_mm256_addsub_pd

ベクトルの奇数の float64 要素を加算し、偶数の float64 要素を減算します。対応するインテル® AVX 命令は VADDSUBPD です。

構文

extern __m256d _mm256_addsub_pd(__m256d m1, __m256d m2);

引数

m1

演算に使用する float64 ベクトル

m2

演算に使用する float64 ベクトル

説明

1 つ目のソースベクトル m1 と 2 つ目のソースベクトル m2 の奇数のパックド倍精度浮動小数点要素 (float64 要素) の SIMD 加算を実行します。

同時に、1 つ目のソースベクトル m1 と 2 つ目のソースベクトル m2 の偶数のパックド倍精度浮動小数点要素 (float64 要素) の SIMD 減算を実行します。

戻り値

演算結果は、結果ベクトルに格納され、返されます。


このヘルプトピックについてのフィードバックを送信

© 1996-2010 Intel Corporation. 無断での引用、転載を禁じます。