GroupDocs.Redaction for Java


Java API で機密データを保護

Java の 改訂 API を使用して、ドキュメント、ワークシート、プレゼンテーション、PDF、ラスター画像ファイルから機密情報やメタデータを保護

GroupDocs.Redaction for Java

GroupDocs.Redaction for Java は、Microsoft Word、Excel、PowerPoint、PDF および画像などのさまざまなファイル形式から部外秘の機密情報を除去できるので、機密を保持しつつファイルを配布できます。GroupDocs.Redaction for Java の API は、ファイル形式に依存しない単一のインターフェイスとして提供されテキスト、メタデータ、アノテーション、表形式などのさまざまな形式のドキュメントにおける社会保障番号、医療記録、財産、不動産、法的な情報などの改訂が可能です。さらに、GroupDocs.Redaction for Java では、ドキュメントを元の形式で保存したり、元のページのラスター画像として改定後のドキュメントを PDF 出力したりできます。


概略図

API の概要


プラットフォームに依存しません

サポートされるオペレーティング システムとフレームワーク


サポートされるファイル形式

以下のファイル形式をサポートします


  • 完全一致の語句を対象とした検索と改訂
  • 特定の一致をスキップして改訂処理を管理
  • 正規表現による語句の検索と改訂
  • Office 形式と PDF のビルトイン サポート
  • メタデータの値を消去または改訂
  • 特定のワークシートや列の改訂を制限
  • アノテーションやテキストの除去や改訂
  • 文字検索 (排他コード) やグラフィック (カラー矩形) を使用した改訂
  • ドキュメントを元の形式やオリジナル ページをラスター化した PDF として保存
  • ラスター画像形式と画像の一部の改訂をサポート
  • カスタムの改訂や書式に応じたインターフェースの統合

GroupDocs.Redaction for Java のライブラリは、サポートされるドキュメントからさまざまな方法によりテキストや画像を改訂できます。API の使用方法はいたって簡単です。

次のコード例は、Microsoft Excel のスプレッドシートのような表敬式のドキュメントを使用して、特定のワークシートや列に制限した改訂処理を行います。ドキュメント内の他のメールには触れることなく、"Customers" ワークシート上のメールで 2 番目の列を改訂するフィルターを使用します。

            final Document doc =Redactor.load(Utilities.mapSourceFilePath(FilePath));
            try{
              CellFilter filter = new CellFilter();
              filter.setColumnIndex(1); // ゼロ ベースで 2 番目の列
              filter.setWorkSheetName("Customers");
              Pattern expression = Pattern.compile("^\\w+([-+.']\\w+)*@\\w+([-.]\\w+)*\\.\\w+([-.]\\w+)*$");

              // 改訂の実行
              RedactionSummary result = doc.redactWith(new CellColumnRedaction(filter, expression, new ReplacementOptions("[customer email]")));
              if (result.getStatus() != RedactionStatus.Failed)
              {
                // オリジナルのファイル形式でドキュメントを "*_Redacted.*" ファイルで保存
                SaveOptions option = new com.groupdocs.redaction.SaveOptions();
                option.setAddSuffix(true);
                doc.save(option);
              }
            }
            finally { if (doc != null) doc.close(); }
          



ページトップへ