インテル® C++ コンパイラー 14.0 ユーザー・リファレンス・ガイド

offload、Qoffload

オフロードのモードを指定します。または、オフロードの言語構造を無視するようにコンパイラーに指示します。このオプションは、インテル® MIC アーキテクチャーにのみ適用されます。/Qoffload- および /Qoffload:none オプションはインテル® グラフィックス・テクノロジーでも利用できます。

アーキテクチャーの制限

[Q]offload のキーワード mandatory および optional: インテル® MIC アーキテクチャー向けインテル® 64 アーキテクチャーでのみ利用できます。

/Qoffload- および /Qoffload:none: インテル® MIC アーキテクチャー向けインテル® 64 アーキテクチャーおよびインテル® グラフィックス・テクノロジー向け IA-32 アーキテクチャーでのみ利用できます。

構文

Linux*:

-offload[=keyword]

-no-offload

OS X*:

なし

Windows*:

/Qoffload[:keyword]

/Qoffload-

引数

keyword

オフロードのモードを指定します。または、オフロードを無効にします。設定可能な値は以下のとおりです。

none

オフロードの言語構造を無視するようにコンパイラーに指示します。 コンパイラーによって警告が発行されます。オプションの否定形と同じです。

mandatory

オフロードが必須であることを指定します。ターゲットが利用できない場合、次のいずれかが発生します。

  • offload プラグマstatus 節が指定されていない場合、プログラムは実行に失敗してエラーメッセージを出力します。

  • STATUS 節が指定された場合、プログラムは CPU で実行を継続します。

optional

オフロードがオプションであることを指定します。ターゲットが利用できない場合、プログラムはターゲットではなく CPU で実行されます。

デフォルト

mandatory

コンパイラーはオフロード言語構造を認識します。[Q]offload オプションが keyword なしで指定された場合、デフォルトは mandatory です。

説明

このオプションは、オフロードのモードを指定します。または、オフロードの言語構造を無視するようにコンパイラーに指示します。

インテル® グラフィックス・テクノロジーでは、オフロードの言語構造を無視するようにコンパイラーに指示する /Qoffload- または /Qoffload:none オプションのみ指定できます。 デフォルトでは、インテル® グラフィックス・テクノロジーのオフロードは optional です。

コマンドラインで [Q]offload オプションが指定されていない場合、offload プラグマが処理されます。

コマンドラインで次のいずれかのオプションが指定された場合、offload プラグマは無視されます。

ただし、[Q]openmp オプションが指定された場合、offload プラグマが認識されるか無視されるかに関係なく、コプロセッサー制御用の OpenMP* プラグマ (例えば omp target) が認識されます。

[Q]offloadkeyword mandatory または optional が指定された場合、offload プラグマが処理されます。

offload プラグマstatus 節が指定された場合、ランタイムの動作に影響を与えます。

IDE オプション

Windows*: [Code Generation (コード生成)] > [Offload Constructs (オフロード構造)] (VS 2008)

[Code Generation [Intel C++] (コード生成 [インテル® C++])] > [Offload Constructs (オフロード構造)] (VS 2010/VS 2012)

Linux*: [Language (言語)] > [Generate Only CPU code (CPU コードのみ生成)] (-no-offload)

OS X*: なし

代替オプション

なし

関連情報


このヘルプトピックについてのフィードバックを送信