したトランザクション

ここでの Bing Maps サービスとは、Bing Maps REST Services および Bing Spatial Data Services(1) のことを指します。Bing Maps コントロールとは、Bing Maps V8 Web Control、Bing Maps WPF Control、ならびに Windows 10 UWP Map Control のことを指します。

Bing Maps コントロールからセッション ID を使った Bing Maps API リクエストは、Bing Maps キーを使用した場合とは異なり、1 セッションあたり 25 回までは課金対象となりません。26 回目以降のトランザクションは課金対象となります。たとえば、Bing Maps V8 Web Control で Map.getCredentials メソッドを使用してセッション ID を取得し、 Bing Maps REST Services を呼び出して住所をジオコーディングした場合、下記の表では課金対象となっていますが、例外としてそのトランザクションは課金対象外とみなされます。

セッション ID をリクエストするには、マップ コントロールの読み込みに使用した Bing Maps Key を使用する必要があります。セッション ID は、該当のマップ コントロール セッションにおいてのみ有効です。Bing Maps V8 Web Control おいては、ユーザーがブラウザーに地図を読み込んでからブラウザーを閉じるまで、または別のページへ移動するまでが 1 セッションとみなされます。WPF Control においても同様に、アプリケーションでマップ コントロールを読み込んでからアプリケーションを閉じるまでが 1 セッションとみなされます。Windows 10 UWP Map Control では、セッション キーへのアクセスは提供されませんが、代わりにセッションを利用したネイティブのジオコーディングおよびルート案内機能が自動的に提供されます。Bing Maps Keyを使ったセッション ID の取得に関する詳細は、Using the REST Services with .NET (英語) および Map Class (英語) をご参照ください。セッション中にセッション ID の代わりに Bing Maps Key を使ってサービス リクエストを行った場合には、すべての課金対象のトランザクションについて請求が発生します。

(1) Bing Spatial Data Services のトランザクションには、セッション中の無償使用に関して 1 つの例外があります。

  • セッション ID を使用した場合でも、Bing Spatial Data Services のバッチ ジオコーディング (Dataflow:BatchGeocode) の年間トランザクションが 1,000,000 (100万) を超えた場合には、課金対象となります。

以下の表では、すべての API におけるトランザクションについて説明しています。


Map Control API (Web V8 および WPF)

カテゴリ Bing Maps API 課金対象 カテゴリの説明
AjaxSession-V8 Web Control アプリケーションにおいて、有効な Bing Maps Key を使って Bing Maps Version 8.0 Web Control のセッションを開始すると、1 トランザクションとしてカウントされます。ユーザーがブラウザーに Bing Maps Web Control を読み込んでからブラウザーを閉じるまで、または別のページへ移動するまでが 1 セッションとみなされます。

マップを使用せずに、さらにユーザーがメニューから該当するロケーションのおすすめ情報を選択すると、1 トランザクションとしてカウントされます。AutoSuggest Module を使用する場合のトランザクションは、ユーザーのキー操作によりカウントされないだけでなく、Autosuggest メニューから返される位置情報の検索結果数にも依存しません。

REST または Spatial Data Services(2) において、セッション中にセッション ID を使ってリクエスト送信した場合には、課金対象とはなりません。
Win10-Native Windows 10 UWP Map Control アプリケーションにおいて、有効な Bing Maps Key を使って Windows 10 UWP Map Control のセッションを開始すると、1 トランザクションとしてカウントされます。アプリケーション内で Windows 10 UWP Map Control を読み込んでからアプリケーションを閉じるまでが 1 セッションとみなされます。
WPFSession WPF Control アプリケーションにおいて、有効な Bing Maps Key を使って Bing Maps WPF Control のセッションを開始すると、1 トランザクションとしてカウントされます。アプリケーション内で Bing Maps WPF Control を読み込んでからアプリケーションを閉じるまでが 1 セッションとみなされます。

SOAP、REST または Spatial Data Services(2) において、セッション中にセッション ID を使ってリクエスト送信した場合には、課金対象とはなりません。

(2) セッション ID を使用した場合でも、Spatial Data Services の年間トランザクションが 1,000,000 (100 万) を超えた場合には、課金対象となります。


