GroupDocs.Comparison for Java


ドキュメントの内容を比較する Java API

内容とスタイルを比較して、類似した文書フォーマット間の違いを見つける機能を持つ Java アプリケーションをビルド

GroupDocs.Comparison for Java

GroupDocs.Comparison for Java API では、Java 環境で文書比較アプリケーションを開発するのに役立ちます。この差分チェッカー API を使用して、Java ベースのアプリケーションは、同じフォーマットの文書、プレゼンテーション、スプレッドシート、およびその他のさまざまな種類のファイル間でのテキスト スタイルだけでなく、コンテンツの変更や差分も検出し、その違いは包括的な比較文書に表示されます。GroupDocs.Comparison for Java API は、単純なパスワード対応、およびファイルまたはストリームを介した暗号化文書の取得、比較および保存ができます。


概略図

API の概要


プラットフォームに依存しません

サポートされる環境


サポートされるファイル形式

以下のファイル形式をサポートします


  • コンテンツ スタイルとフォント スタイルの違いを識別
  • ファイル比較後に見つかったすべての相違点の要約リストを保存
  • 相違点を分析して結果のファイルをエクスポートした後に変更を適用または拒否
  • Word ファイルを比較しながら Microsoft Word の「変更履歴の記録」機能をサポート
  • 比較中にどの変更がどのドキュメントから来ているのかを簡単に検索
  • ストリーム経由で文書を読み、送信
  • ストリームからの取得中にファイル形式の種類を検出
  • パスワード保護されたファイルを比較
  • 比較結果を画像として保存
  • Word ファイルの特定のページを比較
  • PDF 文書内の透かし (ウォーターマーク) の比較
  • ファイルまたはストリーム経由でドキュメントを取得し、比較して結果をストリームまたはファイルに保存
  • Word、PDF、または Excel ファイルを比較した後に変更を適用または拒否
  • ファイルまたはストリームによる暗号化文書の比較

GroupDocs.Comparison for Java API は、サポートされている形式の文書を簡単に比較して、それらの間の相違点を見つけることができます。以下は、Java を使用した 2 つの Microsoft Word 文書を比較する方法をの例です。

            // GroupDocs.Comparison.Comparer のインスタンスを生成しメソッドを呼び出す
            Comparer comparison = new Comparer();
            ICompareResult result = comparison.compare("D:\\source.pdf", "D:\\target.pdf", new ComparisonSettings());
            result.saveDocument(Utilities.outputFileName(".pdf"));
          

GroupDocs.Comparison for Java を使用すると、ドキュメントを比較する範囲を指定できます。低 (テキストを単語単位で画像グリッドの精度と比較 = 50)、中 (テキストを単語単位で画像グリッドの精度と比較 = 100) または高 (テキストを単語単位で画像グリッドの精度と比較 = 150) から選択できます。

GroupDocs.Comparison for Java には、テキスト スタイルを比較する機能があります。

文書の単語や文字を比較している間に、フォント名、フォント サイズ、フォントの色、フォント スタイル (太字、斜体、下線、小大文字、ハイパーリンク) および下線の色 (該当する場合) を比較して違いを見つけることができます。

段落を比較しながら、段落の配置、余白 (左の余白、右の余白)、段落の間隔 (段落前の間隔、段落後の間隔)、最初の行の余白、行間隔などのスタイルを比較できます。

GroupDocs.Comparison for Java では、フッター位置、ページのサイズと向き、余白 (左右上下)、境界線の幅、境界線の色など、ページの他のセクションの比較もサポートされています。



ページトップへ