ホーム » 製品詳細

IncrediBuild は Windowsプラットフォームで動作する高度な Grid Computing Technology です。
Microsoft Visual Studio や Make のビルド、その他ツールや開発スクリプトのプロセスを高速化します。

Visual Studio のビルド

大規模システム開発において、コンパイルに時間がかかる事はプロジェクト管理の課題でした。プロダクト/プロジェクトのフルビルドに数時間を要する、あるいは各開発者が一日に何度も数十分の更新ビルドを待つ事から、ストレスが溜まり、生産性が落ち、時間も浪費されていました。そこで、IncrediBuild は独自の有効なソリューションを提供します。

IncrediBuild を使うことによって、Visual Studio プロジェクトのコンパイルを高速化します。そしてこの使用においてコードの変更はもちろん、プロジェクトの設定も変更する必要はありません。

Visual Studio について
さらに詳しく

make ベースビルド

XGE Interfaces (IncrediBuild for Make & Build Tools) を使う事によって、make ベースのビルドを高速化する事が可能です。分散対象となるジョブについて、リモートで実行されるタスクは全て XGE (Xoreax Grid Engine) を通して実行されます。XGE (Xoreax Grid Engine) により、完全にジョブを発行したマシンの環境をエミュレートして実行する事となり、リモートマシンへ IncrediBuild 以外のアプリケーションをインストールしたりファイルをコピーする必要はありません。

カスタムアプリケーション & ツール

インハウスツールやサードパーティー製のツールの実行に CPU パワーや時間を費やしているという状況は 珍しくありません。例えば以下にリストしたような目的のツールがあります。

XGE Interfaces (IncrediBuild for Dev Tools) を使う事で、これらの処理を高速化する事が出来るかも知れません。 XGE (Xoreax Grid Engine) が持つ4つの異なるインターフェースは様々なシナリオで有用な分散実行のためのインタフェースを提供します。これらのインターフェースを使ってリモートで実行されるタスクは、全て XGE (Xoreax Grid Engine) を通して実行されます。XGE (Xoreax Grid Engine) により、完全にジョブを発行したマシンの環境をエミュレートして実行する事となり、リモートマシンへ IncrediBuild 以外のアプリケーションをインストールしたりファイルをコピーする必要はありません。

スクリプト(バッチ処理)

バッチファイルによる処理やスクリプト言語を使った処理は通常シーケンシャルな処理に使われます。例えば、QA スクリプト処理、パッケージング処理、コード解析やさまざまなデータプロセス等です。大部分のスクリプト言語はシーケンシャルな処理を前提としているため、並列実行を許容していません。実際は、これらのスクリプト処理も並列実行によりその効果を得る事が可能です。

XGE Interfaces (IncrediBuild for Dev Tools) を使う事によってスクリプト内のコマンドを高速化する事が可能です。スクリプト内のコマンドをリモート実行するために直接 IncrediBuild の分散実行処理として発行する事が可能です。リモートで実行されるコマンドは全て XGE (Xoreax Grid Engine) を通して実行されます。

このようなスクリプトの分散実行は XGE (Xoreax Grid Engine) の Submission Interface を使う事で達成出来ます。”Submission Interface” を使って実行するコマンドは他のコマンド処理グループの実行完了を待って依存関係がある処理を正しい順序で実行する事も可能です。



IncrediBuild は開発効率を飛躍的に向上させるソリューションです。
お問い合わせ