GroupDocs.Viewer for .NET


.NET の API でドキュメントを描画、表示

強力な設定オプションでさまざまなドキュメント形式を PDF、HTML、画像形式で描画できる .NET 向けのドキュメント ビューアー API

GroupDocs.Viewer for .NET

GroupDocs.Viewer for .NET の API は、C# や ASP.NET をはじめとする .NET ベースの技術を使用したアプリケーション内で、他のソフトウェアをインストールすることなく、さまざまなファイル形式のドキュメントや画像を描画できます。製品のファイル ビューアー ライブラリは、ドキュメントをラスタライズして SVG + HTML + CSS に変換しドキュメント全体を最適化することで、ビジネス文書、画像、テキスト ファイル、ダイアグラム、グラフィックス、メールの添付ファイル、PDF などをアプリケーション内で高速かつ高品質に描画することができます。ドキュメントの全体、ページ単位、またはページ内の指定範囲やセル範囲、個別のドキュメント レイヤーをアノテーションやコメントの有無を指定しながら描画できます。

GroupDocs.Viewer for .NET は、描画された出力ドキュメントをデフォルトでローカル ディスクにキャッシュします。Amazon S3、Dropbox、Google Drive、Windows Azure、Redis などの適切なインターフェースを実装することで、あらゆる外部キャッシュのストレージがサポートされます。


概略図

API の概要


プラットフォームに依存しません

サポートされるオペレーティング システムとフレームワーク


サポートされるファイル形式

以下のファイル形式をサポートします


  • ドキュメントのラスタライズ、SVG、HTML+CSS への変換
  • ドキュメントを HTML、画像、PDF 形式で描画
  • ドキュメントのすばやい読み込みを可能にするキャッシュ機能
  • カスタム フォント ディレクトリの追加
  • Word、Excel、メール ドキュメントのエンコード
  • FTP やクラウド上のドキュメントの描画
  • アノテーションやコメント有無を指定した描画
  • 別々の HTML ページとしてドキュメントのすべてのページを描画
  • 描画するドキュメントのページやスライドの非表示、ページ順の変更
  • すべてのページ、特定のページや範囲を HTML 内に描画
  • 印刷可能な HTML としてドキュメントを描画、生成された HTML にカスタム CSS を適用
  • いくつかのファイル形式で、ドキュメントをレスポンシブな HTML として描画
  • HTML への描画時にフォントを除外してファイル サイズを縮小
  • コメントや空白を削除して CSS や HTML を最小化
  • 座標によるソース ドキュメント内のテキストの読み取り
  • Excel シートの出力結果のグリッド線の表示、非表示
  • Excel シートの行数を指定して、それぞれのページを描画
  • スプレッドシート ドキュメントの描画時に空白列を無視
  • 変更履歴を管理しながら Word ドキュメントを HTML ページ、画像、PDF に描画
  • オリジナル ファイル、画像、または HTML としてメール添付を描画
  • PDF ドキュメントの検出と印刷制限による印刷
  • 添付ファイルの ZIP アーカイブ内のコンテンツやファイルを描画

GroupDocs.Viewer API により、90 種類以上のファイル形式のコンテンツと構成をそのままに、効果的かつ確実に表示できます。次のサンプル コードは、DOCX を HTML 形式で簡単に表示する方法です。

            // 描画した出力ページの保存先ディレクトリの設定
            string  pageFilePathFormat = Path.Combine("D:\\output", "page_{0}.html");
            using  (Viewer viewer = new Viewer("D:\\storage\\sample.docx"))
            {

            // 組み込まれたリソースで HTML を取得するオプションを指定
            HtmlViewOptions  options = HtmlViewOptions.ForEmbeddedResources(pageFilePathFormat);

            // ドキュメントの描画
            viewer.View(options);
            }
          

GroupDocs.Viewer‎for .NET により、さまざまな変換方法を出力ドキュメントの描画に指定できます。これらの変換オプションにより、表示する出力描画をコントロールできます。変換オプションには、ページの回転、ページの並べ替え、透かしの適用などがあります。

GroupDocs.Viewer for .NET の API は、Outlook データ ファイル (OST/PST) 内の項目を PDF、HTML、画像ファイルとして描画できます。さらに GroupDocs.Viewer for .NET では、Outlook データ ファイル内に含まれるフォルダーの一覧を取得する機能が提供されます。GroupDocs.Viewer for .NET の API により、Outlook データ ファイルから描画するフォルダーを指定できます。また、GroupDocs.Viewer for .NET では、OST/PST からのメッセージを件名、内容、送信元などでフィルタリングすることも可能です。

GroupDocs.Viewer for .NET の API は、CAD ファイルのモデル、非空白のレイアウト、または特定のレイアウトを描画できます。GroupDocs.Viewer for .NET ではタイルの描画や CAD ドキュメントの座標により、画像、HTML、PDF への描画をサポートします。また、CAD ドキュメントのレイヤーのステータスを取得することもできます。



ページトップへ