REST Services

カテゴリ Bing Maps API 課金対象 カテゴリの説明
RESTAutosuggest REST Services (3) Autosuggest の URL リクエストを使って、おすすめのエンティティ情報を 10 回取得するごとに、1 トランザクションとしてカウントされます。
RESTElevations REST Services (3) Elevations の URL リクエストを使って標高データを取得するごとに、1 トランザクションとしてカウントされます。
RESTImagery REST Services (3) Imagery の URL リクエストを使って静的な地図やそのメタデータ、またはマップ タイル URI を含むイメージのメタデータを取得するごとに、1 トランザクションとしてカウントされます。
RESTImagery-BasicMetadata REST Services × Imagery の URL リクエストを使ってマップ タイル URI を含まないベーシックなイメージのメタデータを取得するごとに、1 トランザクションとしてカウントされます。
RESTLocationRecog REST Services (3) Location Recognition の URL リクエストを使って指定位置の周囲の商業施設、自然スポット、緯度と経度によるリバースジオコーディングによる住所に関する情報を取得するごとに、1 トランザクションとしてカウントされます。
RESTLocations REST Services (3) Locations の URL リクエストを使って位置データをジオコーディングまたはリバースジオコーディングを行うごとに、1 トランザクションとしてカウントされます。

Query API を使って住所をジオコーディングする URL 要求を行うごとに、1 トランザクションとしてカウントされます。
RESTRoutes REST Services (3) Routes の URL リクエストを使ってルート検索を行うごとに、1 トランザクションとしてカウントされます。
RESTTimezone REST Services (3) Time Zone の URL リクエストを使ってポイントやクエリーにより対象位置のタイム ゾーンの取得したり、IANA による Windows 標準タイム ゾーンに関する情報を取得するごとに、1 トランザクションとしてカウントされます。
RESTTraffic REST Services (3) Traffic の URL リクエストを使って道路交通情報を取得するごとに、1 トランザクションとしてカウントされます。
Route-DistanceMatrix REST Services Distance Matrix の同期リクエストを使ってマトリックス内の 4 セル分を計算するごとに、1 トランザクションとしてカウントされます。
Route-DistanceMatrixAsync REST Services Distance Matrix の非同期リクエストを使ってマトリックス内の 4 セル分を計算するごとに、1 トランザクションとしてカウントされます。
Route-DistanceMatrixAsyncCallback REST Services × Distance Matrix の非同期リクエストのステータスをチェックします。
Route-Isochrone REST Services Isochrone の同期リクエストごとに、1 トランザクションとしてカウントされます。
Route-IsochroneAsync REST Services Isochrone の非同期リクエストごとに、1 トランザクションとしてカウントされます。
Route-IsochroneAsyncCallback REST Services × Isochrone の非同期リクエストのステータスをチェックします。
Route-SnapToRoad REST Services Snap to Road の同期リクエストごとに、1 トランザクションとしてカウントされます。
Route-SnapToRoadAsync REST Services Snap to Road の非同期リクエストごとに、1 トランザクションとしてカウントされます。
Route-SnapToRoadAsyncCallback REST Services × Snap to Road の非同期リクエストのステータスをチェックします。
Route-Truck REST Services Truck Routing の同期リクエストごとに、3 トランザクションとしてカウントされます。
Route-TruckAsync REST Services Truck Routing の非同期リクエストごとに、3 トランザクションとしてカウントされます。
Route-TruckAsyncCallback REST Services × Truck Routing の非同期リクエストのステータスをチェックします。

(3) このトランザクションは、Web または WPF Control セッション中、または Web Control の AutoSuggest Module からセッション ID を使ってリクエスト送信した場合には、課金対象とはなりません。


Spatial Data Services および Bing Maps Account Center を使ったデータ ソース管理

カテゴリ Bing Maps API 課金対象 カテゴリの説明
Dataflow:BatchGeocode Spatial Data Services ジオコードの作成とデータのアップロードをリクエストするごとに、ジオコードのリクエスト総数と同数のトランザクションがカウントされます。

Bing Maps Dev Center を使ってデータ ソースをジオコーディングするたびに、ジオコードのリクエスト総数と同数のトランザクションがカウントされます。

上記のそれぞれのジオコーディングは、1 トランザクションとしてカウントされます。
Dataflow:Create Spatial Data Services × ジオコードの作成とデータのアップロード機能を使ってデータフロー ジョブを作成し、エンティティ データをバッチ ジオコーディングする URL 要求を行うごとに、1 トランザクションとしてカウントされます。

データ ソースの読み込みジョブを作成し、エンティティ データを入力する機能を使ってデータ ソースのステージ、公開、またはロールバック要求を行うごとに、1 トランザクションとしてカウントされます。

