GroupDocs.Annotation for Java


Java アノテーション API

ドキュメント コンテンツへのメモ、コメント、タグの挿入、変更、削除

GroupDocs.Annotation for Java

GroupDocs.Annotation for Java は、ドキュメント表示とアノテーション機能により、Java アプリケーションをシームレスに拡張できる軽量な API です。Microsoft Word、Excel、PowerPoint プレゼンテーションおよび PDF 形式をサポートしています。GroupDocs.Annotation for Java では、Java アプリケーション内でこれらのドキュメント形式の閲覧、アノテーションの追加、共有および印刷が可能です。


概略図

API の概要


プラットフォームに依存しません

サポートされる環境


サポートされるファイル形式

以下のファイル形式をサポートします


  • 容易な統合
  • ネイティブの Word および PDF のアノテーション
  • すべての主要なプラットフォームで動作
  • 包括的なアノテーション ツール セット
  • アノテーションのインポート
  • メールへのアノテーション:メール ドキュメントへのアノテーション追加 (エクスポートのみ)
  • HTML へのアノテーション:HTML ドキュメントへのアノテーション追加
  • 画像へのアノテーション:JPG、TIFF、CAD、DjVu などさまざまな画像形式へのアノテーション追加
  • Java ファイル ストリームからのファイル入出力による、ドキュメントの情報の読み込み、取得
  • 互換性のあるクロスプラットフォーム
  • リアルタイムでのアノテーション
  • アノテーション オブジェクトを格納できるフレキシブルなオプション
  • 従量制ライセンス オプション

アノテーションを追加した PDF および Word ドキュメントをエクスポートし、オフライン環境でのレビューや編集が可能です。PDF のアノテーションを GroupDocs にインポートして、オンラインでのレビュー、マークアップ、およびコメントの追加も可能です。

  • Area annotation - 四角形でエリアをマークアップし、メモを追加
  • Point annotation - ドキュメントのどこにでもメモを貼付
  • Text annotation - 選択したテキストにメモを追加
              // AnnotationInfo のリストを初期化
              List<AnnotationInfo> annotations = new ArrayList<AnnotationInfo>();

              // textAnnotation の初期化
              AnnotationInfo textAnnotation = new AnnotationInfo();
              textAnnotation.setBox(new Rectangle(68, 154, 102, 9));
              textAnnotation.setType(AnnotationType.Text);
              annotations.add(textAnnotation);

              // ドキュメントにアノテーションを追加
              InputStream result = annotator.exportAnnotationsToDocument(cleanPdf, annotations, DocumentType.Pdf);

              // 処理結果のストリームをファイルに出力
              OutputStream fileStream = new FileOutputStream(Utilities.outputPath + File.separator + "annotated-text.pdf");
              IOUtils.copy(result, fileStream);
            
  • Strikeout/underline - 取り消し線や下線によるテキストのマークアップ
  • Text replacement - 既存のテキストを別の入力テキストと入れ替え
  • Area redaction - 選択したエリアの黒塗り
  • Text redaction - 選択したテキストの黒塗り
  • Polyline - 手書きによる線と形の描画
  • Pointer/arrow - メモ付き矢印の追加
  • Watermark - 透かしの追加

リアルタイム アノテーション機能により、複数のユーザーが同一ドキュメントを同時にレビューし、アノテーションを追加することができます。認証されたメンバーは、お互いのコメントやマークアップをリアルタイムで確認できるため、ドキュメントで共同作業をする際に迅速なフィードバックの交換など、かつてない体験ができます。

GroupDocs.Annotation 上でのマークアップとコメントは、表示ドキュメント上の異なるレイヤーに生成、レンダリングされるため、オリジナルのファイルが変更されることはありません。アノテーションは、ORMLite(永続性)API でサポートされているあらゆる DB に格納できます。オリジナルのドキュメント形式に関わらず、元のファイルと結合して最終的な PDF ドキュメントにエクスポートすることが可能です。

GroupDocs.Annotation により、ユーザーはタブレットや携帯電話などの Web 対応デバイスからドキュメントを閲覧し、アノテーションを追加することができます。IE (8 以上)、Firefox、Chrome、Opera、Safari (5 以上)、およびそれらのモバイル版ブラウザーもサポートされています。

サポートされるブラウザー
  • IE (8 またはそれ以上)
  • Chrome
  • Chrome for Android
  • Firefox
  • Firefox for Android
  • Opera
  • Opera Mini
  • Opera for Android
  • Safari (5 またはそれ以上)
  • Mobile Safari
サポートされるデバイス
  • iPhone
  • iPad
  • Android
  • PC
  • Mac



ページトップへ