インテル® Trace Analyzer & Collector 2018 for Linux* リリースノート

本ページは、2017 年 4 月 11 日時点のインテル® Trace Analyzer & Collector 2018 for Linux* リリースノートの日本語訳です。 最新のリリースノートについては、Intel 社のウェブサイト (英語) をご覧ください。

インテル® Trace Analyzer & Collector は、MPI アプリケーションを解析する強力なツールです。次の 2 つの部分から構成されます。

  • インテル® Trace Collector は、実行時にアプリケーションのイベントベース・トレース機能を提供する、オーバーヘッドの極めて少ないトレース・ライブラリーです。MPI アプリケーションのシリアルまたは OpenMP* 領域のデータを収集して、カスタムセット関数をトレースできます。この製品は、完全にスレッドセーフで、MPI を使用しているかどうかにかかわらず、C/C++、FORTRAN、およびマルチスレッド・プロセスに統合します。また、MPI プログラミング・エラーとシステムエラーを確認します。

  • インテル® Trace Analyzer は、インテル® Trace Collector によって収集されたアプリケーションのアクティビティーを分析する便利な方法を提供する、GUI ベースのツールです。任意のレベルで詳細を表示し、パフォーマンスの hotspot とボトルネックを素早く識別して、原因を分析します。

テクニカルサポートを受けたり、製品のアップデート・モジュールを入手するには、製品を登録する必要があります。詳細は、「テクニカルサポート」セクションを参照してください。

インテル® Trace Analyzer & Collector 2018

  • OpenSHMEM* アプリケーションのサポートを追加。
  • MPI Performance Snapshot をインテル® Trace Analyzer & Collector から削除。別の製品として利用できます。詳細は、http://www.intel.com/performance-snapshot (英語) を参照してください。
  • macOS* のサポートを終了。
  • インテル® Xeon Phi™ コプロセッサー (開発コード名 Knights Corner) のサポートを終了。
  • インデックス付きトレースファイル (ITF) 形式のサポートを削除。
  • ドキュメントを製品パッケージから削除。オンラインで提供されます。

インテル® Trace Analyzer & Collector 2017 Update 4

  • GStreamer* 依存性を削除。

インテル® Trace Analyzer & Collector 2017 Update 3

  • 問題を修正。

インテル® Trace Analyzer & Collector 2017 Update 2

  • タイムラインの関数の色の選択を拡張。

インテル® Trace Analyzer & Collector 2017 Update 1

  • タイムラインのマウスホイールによる拡大のサポートを追加。
  • ITF 形式のサポートを非推奨に変更。

インテル® Trace Analyzer & Collector 2017

  • OTF2 から STF のコンバーター otf2-to-stf を追加 (プレビュー機能)。
  • MPI ロード・インバランスを収集する新しいライブラリー (libVTim) を追加。
  • 新しい API 関数 VT_registerprefixed を追加。
  • フレームワークのカスタムプラグインを削除。
  • すべての製品サンプルをオンライン (https://software.intel.com/en-us/product-code-samples) (英語) に移動。

主な機能

  • 高度な GUI: ユーザー・フレンドリーなインターフェイス、ハイレベルなスケーラビリティー、STF および OTF2 形式のトレースデータのサポート。
  • 集計とフィルタリング: 実行時の動作を関数別やプロセス別に詳細表示。
  • フェイルセーフ・トレース機能: デッドロック検出により、アプリケーションの強制終了に備えた機能が向上。
  • インテル® MPI ライブラリー・インターフェイス: MPI 内部状況のトレースと MPI-IO をサポート。
  • 正当性検証: 実行時に MPI エラーとシステムエラーをチェック (分散メモリーチェックを含む)。
  • ROMIO: MPI-2 規格準拠の並列ファイル I/O のサポートを拡張。
  • 比較機能: 2 つのトレースファイルや 2 つの領域 (1 つまたは 2 つのトレースファイル内) を並べて比較。
  • インテル® Trace Analyzer 向けのコマンドライン・インターフェイス。

