GroupDocs.Editor for Java


Java API を使用して HTML でドキュメントを編集

Java アプリケーションを HTML エディターと統合して文書を操作し、オリジナルの形式に変換

GroupDocs.Editor for Java

GroupDocs.Editor for Java は、HTML 形式の文書編集を可能にします。API は、外部、オープンソースまたは有償の HTML エディターと統合することができます。Editor API は、ドキュメントの読み込み、HTML への変換、HTML を外部の UI に公開し、編集後の HTML をオリジナルのドキュメントに保存できます。また、さまざまな PDF、Word 文書 (DOC、DOCX)、Excel スプレッドシート (XLS、XLSX)、PowerPoint プレゼンテーション (PPT、PPTX) およびテキスト ドキュメントを生成することも可能です。


概略図

API の概要


プラットフォームに依存しません

サポートされる環境


サポートされるファイル形式

以下のファイル形式をサポートします


  • あらゆる HTML エディターと容易に統合
  • 文書を HTML DOM に変換
  • ドキュメント ストリームから HTML コンテンツを取得
  • HTML コンテンツとその埋め込みリソースを取得
  • HTML コンテンツをバイパスして埋め込みリソースを保存
  • ドキュメントから HTML のボディ タグ コンテンツを取得
  • HTML ドキュメントの CSS コンテンツを取得
  • HTML コンテンツをトラバースしてそのリソースを保存
  • 文字列コンテンツから HTML DOMを 取得してドキュメントに変換
  • 埋め込み要素を使用して HTML DOM を変換
  • HTML でさまざまな形式の文書を編集
  • 正確な変換
  • 出力文書にパスワードを適用
  • データベースにとらわれない
  • ユーザー インタフェース (UI) にとらわれない

GroupDocs.Editor for Java API は、ドキュメントを読み込んで構造を解析できる HTML DOM に変換するだけでなく、CSS のコンテンツを抽出することも可能です。また GroupDocs.Editor for Java API は、DOM をドキュメント形式に変換することもできます。

            // ドキュメント ストリームの取得
            InputStream inputStream = new FileInputStream(CommonUtilities.getStoragePath("Content.HTML"));
            InputHtmlDocument htmlDoc = EditorHandler.toHtml(inputStream);

            // HTML ドキュメントのコンテンツを取得
            String cssContent = htmlDoc.getEmbeddedHtml();
            System.out.println(cssContent);
          

GroupDocs.Editor for Java API は、画像、フォント、CSS などのサポートされている形式のドキュメントから関連する要素を読み込むことができます。これらのリソースは、別々または出力結果の HTML とともに保存することができます。これにより、より管理しやすい出力が取得できます。



ページトップへ