インテル® Parallel Studio XE 2017 ベータプログラムのご案内

インテル® Parallel Studio XE 2017 のベータプログラムは 2016年 6月 28日を以って終了しました。
多くのお申込み、誠に有難うございました。

この製品スイートには、既存のインテル® ソフトウェア開発ツールの改良に加えて、魅力的で新しいさまざまなテクノロジーが採用されています。

インテル® Parallel Studio XE 2017 ベータ版の新機能の詳細説明は、What's New ドキュメント (PDF) 日本語版をご覧ください。 また、スイート製品全体または個々のコンポーネントごとのリリースノート (英語) もご覧ください。

  • ビッグデータの解析を拡張 – IA 向けに最適化されたデータ解析アプリケーションを簡単にビルド

    ベータ版 インテル® Data Analytics Acceleration Library (インテル® DAAL) は、最適化された IA 関数により、データ・サイエンティストがビッグデータ解析の速度を向上できるように支援します。Python* API、ニューラル・ネットワーク・レイヤーのサポート、データソースのサポートの拡張、新しい正規化関数、新しい最適化アルゴリズム、新しいアクティベーション関数などの新機能が含まれています。
  • 機械学習アプリケーションの速度を向上

    ベータ版 インテル® マス・カーネル・ライブラリー (インテル® MKL) 2017 では、DNN (ディープ・ニューラル・ネットワーク) プリミティブを使用した機械学習をサポートしました。インテル® スレッディング・ビルディング・ブロック (インテル® TBB) のスレッドレイヤーのサポートの拡張、スパース BLAS 機能の拡張、第 2 世代インテル® Xeon Phi™ 製品での最適化と使用モデル、オンラインサンプルの拡張、インストール時の C++ と Fortran の区別などの新機能が含まれています。
  • インテル® MKL を活用して Python* パッケージのパフォーマンスを引き出す

    ベータ版 インテル® Distribution for Python* 2017 では、scikit-learn、mpi4py、numba、conda、tbb (インテル® TBB の Python* インターフェイス)、pyDAAL (インテル® DAAL の Python* インターフェイス) のような新しい Python* パッケージが追加されました。ベータでは、インテル® MKL、インテル® MPI ライブラリー、インテル® TBB、インテル® DAAL のようなパフォーマンス・ライブラリーとリンクすることにより、NumPy/SciPy のパフォーマンスを向上できます。
  • Python*、Go*、ネイティブ混在コードのプロファイル (インテル® VTune™ Amplifier XE)

    ベータ版 インテル® VTune™ Amplifier XE は、Python* のプロファイラーとは異なり、Python* とネイティブ C/C++/Fortran が混在しているコードをプロファイルできます。ネイティブコードを呼び出している場合でも、Python* または Go* アプリケーションのパフォーマンス・ボトルネックを特定できます。
  • ストレージ & HPC 解析、より簡単な設定

    ベータ版 インテル® VTune™ Amplifier XE では、バランスの取れていないディスク I/O の検出および計算を支援するストレージ解析が追加されました。ストレージアクセスは、ソースコードに関連付けられます。HPC パフォーマンス特性解析は、計算負荷が高いアプリケーションや実行に時間がかかるアプリケーションの CPU、メモリー、FPU の使用状況をモニタリングして、浮動小数点演算やメモリーの最適化の可能性を簡単に見つけることができます。MPI アプリケーションの EBS 解析設定が単純化され、リモート Linux* ターゲットを UI から自動的に設定できるようになりました。
  • 未活用のパフォーマンスを迅速に発見

    ベータ版 インテル® VTune™ Amplifier XE では、単なる推測ではなくデータに基づいてパフォーマンス・プロジェクトの優先度を決定する迅速かつ簡単な方法として、2 つの新しいパフォーマンス・スナップショットが追加されました。Application Performance Snapshot は、コードの現代化の潜在的な利点を示します。Storage Performance Snapshot (近日提供予定) は、より高速なストレージによりパフォーマンスが向上されるかどうかを示します。
  • コンパイラーの機能を拡張 – 開発労力をフォワード・スケーリング

