GroupDocs.Conversion for Java


複数のドキュメント形式を変換できる Java API

主要なビジネス ドキュメントの形式を Java アプリケーション内で変換できる API

GroupDocs.Conversion for Java

GroupDocs.Conversion for Java は、Java アプリケーションのミドルウェアとして設計された軽量のドキュメント形式のマルチ変換 API です。50 種類以上のドキュメントや画像形式をサポートします。


概略図

API の概要


プラットフォームに依存しません

サポートされる環境


サポートされるファイル形式

以下のファイル形式をサポートします


  • 50 種類以上のファイル形式をサポート
  • 迅速で正確なドキュメント変換
  • 高品質の出力ファイル
  • 柔軟なファイル パス処理
  • 容易な統合
  • 特定のページの変換 (サポートされない場合もあります)
  • ソース ファイルの形式を自動検出した Java ストリームによるファイル入出力
  • 変換処理状況のレポート
  • 変換後のドキュメントにテキストの透かしを追加
  • Html から画像への変換
  • ドキュメントのページ合計を算出
  • ファイル拡張子やストリームから変換可能な形式を検出
  • 従量制ライセンス オプション
  • 専用のテクニカル サポート

入力ドキュメントは URL またはファイル パスから読み取ることができるので、出力ドキュメントはファイルに保存することもストリームに直接送信することも可能です。本ライブラリにより、保存された各ファイルやストリームへのパスを自動的に取得できます。

わずか数行のコードで簡単に実装できます。

            // 変換処理の初期設定
            ConversionConfig config = new ConversionConfig();
            config.setStoragePath("D:\storage\");

            // ConversionHandler の初期化
            ConversionHandler conversionHandler = new ConversionHandler(config);

            // 保存オプションの定義
            WordsSaveOptions saveOption = new WordsSaveOptions();
            saveOption.setOutputType(OutputType.String);

            // 変換結果の保存
            ConvertedDocument convertedDocumentPath = conversionHandler.>String<convert("sample.pdf", saveOption);
            convertedDocumentPath.save(fileName +"." + convertedDocumentPath.getFileType());
          

製品をスムーズに使用するために、包括的なコード サンプルや無償のテクニカル サポートを提供しています。特定の要件にあわせてライブラリをカスタマイズすることも可能ですので、お気軽にお問い合わせください。



ページトップへ