ハードウェア要件

  • インテル® 64 アーキテクチャー・ベースのシステム:
    • インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー
    • インテル® Xeon® プロセッサー E5 v4 ファミリーを推奨
    • インテル® Xeon® プロセッサー E7 v3 ファミリーを推奨
    • 第 2 世代インテル® Xeon Phi™ プロセッサー (開発コード名 Knights Landing)
  • 1 コアあたり 1GB RAM (2GB 推奨)
  • 1GB のディスク空き容量


ソフトウェア要件

  • オペレーティング・システム:
    • Red Hat* Enterprise Linux* 6、7
    • Fedora* 23、24
    • CentOS* 6、7
    • SUSE* Linux* Enterprise Server 11、12
    • Ubuntu* 14.04 LTS、16.04 LTS
    • Debian* 7、8
  • MPI 実装:
    • インテル® MPI ライブラリー 5.0 以降
  • コンパイラー:
    • インテル® C++/ Fortran コンパイラー 15.0 以降 (OpenMP* のサポートに必要)
    • GNU*: C、C++、Fortran 77 3.3 以降、Fortran 95 4.4.0 以降
  • インテル® Trace Collector のスタティック・ライブラリーには、インテル® MPI ライブラリー 5.0 以降が必要です。
  • MPI_Comm_spawn 関数呼び出しを含む MPI アプリケーションのトレースはサポートしていません。
  • インテル® Trace Analyzer は、大量のファイルを同時に開くと未定義の状態になることがあります。
  • オブジェクト・ファイルからシンボル情報を破棄すると、インテル® Trace Analyzer でシンボル情報が正しく表示されないことがあります。
  • MPI 正当性検証は、インテル® MPI ライブラリーでのみ利用できます。
  • インテル® Trace Analyzer の GUI を開始するには、libpng 1.2.x (libpng12.so) が必要です。
  • インテル® Trace Analyzer & Collector は、-nounderscore オプションを指定してコンパイルされた Fortran アプリケーションまたはライブラリーをサポートしていません。関数名の最後の下線が 1 つまたは 2 つの関数のみサポートしています。詳細は、Fortran 命名規則 (https://gcc.gnu.org/onlinedocs/gcc-4.9.2/gfortran/Naming-conventions.html) (英語) を参照してください。

インテル® ソフトウェア開発製品には、購入日から 1 年間の Online Service Center (英語) でのプライオリティー・サポートが含まれます (インテル® ソフトウェア開発製品のプライオリティー・サポートは英語でのみ受け付けています)。


サポートを利用するには、インテル® ソフトウェア開発製品レジストレーション・センターで製品を登録する必要があります。製品が登録されていない場合、プライオリティー・サポートを受けることはできません。

本資料は、明示されているか否かにかかわらず、また禁反言によるとよらずにかかわらず、いかなる知的財産権のライセンスも許諾するものではありません。
インテルは、明示されているか否かにかかわらず、いかなる保証もいたしません。ここにいう保証には、商品適格性、特定目的への適合性、知的財産権の非侵害性への保証、およびインテル製品の性能、取引、使用から生じるいかなる保証を含みますが、これらに限定されるものではありません。
本資料には、開発中の製品、サービスおよびプロセスについての情報が含まれています。本資料に含まれる情報は予告なく変更されることがあります。最新の予測、スケジュール、仕様、ロードマップについては、インテルの担当者までお問い合わせください。
本資料で説明されている製品およびサービスには、不具合が含まれている可能性があり、公表されている仕様とは異なる動作をする場合があります。現在確認済みのエラッタについては、インテルまでお問い合わせください。
Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Core、Xeon、Intel Xeon Phi は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation の商標です。
* その他の社名、製品名などは、一般に各社の表示、商標または登録商標です。
© 2017 Intel Corporation.


コンパイラーの最適化に関する詳細は、最適化に関する注意事項を参照してください。