ユース ケース

Docker のユース ケースでデジタル トランスフォーメーションを始めましょう

 

Generic placeholder image

 

1 つの旅、すべてのアプリ

アプリケーション プラットフォームは、Docker やコンテナに構築されることが多くなってきています。Docker は開発者から IT 管理者、Windows から Linux、そしてオンプレからクラウドに至るまで、商用のパッケージ製品、自社の既存の製品、マイクロサービスなど、すべてのアプリを統合して近代化するプラットフォームです。Docker 化により、現代のソフトウェア サプライ チェーンに参入する際、アプリに機敏性、安全性、レジリエンス、クラウド対応、そしてコスト最適化を提供します。Docker は、開発者向けのデスクトップから本番環境に至るまで、一度に 1 つのアプリ、サービス、またはスタックのデジタル トランスフォーメーションを活性化します。

 

 

従来のアプリのコンテナ化

コンテナはコストを削減しながら既存のアプリのセキュリティとポータビリティを向上します

すべてのビジネスには、顧客にサービスを提供またはビジネスのプロセスを自動化するために稼働している古いアプリのポートフォリオがあります。大規模なモノリシック アプリでさえ、コンテナの隔離、コンテナのポータビリティ、およびコスト削減によるセキュリティの強化で Docker の恩恵を受けます。一度コンテナ化することで、これらのアプリを追加サービスで拡張したり、マイクロサービス アーキテクチャに移行することができます。

 セキュリティ

アプリを隔離するコンテナでセキュリティを向上し、イメージの署名およびアプリの認証により、ライフサイクルの過程における安全な配布を確保します。

ウェビナ―を視聴する

 ポータビリティ

アプリのすべてをコンテナにパッケージ化し、アプリをリファクタリングせずに、VM から別の VM、サーバーまたはクラウドへ移行します。

チュートリル

 コスト削減

インフラのコスト削減のために、サーバーおよび VM の負荷を軽減し、展開、メンテナンス、スケールアウト、およびロールバックにおける IT 運営効率を向上します。

ケース スタディを読む

 

継続的インテグレーションおよび展開 (CI / CD)

アプリケーションのパイプラインの自動化、展開することで、Docker で 13 倍以上高速にアプリを配布します

現代の開発パイプラインは、より信頼性の高いソフトウェアを目指し、高速で継続的かつ自動化されています。継続的インテグレーション (CI) および デプロイメント (CD) により、開発者がコードをチェックインし、テストに合格する度に新しいコードを統合することができます。DevOps 手法の根本理念である CI/CD は、変化を加速して品質を向上する小さな反復変化の一定の流れで、リアルタイムのフィードバック ループを作成します。CI 環境は、通常 Git Push でテストを起動し、成功した場合に自動的に新しいイメージを構築して Docker レジストリへプッシュするように完全に自動化されています。さらなる自動化とスクリプト化で、コンテナを新しいイメージからステージングへ展開してテストを行うことができます。

 加速

Docker は CI テストの時間を合理化し、CI テストのインフラを拡張します。

ウェビナ―を視聴する

 統合

API、オープン インターフェイス、およびウェブフックにより、既存のツールおよびプロセスに簡単に統合でき、アプリのパイプラインをさらに自動化することができます。

アーキテクチャを参照する

 自動化

Docker ホストとコンテナを即座に生成し、より多くのテストを並行して実行することにより、時間の節約およびソフトウェアの品質向上に繋がります。

DevOps ホワイト ペーパー

 

マイクロサービス

現代のアプリケーション アーキテクチャへの道のりを加速

アプリケーション アーキテクチャは、ウォーターフォール開発手法を使用したモノリシックなコード ベースから、独立して開発および展開される疎結合サービスへ変化しています。これらの何千ものサービスが繋がり、1 つのアプリを形成します。Docker を使用することで、開発者は各サービスに最適なツールまたはスタックを選択し、潜在的な競合を排除するので、「Matrix from Hell (マトリックス フロム ヘル)」を回避することができます。これらのコンテナは、アプリを構成する他のサービスと独立し、素早く簡単に共有、展開、更新、および拡張することができます。Docker のエンドツーエンドのセキュリティ機能により、作成に適切なタイミングで実行する必要があるリソース (他のアプリ、シークレット、計算) のみへアクセス可能な最小限の特権を持つマイクロサービス モデルを構築および運用することができます。

 活性化

開発者は、アプリの競合を心配せずに適切なツールおよびスタックを自由に使用できます。

ウェビナ―を視聴する

 革新

新しいソフトウェアの機能の革新性を向上します。

DevOps の 3 つの方法

 標準化

アプリ環境における一貫性を高め、ソフトウェア開発を遅らせることなく効率化を図ります。

ケース スタディ

 

IT インフラの最適化

インフラをさらに活用してコストを削減します

Docker およびコンテナは、IT インフラの利用とコストを最適化に役立ちます。最適化は、コスト削減だけでなく、適切なリソースを適切なタイミングで利用できるように確保し、効率的に使用します。コンテナは、アプリの負荷をパッケージ化して隔離する軽量な方法であるため、同じ物理サーバーまたは仮想サーバー上で、競合することなく複数の負荷を解消できます。

 集約化

アプリをコンテナ化し、VM とサーバーを集約化することでインフラのフットプリントを削減します。M&A からデータセンターを集約化またはクラウドに移行します。

ウェビナ―を視聴する

 効率

追加のオペレーティング システム、仮想および物理サーバーのパッチ適用と保守の操作のオーバーヘッドを削減します。

データシート

 最適化

リソースの利用、アプリのスケーラビリティ、災害復旧および可用性を向上します。

eBook を読む

 

ハイブリット クラウド

ロックインを避けてクラウド間をシームレスに移動

Docker は、アプリが設計通りに動作し、高いレベルの制御でプライベートおよびパブリック クラウド間を移動するクラウド対応であることを確保します。Docker のプラットフォームはインフラに依存しないため、アプリの実行に必要なすべてをパッケージ化し、サイト間で転送されます。

 ハイブリット クラウド

オンプレ、ベア メタル、VM 内、または任意のクラウド プロバイダー内で負荷を分散し、中断することなくそれらを移動します。

 マルチ クラウド

価格、SLA、または地理的可用性に基づいていくつかのクラウド インフラ プロバイダーを活用し、コンテナ アプリを展開します。

 フル スタックのポータビリティ

標準インターフェイスは、あらゆるインフラで同じように機能する複数のコンテナ、ネットワーク、ボリューム、および秘密情報を備えた完全なアプリを定義します。アプリは再コーディングなしで新しいクラウドに移行することができ、プラグインによって中断することなくネットワークおよびボリュームをさまざまなベンダーと運用することができます。

 

 

ページトップへ