インテル® C++ コンパイラー 14.0 ユーザー・リファレンス・ガイド

minstruction、Qinstruction

特定のインテル® プロセッサー向けの MOVBE 命令を生成するかどうかを指定します。

アーキテクチャーの制限

インテル® MIC アーキテクチャー向けのインテル® 64 アーキテクチャーおよびインテル® グラフィックス・テクノロジー向けの IA-32 アーキテクチャーでは利用できません。

構文

Linux* および OS X*:

-minstruction=[no]movbe

Windows*:

/Qinstruction:[no]movbe

引数

なし

デフォルト

–minstruction=nomovbe
または /Qinstruction:nomovbe

インテル® Atom™ プロセッサー向けの MOVBE 命令を生成しません。

説明

このオプションは、インテル® Atom™ プロセッサー向けの MOVBE 命令を生成するかどうかを指定します。このオプションを使用するには、[Q]xATOM_SSSE3 オプションまたは [Q]xATOM_SSE4.2 オプションも指定する必要があります。

-minstruction=movbe または /Qinstruction:movbe を指定する場合:

-minstruction=nomovbe または /Qinstruction:nomovbe を指定する場合:

IDE オプション

なし

代替オプション

なし

関連情報


このヘルプトピックについてのフィードバックを送信