GroupDocs.Annotation for .NET


.NET アノテーション API

アプリケーション内でドキュメントのメモ、コメント、タグなどのアノテーションを管理

GroupDocs.Annotation for .NET

GroupDocs.Annotation for .NET は、ドキュメント内のテキストや画像のアノテーションを追加できるので、アプリケーションをシームレスに拡張することが可能です。アノテーションは、コメント、強調表示されたメモ、透かし、ポリラインなどの形式に適用できます。アノテーション API は、PDF、Microsoft Word DOCX、Excel XLSX、および PowerPoint PPTX ドキュメント形式をサポートします。

GroupDocs.Annotation for .NET により、新規のアノテーションは表示ドキュメント上の異なるレイヤーに生成、レンダリングされるため、オリジナルのファイルが変更されることはありません。一連の JSON ファイルやデータベースに格納できるだけでなく、オリジナルのファイルに結合したり PDF や Word ファイル にエクスポートすることも可能です。


概略図

.NET アノテーション API の概要


サポートされるファイル形式


アノテーションの機能比較

A.nnotate および PDF Annotator との比較


  • PDF、DOCX、XLSX、および PPTX ドキュメント等へのアノテーション
  • 複数のマークアップ ツールとコメント ツール
  • 返信を基にしたコメント
  • テキストによるアノテーションの強調表示
  • カスタム スタンプによるアノテーション
  • コメントのスレッド化
  • 複数のユーザーによるアノテーションの同時追加
  • JSON ファイルやデータベース等の異なるオブジェクトでの保存、またはオリジナルのファイルとの結合
  • アノテーションを別々の PDF や Word ファイルにエクスポート
  • API に実装されたインターフェイスを使用して抽象ストレージ オプションを実現
  • 抽象的なユーザー管理
  • 追加のアノテーションとネイティブ PDF アノテーションとの互換性

  • Area annotation - ドキュメントの行、段落または部分単位でアノテーションの領域をメモ表示
  • Point annotation - ドキュメントのどこにでもメモを貼付
  • Text annotation - 選択したテキストにメモを追加
  • Strikeout/underline - 取り消し線/や下線によるテキストまたは改訂指示のマークアップ
  • Text replacement - 選択したテキストを別の入力テキストと入れ替え
  • Text/Area redaction – 選択したテキストまたはエリアの黒塗り
  • Polyline – 手書きによる線と形の描画
  • Pointer/arrow – メモ付き矢印の追加
  • Watermark – 透かしの追加
  • Ruler/Distance Annotation - オブジェクト間の距離の測定
  • Undo/redo - アノテーションのキャンセルまたはやり直し

.NET Framework では V2.0 以降、Mono Framework では V1.2 以降で API を使用できます。アノテーション API ファイルは、以下の方法で簡単にインストールやダウンロードが可能です。

  • MSI パッケージおよび Zip アーカイブ
  • NuGet

インストーラーはこちらからお申し込みいただけます。



ページトップへ