インテル® C++ コンパイラー 14.0 ユーザー・リファレンス・ガイド

arch

生成する命令セットを含む、ターゲット機能をコンパイラーに指示します。

アーキテクチャーの制限

インテル® MIC アーキテクチャー向けのインテル® 64 アーキテクチャーおよびインテル® グラフィックス・テクノロジー向けの IA-32 アーキテクチャーでは利用できません。

構文

Linux* および OS X*:

なし

Windows*:

/arch:code

引数

code

生成する命令セットを含む、ターゲット機能セットをコンパイラーに指示します。次の説明の多くは、インテル® ストリーミング SIMD 拡張命令 (インテル® SSE) および SSE 補足命令 (SSSE) についてです。設定可能な値は以下のとおりです。

CORE-AVX2

インテル® アドバンスト・ベクトル・エクステンション 2 (インテル® AVX2)、インテル® AVX、SSE4.2、SSE4.1、SSSE3、SSE3、SSE2、SSE 命令を生成します。

CORE-AVX-I

Float-16 変換命令および RDRND 命令、インテル® AVX、SSE4.2、SSE4.1、SSSE3、SSE3、SSE2、SSE 命令を生成します。

AVX

インテル® AVX、SSE4.2、SSE4.1、SSSE3、SSE3、SSE2、SSE 命令を生成します。

SSE4.2

インテル® SSE4.2、SSE4.1、SSSE3、SSE3、SSE2、SSE 命令を生成します。

SSE4.1

インテル® SSE4.1、SSSE3、SSE3、SSE2、SSE 命令を生成します。

SSSE3

インテル® SSSE3、SSE3、SSE2、SSE 命令を生成します。

SSE3

インテル® SSE3、SSE2、SSE 命令を生成します。

SSE2

インテル® SSE2 および SSE 命令を生成します。

SSE

これは古いオプション (非推奨) です。IA32 を指定した場合と同じです。

IA32

IA-32 アーキテクチャーと互換性のある x86/x87 汎用コードを生成します。デフォルト、および以前に設定された拡張命令設定を無効にします。また、機能固有の最適化と命令をすべて無効にします。この値は、IA-32 アーキテクチャー・ベースでのみ利用できます。

デフォルト

SSE2

インテル® SSE2 および SSE 命令を生成します。

説明

このオプションは、生成する命令セットを含む、ターゲット機能をコンパイラーに指示します。

これらのオプションで生成されたコードは、対応する命令セットがサポートされている互換性のあるインテル以外のプロセッサーで動作します。

/arch オプションと /Qx オプションは互いに排他的であり、同時に両方を指定することはできません。両方指定すると、コンパイラーは後に指定されたオプションを使用し、警告を発行します。

/Qax オプションと /arch オプションの両方を指定すると、コンパイラーはインテル固有の命令を生成しません。

IDE オプション

Windows*: [Code Generation (コード生成)] > [Enable Enhanced Instruction Set (拡張命令セットを有効にする)]

Linux*: なし

OS X*: なし

代替オプション

Linux* および OS X*: -m

Windows*: なし

関連情報


このヘルプトピックについてのフィードバックを送信