GroupDocs.Editor for .NET


HTML を使用してドキュメントを編集する .NET API

HTML エディターを統合した HTML により .NET アプリケーション内であらゆるドキュメントを操作

GroupDocs.Editor for .NET

GroupDocs.Editor for .NET では、C#、ASP.NET およびその他の .NET アプリケーションでエンドユーザーが HTML エディターと簡単に統合してファイル形式のドキュメントを変換、編集、および操作できます。.NET Editor API は、ドキュメントの読み込み、HTML への変換、HTML を外部の UI に公開し、編集後の HTML をオリジナルのドキュメントに保存できます。また、さまざまな PDF、Word 文書 (DOC、DOCX)、Excel スプレッドシート (XLS、XLSX)、PowerPoint プレゼンテーション (PPT、PPTX)、テキストおよび Web などのあらゆる種類のドキュメントを生成することも可能です。


概略図

API の概要


プラットフォームに依存しません

サポートされるオペレーティング システムとフレームワーク


サポートされるファイル形式

以下のファイル形式をサポートします


  • あらゆる HTML エディターと容易に統合
  • 文書を HTML DOM に変換
  • ドキュメント ストリームから HTML コンテンツを取得
  • HTML コンテンツとその埋め込みリソースを取得
  • ドキュメントから HTML のボディ タグ コンテンツを取得
  • HTML ドキュメントの CSS コンテンツを取得
  • HTML コンテンツをトラバースしてそのリソースを保存
  • 文字列コンテンツから HTML DOM を取得してドキュメントに変換
  • HTML DOM とリソース変換
  • HTML でさまざまな形式の文書を編集
  • 正確な変換
  • 結果ドキュメントにセキュリティを適用
  • データベースにとらわれない
  • ユーザー インタフェース (UI) にとらわれない
  • 強力な XML 処理機能

GroupDocs.Editor for .NET API は、ドキュメントを読み込んで構造を解析できる HTML DOM に変換するだけでなく、CSS のコンテンツを抽出することも可能です。また GroupDocs.Editor for .NET API は、DOM をドキュメント形式に変換することもできます。

            // ドキュメント ストリームの取得
            Stream sourceStream = File.Open("D:/sample.docx", FileMode.Open, FileAccess.Read);
            using (InputHtmlDocument htmlDoc = EditorHandler.ToHtml(sourceStream))
            {

            //  組み込みリソースで HTML ドキュメントを取得
            string cssContent = htmlDoc.GetEmbeddedHtml();
            Console.WriteLine(cssContent);
            }
          

.NET Editor API は、HTML に添付されたイメージ、フォント、CSS などの外部リソースを読み込みことができます。これらのリソースは、別々または出力結果の HTML とともに保存することができます。これにより、より管理しやすい出力が取得できます。

GroupDocs.Editor for .NET API では、XML 文書を開いたり、表示したり、編集したりできます。編集 API は、XML タグ、その値と一緒の属性、XML 宣言、CDATA セクション、DOCTYPE 定義、およびその他の XML 固有のエンティティの特別なサポートと認識を提供します。XML 構造内のすべての個別のエンティティに対してフォントと色の設定をカスタマイズできます。

XML コンバーター機能は、XML ファイル内のエラーとその修正方法を表示するスマートな機能です。URI と電子メール認識メカニズムは XML 属性をスキャンし、A タグ内で検出された URI と電子メール アドレスをリンクとして表すので、結果の HTML ファイル内のテキストとしてではなくリンクとして編集できます。



ページトップへ