GroupDocs.Comparison for Java


Java ドキュメントの差分比較 API

Java デスクトップ/サーバー環境でドキュメントを結合、比較

GroupDocs.Comparison for Java

GroupDocs.Comparison for Java は、ドキュメントを比較、差分比較、または結合できる API です。PDF、OpenDocument、HTML、Microsoft Word、Excel、PowerPoint、テキスト ファイル等の業界標準であるすべてのドキュメント形式がサポートされており、ドキュメントのコンテンツとスタイルの両方の比較が可能です。変更履歴機能のサポートにより、変更が加えられたソース ファイルが一覧表示されたサマリー ファイルが作成できます。


概略図

API の概要


プラットフォームに依存しません

サポートされる環境


サポートされるファイル形式

以下のファイル形式をサポートします


  • 複数のファイルのドキュメント内容を比較
  • Word、Excel、PowerPoint、PDF などのパスワード保護されたファイルの比較
  • フォント スタイルの比較:太字、斜体、下線、取り消し線、フォントの種類の比較
  • 削除、挿入、書式変更を含むすべての変更履歴
  • 容易な統合
  • 組み込み WebBased ユーザー インターフェイスのサポート オプション
  • サマリー レポートの作成
  • ドキュメントの読み書きに Java ストリームを使ったファイルの入出力
  • あらゆる形式の比較での変更の承認または拒否
  • Word ドキュメントを 3 つまで結合、比較
  • ネイティブの変更履歴機能: Microsoft Word ファイル内のオリジナルと変更されたドキュメントを識別
  • 差分サマリーを DOC または DOCX 形式で保存
  • HTML ファイルを Word ドキュメントで保存
  • 比較ファイルを画像形式で保存
  • 透かしの比較
  • 従量制ライセンス オプション

  • ソース ファイルのパスを取得
  • ターゲット ファイルのパスを取得
  • 出力結果のパスを定義
  • ソース ファイルとターゲット ファイルを比較
  • 比較処理と、必要に応じた結果の出力 (パス、ストリームなど)

わずか数行のコードで簡単に実装できます。

            // 比較対象となるソースとターゲット ファイルの定義
            String source = @"source.docx";
            String target = @"target.docx";
            Comparer comparer = new Comparer();

            // 2 つのドキュメントを比較
            ICompareResult result = comparer.Compare(source, target, new ComparisonSettings());
          



ページトップへ