Bing Maps Dev Center を使ってデータ ソースをジオコーディングまたは公開するごとに、1 トランザクションとしてカウントされます。
Dataflow:Get Spatial Data Services × ジオコーディング ジョブの進捗状況を確認する URL 要求を行うごとに、1 トランザクションとしてカウントされます。

データ ソースの読み込みの進捗状況を確認する URL 要求を行うごとに、1 トランザクションとしてカウントされます。

データ ソースのダウンロード ジョブの進捗状況を確認する URL 要求を行うごとに、1 トランザクションとしてカウントされます。

Bing Maps Dev Center を使ってデータ ソースをジオコーディングまたは公開するごとに、1 トランザクションとしてカウントされます。
Dataflow:Download Spatial Data Services × ジオコーディング ジョブの結果をダウンロードする URL 要求を行うごとに、1 トランザクションとしてカウントされます。

Bing Maps Dev Center を使って非公開データ ソースのエンティティ データをジオコーディングした結果をダウンロードするごとに、1 トランザクションとしてカウントされます。

正常な結果と失敗の結果をダウンロードした場合、2 つの個別の Dataflow:Download トランザクションとしてカウントされます。
RESTSpatialDataService:GetAllMetadata Spatial Data Services × Bing Maps アカウントに関するすべてのデータ ソースのメタデータを取得する URL 要求を行うごとに、1 トランザクションとしてカウントされます。
RESTSpatialDataService:GetDataSource Spatial Data Services × 単一データ ソースにおける複数バージョンのデータ ソース情報を取得する URL 要求を行うごとに、1 トランザクションとしてカウントされます。
RESTSpatialDataService:GetDataSourceMetadata Spatial Data Services × 単一データ ソースにおける複数バージョンのデータ ソースのメタデータを取得する URL 要求を行うごとに、1 トランザクションとしてカウントされます。
RESTSpatialDataService:ListDataSources Spatial Data Services × Bing Maps アカウントに関連するすべてのデータ ソース情報を取得する URL 要求を行うごとに、1 トランザクションとしてカウントされます。
RESTSpatialDataService:DownloadDatasource Spatial Data Services × ダウンロード ジョブを作成する URL 要求を行うごとに、1 トランザクションとしてカウントされます。

ダウンロード データを取得する URL 要求を行うごとに、1 トランザクションとしてカウントされます。

Bing Maps Dev Center を使って公開済み、ステージング済み、または古いバージョンのデータ ソースをダウンロードするごとに、1 トランザクションとしてカウントされます。
RESTSpatialDataService:DeleteDataSource Spatial Data Services × データ ソースを削除する URL 要求を行うごとに、1 トランザクションとしてカウントされます。

Bing Maps Dev Center を使ってデータ ソースを削除するごとに、1 トランザクションとしてカウントされます。
RESTSpatialDataService:SetDataSourcePublicOrPrivate Spatial Data Services × データ ソースを公開する URL 要求を行うごとに、1 トランザクションとしてカウントされます。
RESTSpatialDataService:Query Spatial Data Services (4) Query API を使ってデータ ソースを検索する URL 要求を行うごとに、1 トランザクションとしてカウントされます。

Query by Area を使ってジオコーディングの必要な住所で URL 要求を行うと、RESTLocations のトランザクションも 1 トランザクションとしてカウントされます。
RESTSpatialDataService:Geodata Spatial Data Services Geodata API を使って境界データを取得する URL 要求を行うごとに、1 トランザクションとしてカウントされます。

Geodata API を使ってジオコーディングの必要な住所で URL 要求を行うと、RESTLocations のトランザクションも 1 トランザクションとしてカウントされます。

(4) このトランザクションは、Web または WPF Control セッション中にセッション ID を使ってリクエスト送信した場合、課金対象とはなりません。


Map Control API 終息製品 (AJAX V7、Silverlight、Windows Store)

カテゴリ Bing Maps API 課金対象 カテゴリの説明
AjaxSession AJAX Control (終息) 有効な Bing Maps Key を使って Bing Maps AJAX Control 6.3 または Version 7.0 のセッションを開始するごとに、1 トランザクションとしてカウントされます。ユーザーがブラウザーに Bing Maps AJAX Control を読み込んでからブラウザーを閉じるまで、または別のページへ移動するまでが 1 セッションとみなされます。
WinStoreAppSession_JavaScript_V1