    ベータ版 インテル® C++/Fortran コンパイラー 17.0 は、最新の言語標準および機能 (OpenMP* 4.0、OpenMP* 4.5 (一部を除く)、C++11、C++14、Fortran 2008) を引き続きサポートします。さまざまな拡張によりパフォーマンスとベクトル化機能を向上します。Co-Array Fortran のパフォーマンスの大幅な向上、新しいインテル® SIMD Data Layout ライブラリーを使用した C++ コードのベクトル化、最新のインテル® Xeon Phi™ コプロセッサー向けのコードのチューニングをお楽しみください。より詳細な最適化レポートおよびインテル® Advisor とのより緊密な統合により、生産性と効率を向上します。
  • より簡単なベクトル化 – より高速なコードを迅速に開発

    ベータ版 インテル® Advisor 2017 では、ギャザー/スキャッターのプロファイル、ハードウェアなしでのインテル® AVX-512 向けの最適化、ループ解析の向上、MAP のヒープ割り当て変数の検出、MPI フローの向上、マルチ ISA の向上、SDLT の推奨などの新機能が追加されました。
  • 画像、信号、データ処理向けに最適化されたビルディング・ブロック

    ベータ版 インテル® インテグレーテッド・パフォーマンス・プリミティブ (インテル® IPP) 2017 は、インテル®アドバンスト・ベクトル・エクステンション 512 (インテル® AVX-512) およびインテル® AVX2 (KNL および SKL) 向けの広範なリリース品質の最適化を提供します。その結果、画像/オーディオ処理、科学シミュレーション、金融解析、3D モデリングなどの広範なアプリケーションのパフォーマンスが向上し、より効率的なデータ管理を行うことができます。64 ビット・データ長 (インテル® IPP 64 関数) をサポートする新しいラッパーによる超高解像度 (大きな画像) のサポートおよび OpenCV でのインテル® IPP 最適化機能を含むコンピューター・ビジョン向けの新しい統合ラッパーのサポートも含まれます。
  • 高度なクラスター診断エキスパート・システム

    ベータ版 インテル® Cluster Checker 2017 は、クラスターの機能の改善およびパフォーマンスの向上のために問題の診断を単純化します。動作しているクラスター環境で安心して実行できる、(インテル® Cluster Checker API を使用して) ほかのソフトウェアに容易に統合可能な情報を提供します。包括的なクラスター環境チェックは、カスタムテストで容易に拡張できます。

ベータプログラムは、2016年 6月 28日(火) (US 日付) を以って、終了となる予定です。
ご登録者に提供されたベータ版のライセンスは、2016年 10月 7日(金) (US 日付) に期限切れとなる予定です。

2016年 6月 6日(月)(US 日付)より、インテル社はベータ版をご利用いただいたお客様に、ベータ版製品に関するアンケートへのご協力をお願いさせていただきます。

ベータプログラムの実施期間中、インテル社は、定期的なアップデート版を提供予定です。大まかなスケジュール (US 日付) は次のとおりです。

  • 2016年 5月 25日(水): インテル® Parallel Studio XE 2017 ベータ アップデート版 (Update 1) の提供開始
  • 2016年 6月 6日(月): ベータ版アンケート実施開始
  • 2016年 6月 28日(火): ベータ版プログラム終了、ベータ版完了後のアンケート送付
  • ベータプログラムにご登録いただいた方は、アップデート版の提供開始された際に、自動的にお知らせが届きます。

インテル® Parallel Studio XE 2017 ベータ版に関する FAQ は、インテル® Parallel Studio XE 2017 ベータプログラム: FAQ (PDF、英語) からご覧いただけます。

ベータ版のテクニカルサポートは、エクセルソフトのお問い合わせフォームからお問い合わせください。
※お問い合わせフォームで下記項目をお選びください。

  • お問い合わせ内容 -「テクニカルサポート」
  • お問い合わせの製品・業務
    製品・業務 (必須): -「インテル ソフトウェア開発製品」
    製品の種類 (必須): -「その他」
    その他: "2017 ベータ" とご記入ください。

ベータ期間中の各ツールのアップデート版は、インテル® レジストレーションセンターからダウンロードいただけます。

インテル® Parallel Studio XE 2017 ベータ版の機能の詳細を知りたいですか?

インテル® ソフトウェア開発製品テクニカル・ウェビナー・シリーズの紹介ページ (英語) でウェビナーに登録し、また、過去のウェビナーをご覧いただけます。

インテル社のこちらのページ (英語) をご覧ください。 既知の問題のリストは、随時更新されます。

インテル® Parallel Studio XE を日本語環境で使用する際の注意点:
日本語環境でのご注意をご覧ください。

購入

技術情報

サポート