GroupDocs.Annotation for Java


ドキュメントにアノテーションを追加できる Java API

円滑な共同作業のために、さまざまな形式のアノテーションをドキュメントに追加できる Java アプリケーションを開発

GroupDocs.Annotation for Java

GroupDocs.Annotation for Java により、Java ベースの業務アプリケーション内にドキュメントのアノテーションの管理や操作機能を簡単に追加できます。GroupDocs.Annotation for Java は、テキスト、ポリライン、エリア、下線、ポイント、透かし、リソースの改定などのさまざまなアノテーションの操作ができます。また、GroupDocs.Annotation for Java では、ドキュメント、プレゼンテーション、スプレッドシート、画像、CAD 図面などのさまざまなファイル形式内で要件にあわせてアノテーションをカスタマイズできるデータ オブジェクトが提供されます。


概略図

API の概要


プラットフォームに依存しません

サポートされる環境


サポートされるファイル形式

以下のファイル形式をサポートします


  • ドキュメント内にエリア アノテーションを追加、シンプルでネストされたコメントにリンク
  • アロー アノテーションを使用して特定のコンテンツを指示
  • ディスタンス アノテーションを使用してオブジェクト間を描画
  • ポイント アノテーションを使用してドキュメント内のあらゆる場所にポップアップ コメントを追加
  • ポリライン アノテーションを使用して直線セグメント、アーク セグメント、またはそれらの組み合わせをコネクト
  • ドキュメントの変更可否の改定エリアをマーク
  • ドキュメント内の特定のテキストのハイライトや削除など、テキスト全体の追加
  • 注釈を追加してテキストをハイライト
  • ドキュメントの画像内のテキスト アノテーションの座標を取得
  • ドキュメント内の取り消し線、下線、特定のテキストの変更
  • ドキュメント内のテキスト フィールド、テキスト ベースのスタンプや透かしの追加
  • Word 文書や PowerPoint プレゼンテーションのアノテーションをインポート & エクスポート
  • Excel スプレッドシート内のテキスト、置換テキスト、透かし、リソース改定などのアノテーションの追加
  • ポリライン、取り消し線、下線、テキストなどのアノテーションを PowerPoint プレゼンテーションやスライドに追加
  • プレゼンテーション内に X、Y 座標を使用してポイント アノテーションをマーク
  • 取り消し線、テキスト、下線、ポリラインなどのアノテーションを画像に追加
  • VSS や VSD などの Visio 図面のドキュメント情報や画像をフェッチ
  • データ ストレージを使用してアノテーション管理タスクを実行
  • データ ストレージ内のアノテーションの追加、編集、削除とリプライ
  • ユーザー アクセス権を付与してアノテーションの操作を制限
  • ドキュメント内のすべてのアノテーションをシングル ファンクション コールでフェッチ
  • サポートされる一部のアノテーション タイプの位置や設定プロパティを移動
  • PDF、Word、Visio、PowerPoint などの主要なドキュメント形式の SVG パスの解析をサポート
  • 透かしアノテーションを Word 文書に追加、置換テキストのクリアをサポート
  • 図面内のテキスト アノテーションのシェイプ処理をサポート

GroupDocs.Annotation for Java の API ではデータ ストレージ内で使用されるデータ オブジェクトとプロパティの拡張的なコレクションで構成されます。それらには、アノテーション (座標、寸法、タイプ、色、フレーム色、背景色など)、アノテーション コラボレーター (ID、ドキュメント、アクセス権など)、アノテーション リプライ (リプライ、親アノテーション、GUID、メッセージ、時間など)、ドキュメント (GUID、名前、所有者、タイプ、アクセス権など)、ユーザー (ID、通称、メール、パスワード、フォトなど) が含まれます。

GroupDocs.Annotation for .NET の API は、アノテーションのアクセス権を簡単に管理できます。表示、注釈、ダウンロード、エクスポート、削除などのプロパティの付与や削除が可能です。



ページトップへ