WinStoreAppSession_JavaScript (Windows 8 Beta 版および Preview 版)
Windows ストア アプリ (終息) 有効な Bing Maps Key を使って Windows ストア アプリ用 Bing Maps SDK (JavaScript) のセッションを開始するごとに、1 トランザクションとしてカウントされます。 ユーザーがブラウザーに Bing Maps for JavaScript Control を読み込んでからブラウザーを閉じるまで、または別のページへ移動するまでが 1 セッションとみなされます。
WinStoreAppSession_CSharp_VB_CPP_V1

WinStoreAppSession_CSharp_VB_CPP (Windows 8 Beta 版および Preview 版)
Windows ストア アプリ (終息) 有効な Bing Maps Key で Windows ストア アプリ用 Bing Maps SDK (C#、C++、または Visual Basic) を使ったアプリケーション セッションを開始するごとに、1 トランザクションとしてカウントされます。ユーザーが Windows ストア アプリ用 Bing Maps SDK (C#、C++、または Visual Basic) を読み込んでからアプリケーションを閉じるまでが 1 セッションとみなされます。
SilverlightSession

SilverlightSessionBeta (ベータ リリース)
Silverlight Control (終息) ○ - SilverlightSession

× – SilverlightSessionBeta
有効な Bing Maps Key を使って Bing Maps Silverlight Control のセッションを開始するごとに、1 トランザクションとしてカウントされます。ユーザーがブラウザーに Bing Maps Silverlight Control を読み込んでからブラウザーを閉じるまで、または別のページへ移動するまでが 1 セッションとみなされます。
WindowsPhoneSession_PublicApp Silverlight Control for Windows Phone (終息) × Bing Maps Silverlight Control for Windows Phone を使ったアプリケーション セッションを開始するごとに、1 トランザクションとしてカウントされます。これには、同じセッション ID を使用したアプリケーションを閉じるまでのすべてのマップ コントロールのインタラクションおよびマップ タイルのダウンロードが含まれます。
iOSSession iOS Control (終息) 有効な Bing Maps Key を使ってアプリケーション セッションを開始し、Bing Maps iOS Control を使用するごとに、1 トランザクションとしてカウントされます。アプリケーション内で Bing Maps iOS Control を読み込んでからアプリケーションを閉じるまでが 1 セッションとみなされ、すべての Bing Maps iOS Control インタラクションが含まれます。

SOAP Services (終息)

カテゴリ Bing Maps API 課金対象 カテゴリの説明
WS: Geocode SOAP Services (5) GeocodeServiceClient.Geocode メソッドを使用した要求を行うごとに、1 トランザクションとしてカウントされます。
WS: ReverseGeocode SOAP Services (5) GeocodeServiceClient.ReverseGeocode メソッドを使用した要求を行うごとに、1 トランザクションとしてカウントされます。
WS: Get ImageryMetadata SOAP Services × ImageryServiceClient.GetImageryMetadata メソッドを使用した要求を行うごとに、1 トランザクションとしてカウントされます。
WS: GetMapUri SOAP Services (5) ImageryServiceClient.GetMapUri メソッドを使用した要求を行うごとに、1 トランザクションとしてカウントされます。
WS: CalculateRoute SOAP Services (5) RouteServiceClient.CalculateRoute メソッドを使用した要求を行うごとに、1 トランザクションとしてカウントされます。
WS: CalculateRoutesFromMajorRoads SOAP Services (5) RouteServiceClient.CalculateRoutesFromMajorRoads メソッドを使用した要求を行い、MajorRoutesOptions.ReturnRoutes プロパティが false に設定されている場合、1 トランザクションとしてカウントされます。

RouteServiceClient.CalculateRoutesFromMajorRoads メソッドを使用した要求を行い、MajorRoutesOptions.ReturnRoutes プロパティが true に設定されている場合、その要求に対しては 1 トランザクション、返されるルートごとに追加のトランザクションがカウントされます。
WS: Search SOAP Services (5) SearchServiceClient.Search メソッドを使用した要求を行うごとに、1 トランザクションとしてカウントされます。
WS: PhotoSynthView SOAP Services (5) エンタープライズの Photosynth アカウント対応の Windows Live ID に関連する Synth が表示されるごとに、1 トランザクションとしてカウントされます。すべての Synth について、関連する Windows Live ID が存在します。

(5) このトランザクションは、AJAX Control、Silverlight Control、WPF Control、Windows ストア アプリ用 JavaScript、および Windows ストア アプリ用 C#、C++、または Visual Basic のセッションからセッション ID を使って要求を行う場合には、課金対象とはなりません。


ページトップへ