GroupDocs.Redaction for .NET


改訂 API で機密データを保護

.NET API を使用して、ドキュメント、ワークシート、プレゼンテーション、PDF、ラスター画像ファイルから機密情報やメタデータを改訂、除去、墨消し

GroupDocs.Redaction for .NET

GroupDocs.Redaction for .NET は、Microsoft Word、Excel、PowerPoint および PDF などのさまざまなファイル形式から部外秘の機密情報を除去できる API ライブラリです。GroupDocs.Redaction for .NET の API は、ファイル形式に依存しない単一のインターフェイスとして提供されテキスト、メタデータ、アノテーション、表形式などのさまざまな形式のドキュメントの改訂が可能です。さらに、GroupDocs.Redaction for .NET では、パスワード保護されたファイルの改訂も可能にします。ドキュメントを元の形式で保存したり、元のページのラスター画像として改訂後のドキュメントを PDF 出力したりできます。


概略図

API の概要


プラットフォームに依存しません

サポートされるオペレーティング システムとフレームワーク


サポートされるファイル形式

以下のファイル形式をサポートします


  • 大文字小文字を判断して完全一致の語句を対象とした改訂
  • 語句を差し替える代わりにカラー ボックスで語句を墨消し
  • 正規表現による語句の検索と改訂
  • ドキュメント内の部外秘なメタデータの組み合わせによるフィルタリング
  • 特定のドキュメントからメタデータを完全かつ迅速に消去
  • Excel の特定のワークシートや列を対象範囲とした改訂
  • ドキュメントから特定のコメントやその他のアノテーションを消去
  • アノテーション テキストから機密情報を検索、消去
  • カスタムの書式や改訂に応じた処理
  • ラスター画像形式と画像の一部の改訂をサポート
  • XML ファイル内に改訂ルールを指定

GroupDocs.Redaction for .NET の API は、サポートされるドキュメントから、重要な機密データを完全に墨消し、消去できます。API の使用方法はいたって簡単です。

以下は、C# を使ってドキュメントを読み込んで「2 桁、スペース、2 桁、さらにスペースに続いて 6 桁」(たとえば「12 34 567890」) に該当する語句を青のカラー ボックスで墨消しする例です。処理が完了すると、編集後のドキュメントは、ファイル名の末尾に "_Redacted" が付与され、元のドキュメントと同じ形式で保存されます。

            using (Document document = Redactor.Load(filepath))‎
            {‎
              document.RedactWith(new RegexRedaction("\d{2}\s*\d{2}[^\d]*\d{6}", new ‎ReplacementOptions(System.Drawing.Color.Blue)));‎

              ‎// ファイル名を "*_Redacted.*" として、元の形式で保存
              document.Save(new SaveOptions() { AddSuffix = true, RasterizeToPDF = false });‎
            ‎}‎
          



ページトップへ