GroupDocs.Watermark for .NET


透かしを操作する .NET API

スマート サーチや強力なセキュリティ機能でテキスト & 画像ベースの透かしを処理する .NET アプリケーションを開発

GroupDocs.Watermark for .NET

GroupDocs.Watermark for .NET により、C#、ASP.NET およびその他の .NET テクノロジ環境でエンドユーザーが新たに透かしを追加したり、既存の透かしの検索や除去を可能にする実務的な業務アプリケーションを開発できます。GroupDocs.Watermark for .NET を使用して、プログラム的にデジタルの透かしを複数のファイル形式に適用して知的財産の不正利用を抑止し、また、本製品で提供される API によるさまざまなビルトインのセキュリティ設定で社外秘のドキュメントを安全に分類することが可能です。


概略図

API の概要


プラットフォームに依存しません

サポートされるオペレーティング システムとフレームワーク


サポートされるファイル形式

以下のファイル形式をサポートします


  • フォルダー内のさまざまな形式のドキュメントをフェッチ、透かしの適用と除去
  • ドキュメントの特定の場所または全体から透かしを追加、除去
  • 特定のセクション、ページ、スライド、ドキュメント内の画像に透かしを追加
  • マルチフレーム画像内の特定のフレームに透かしを割り当て
  • 印刷時にだけ出力される非表示の透かしを PDF に配置
  • Excel ドキュメントのすべての添付やスライド内のすべての画像シェイプに透かしを設定
  • スプレッドシートやスライドの背景画像に透かしを配置、除去
  • Excel または PDF ドキュメントのすべての添付内のファイルに透かしを追加
  • PDF ドキュメント内の XObject、アーティファクト、アノテーション として透かしを追加、除去、
  • 特定のフォーマットでテキストを含む透かしを除去
  • 特定の画像に類似した画像透かしの検索
  • 文字間に不可読文字が存在する場合のテキストの透かしの特定
  • 特定のパラメーターまたは複合条件により透かしを検索
  • フォント書式を指定して該当するテキスト透かしを検索
  • プログラム的にページの印刷設定やその他の情報を抽出
  • ヘッダーやフッター内の画像に透かしを追加
  • Word 文書に透かしを固定し、編集不可に設定
  • プレゼンテーション内の不可読文字を使用してテキスト透かしを保護
  • PDF の特定のページまたはドキュメント全体をラスタライズして追加されている透かしを保護
  • 既存のテキスト透かしを置換する際にテキストの書式を変更
  • PDF ドキュメント内のブリード ボックス、アート ボックス、クロップ ボックス、またはトリム ボックスに透かしを揃える

GroupDocs.Watermark for .NET は、さまざまな形式の透かしをサポートします。どの形式の透かしもわずか数行のコードで追加できます。

            using(Document doc = Document.Load("sample.docx"))
            {
                // コンストラクターのパラメーターとして画像のパスを使用
                   using(ImageWatermark watermark = new ImageWatermark(@"D:\watermark.jpg"))
                    {
                         doc.AddWatermark(watermark);   // ドキュメントに透かしを追加
                         doc.Save();   // ドキュメントの保存
                   }
            }
          

GroupDocs.Watermark の API により、特定のフォルダー内のすべてのファイルに透かしを追加したり、除去したりできます。さまざまなファイル形式が混在していても、すべてのファイルに正確に透かしを適用できます。

わずか 1 行のコードにより、PDF ファイルから透かしを除去することを非常に困難にすることができます。これは、オリジナルのファイルと同様の品質を保ちつつ、PDF ドキュメントのすべてのページをラスター画像に変換することにより実現可能です。



ページトップへ