Monarch Server

ビジネス インテリジェンス ツールで作成したダッシュボードおよびビジュアル分析の公開

 

Monarch Server は、Monarch のデータ準備機能を拡張し、包括的で企業全体のソリューションを提供します。Monarch を使用してデスクトップ上で作成されたモデルは、オンプレミスで実行される集中管理されたサーバーに保存され、共有することができます。データ準備タスクは完全に自動化され、準備されたデータはすべてのユーザーおよびシステムに配信されます。

Datawatch Monarch Server で、次のことが可能になります:

  • 組織内の誰もがアクセスできる、グラフィカルかつインタラクティブな Web ダッシュボード上で簡単にビジュアライゼーション(可視化)を共有できます。
  • 手作業によるデータ収集を排除して効率を向上させます。
  • Microsoft Excel、PDF、HTML、Access、XML、およびテキストなどのユーザーが必要とする任意のフォーマットにエクスポートすることにより、静的データをよりアクセスしやすくします。
  • 準備モデル、ビジュアライゼーション、ダッシュボードだけでなく、ソース データと抽出を安全に保管します。
  • 特定のデータの抽出とアクセスを自動化するだけでなく、ソース ドキュメントの保存によるデータ系列およびセルフサービス ガバナンスを提供します。

プロセスとデータ配信の自動化

Datawatch Monarch Automation は、繰り返されるプロセスで手作業によるステップを完全に除去することができます。Automator に組み込まれたワーク フローは、Monarch モデル、タイミング ルール、および配信ルールを使用して、エンタープライズ レベルでのデータ準備とデータ消費の合理化を行います。

Automate Processes and Data Delivery

最新の情報に更新

Monarch Server は、データの収集、準備、配布を自動操作で行います。 ビジュアル プロセス デザイナーによる自動化フローの迅速な編成により、所定のスケジュールまたは新しい情報が入り次第実行できます。 準備されたデータは、電子メールまたは Web ポータルを介して即座にユーザーに配信され、データ ウェアハウスなどの他のシステムには新しいデータが読み込まれます。

Fresh data

ガバナンスの向上

Monarch Server は、Excel の抽出、データ ソースとして使用される PDF レポート、データを変更するために使用される準備モデルなどのセルフサービス デプロイメントで統治されないコンテンツを格納および管理します。その結果、堅牢なデータ保持、系統、監査ロギング、ユーザー/ロールベースのアクセス制御を実現します。

Governance

実績のあるスケーラビリティ

Datawatch は、4,000 人以上のユーザーに配信し、毎月 3 億件のドキュメントを処理し、9,000 件を超えるデータ準備モデルを適用している多くのグローバル企業における標準になっています。

Scalability

データ マスキング

規制要件を遵守し、クレジット カードや社会保障番号などのデータを墨消しします。 または、一貫性のあるエイリアスおよび別称の使用により、顧客または患者ごとに集約することもできます。データ侵害において最も一般的な原因は社内の従業員です。データディスカバリー ツールは、ユーザーが情報を構築および共有するのに最適な方法ですが、個人識別可能なデータ(社会保障番号等)、個人的機密性の高いデータ(医療手続き等)、および商業的機密性の高いデータを含む基礎的なデータを保護するには不十分な場合が多いです。Datawatch は、元のデータをランダムな文字およびその他のデータで隠すことによって、難読化したままデータ分析ができるデータ マスキングを提供します。それらのデータは、承認されたユーザーによってマスキングを解除することが可能です。

Secure

IT 部門が支持

企業標準のサポートにより、Datawatch の導入および管理が容易です。また、データ ソースの範囲拡張およびマルチ構造の導入とともに、既存の ETL およびデータ ウェアハウスへの投資への補完にもなります。

IT Endorsed

コラボレーションおよび共有

Datawatch ポータルは、すべてのユーザーが準備されたデータを見つけ出すための中心的なアクセスポイントです。また、データ準備モデルや再利用のためのレポートなどのソース コンテンツなどといった資産を共有する場所でもあります。

collaborate