Generic placeholder image


派生開発・流用開発の効率化を実現

Generic placeholder image




かんたん導入ですぐに使える

設定手順はこちら





機能詳細



Re:Zolver は、派生開発を支援する「ソフトウェア構造分析ツール」です。既存のソフトウェア資産の内部構造を可視化したり、プログラムの追加・変更を行ったとき、その影響がどこまで及ぶのかを調査・解析することが可能です。派生開発の期間短縮や検証もれの解消、ソフトウェア資産の管理などに有効です。Re:Zolver は、オブジェクトコードを直接解析するので、システム内部の細かい情報をユーザ自身が設定する必要はありません。
機能 1: 影響分析
関数/変数に変更を加えた場合の影響範囲を可視化


関数/変数に変更を加えた場合の影響範囲を可視化


関数や変数の依存関係をグラフ表示します。関数や変数に変更を加えた場合の影響範囲を確認できます。

>影響分析
機能 2: ソース関連グラフ
ソース関連をグラフ表示






ソース関連をグラフ表示します。システム全体をマクロにとらえます。

>ソース関連グラフ
機能 3: 変数アクセス分析
変数アクセスをマトリクス表示
C++クラスの継承関係をグラフ表示
変数アクセスをマトリクス表示します。変数を軸にアクセス情報をとらえます。

>変数アクセス分析
機能 4: 2 ファイル関連分析
システム全体の 2 ファイル間のアクセス表示
システム全体の 2 ファイル間のアクセス表示。システム全体において全ての関連する 2 ファイルを分析します。

>2 ファイル関連分析
機能 5: クラス分析
C++ クラスの継承関係をグラフ表示

C++クラスの継承関係をグラフ表示
C++ クラスの継承関係をグラフ表示します。クラスに変更を加えた場合、継承による影響範囲を確認できます。
>クラス分析
機能 6: リスト表示
オブジェクトファイルの内部情報を整理して一覧表示


オブジェクトファイルを分析し、内部で使用している関数、変数、ソース、ラベルなどの情報を一覧表示します。
>リスト表示
機能 7: プログラム表示
C/C++ ソースとアセンブリコードを並べて表示



C/C++ のソースリストの中に、ソースの各行に対応するアセンブリコードを混在表示させることが可能です。
>プログラム表示
機能 8: 検索、絞込み
検索・絞込み機能で必要な情報に素早くアクセス

検索・絞込み機能で必要な情報に素早くアクセス
文字列検索機能と表示項目の絞込み機能により、着目したい情報に素早くたどり着くことができます。

>検索、絞込み
機能 9: 差分分析
2 つのオブジェクトコードの差分を分析
2 つのオブジェクトコードを比較して、関数や変数、クラスなどがどう変わったかを可視化できます。

>差分分析
機能 10: 帳票出力
分析結果のグラフやリストをファイルに出力
分析結果のグラフやリストをファイルに出力
分析結果を HTML フォーマットで出力します。分析した内容をエビデンスとして残したいときに有効です。

>帳票出力


【NEW】Windows アプリケーション (C#) 対応版




Windows アプリケーション開発を強力にサポート




かんたん導入ですぐに使える

基本機能のご紹介

派生元と派生開発後の差分を分析

プログラムの変更/新規との差分の実体を把握






お見積り/お問い合わせ       ダウンロード

製品の詳細、価格など、お気軽にお問い合わせください。