GroupDocs.Assembly for Java


Java ドキュメント オートメーションとレポーティング API

定義済みのテンプレートやデータ ソースから Microsoft Word、Excel、PowerPoint、OpenOffice ドキュメントを自動生成

GroupDocs.Assembly for Java

GroupDocs.Assembly for Java はテンプレートからオンザフライでカスタム ドキュメントを生成できる、ドキュメント生成と自動レポート出力を可能にする API です。本製品の API により、データベース、Odata、JSON、XML、カスタム Java オブジェクトなどのデータ ソースからデータを取得し定義済みのドキュメント テンプレートを使用してファイルやレポートを生成できます。

ドキュメント生成 API は、反復、条件、テキスト、HTML ブロック、グラフ、画像などさまざまなテンプレート要素をサポートします。これらの要素をドキュメント テンプレートに追加して、要件に合った表現力豊かなドキュメントを生成できます。各々のテンプレート要素には、テキスト、グラフ、数値書式などの書式プロパティが含まれます。


概略図

GroupDocs.Assembly for Java によるドキュメント生成プロセスの自動化


プラットフォームに依存しません

サポートされるオペレーティング システムとフレームワーク


サポートされるファイル形式

Java ドキュメント生成 API は、Microsoft Word、Excel、PowerPoint、OpenOffice、および XML ドキュメント形式をサポートします。


  • 複数のドキュメント形式をサポート
  • 複数のデータ ソースからドキュメントを生成
  • データ操作機能
  • 複数のテンプレート要素をサポート
  • 複数のテンプレート要素の書式サポート
  • テンプレート構文の書式設定
  • LINQ ベースのテンプレート構文

以下のデータ ソースから文書を生成できます。

  • データベース
  • Odata
  • JSON
  • XML
  • カスタムの Java オブジェクト

  • 数式の実装
  • あらゆる種類のデータ ソースの LINQ 構文でサポートされるフィルタリング、順序付け、グループ化、集約などの順次データ操作
  • タイプ メンバーの呼び出し
  • 組み込みのデータ リレーション サポート
  • 外部の Java 型のサポートによるデータ処理のカスタマイズ
  • 外部ドキュメントのインポート

  • 書式設定されたテキスト ブロック
  • HTML ブロック
  • リスト項目やテーブル行を含む繰り返しブロック
  • リスト項目やテーブル行を含む条件付きブロック
  • 画像
  • グラフ
  • バーコード フォントによるバーコードのサポート
  • ハイパーリンク

  • 文字列の書式設定
    • Lower、Upper、Caps、FirstCap
  • 数値の書式設定
    • alphabetic、roman、ordinal、ordinalText、cardinal、hex、arabicDash
  • 外部ドキュメントの挿入
    • 外部ドキュメントを動的にレポートに挿入
  • バーコード イメージの生成
    • Word、Excel および PowerPoint ドキュメントでのバーコード イメージ生成
  • 複数テンプレート要素の書式設定のサポート
    • 数値/日付/時刻値の書式設定
    • テキストの書式設定
    • 条件付きブロックのみでサポートされる条件付きテキストの書式設定
    • 画像の書式設定 (WYSIWYG)
    • グラフの書式設定 (WYSIWYG)

  • LINQ ベース

GroupDocs.Assembly for Java により、カスタマイズされたテンプレートを作成して以下のすべてのドキュメント処理形式を生成できます。

  • Microsoft Word: DOCX、DOCM、DOTX、DOTM、DOC、DOT、RTF、XML
  • Excel: XLSX、XLSM、XLTX、XLTM、XLSB、XLS、XLT、XML
  • PowerPoint プレゼンテーション: PPTX、PPTM、PPSX、PPSM、POTX、POTM、PPT、PPS
  • OpenOffice: ODT、OTT、ODS、ODP

インストーラーはこちらからお申し込みいただけます。

  • フル バージョン
    • ダウンロード アーカイブからライブラリーをダウンロード
    • アーカイブを展開
    • 展開したディレクトリの lib ディレクトリでコンソールと cd を開く
    • 以下のインストール コマンド (mvn install:install-file -Dpackaging=jar -Dversion=16.12.0 -DgroupId=com.groupdocs -DartifactId=groupdocs-assembly -Dfile=GroupDocs.Assembly.jar) を実行するか、Maven 内にライブラリをインストールするための install_library.bat を実行
    注:バージョン番号とファイル名は現在のドキュメントと異なる場合があります。
    • pom.xml に依存関係を追加
                          
                             com.groupdocs
                             groupdocs-assembly
                             16.12.0
                             jar
                          
                        
  • 簡易バージョン
    このライブラリーは、Maven Central Repository でホストされているため、Maven を使用する場合は、上記の依存関係宣言を使用してください。
    jar 自体は、Maven Central Repository からダウンロード可能です。
  • その他の使用例
    GroupDocs.Assembly を使用するために必要とされるのは、GroupDocs.Assembly.jar ファイル 1 つの参照のみです。
    前述の Zip アーカイブをダウンロードする場合には、Eclipse で以下の手順を実行し、外部ライブラリを追加する必要があります。
    • Java プロジェクトを右クリックし、[Properties] を選択
    • Java Build Path に移動
    • [Libraries] タブを開く
    • [Add External JARs] を選択し、GroupDocs.Assembly Jar を読み込む



ページトップへ