インテル® C++ コンパイラー 14.0 ユーザー・リファレンス・ガイド

xHost、QxHost

コンパイルを行うホスト・プロセッサーで利用可能な最上位の命令セット向けのコードを生成するようにコンパイラーに指示します。

アーキテクチャーの制限

インテル® MIC アーキテクチャー向けのインテル® 64 アーキテクチャーおよびインテル® グラフィックス・テクノロジー向けの IA-32 アーキテクチャーでは利用できません。

構文

Linux* および OS X*:

-xHost

Windows*:

/QxHost

引数

なし

デフォルト

Windows* システム: なし
Linux* システム: なし
IA-32 アーキテクチャー・ベースの OS X* システム: -xSSE3
インテル® 64 アーキテクチャー・ベースの OS X* システム: -xSSSE3

Windows* システムでは、/Qx/arch のどちらも指定されない場合、デフォルトは /arch:SSE2 です。

Linux* システムでは、-x-m のどちらも指定されていない場合、デフォルトは -msse2 です。

説明

このオプションは、コンパイルを行うホスト・プロセッサーで利用可能な最上位の命令セット向けのコードを生成するようにコンパイラーに指示します。

このコンパイラー・オプションで生成される命令は、コンパイルを行うホスト・プロセッサーによって異なります。

次の表は、[Q]xHost オプションを指定した場合の効果と、出力される実行ファイルがホスト・プロセッサーとは異なるプロセッサーで実行できるかどうかを示します。

表の説明は、インテル® アドバンスト・ベクトル・エクステンション 2 (インテル® AVX2)、インテル® AVX、インテル® ストリーミング SIMD 拡張命令 (インテル® SSE)、SSE 補足命令 (SSSE) についてです。

ホスト・プロセッサーの命令セット

-xHost または /QxHost コンパイラー・オプションが指定された場合の効果

インテル® AVX2

インテル® プロセッサー上でコンパイルする場合:

[Q]xCORE-AVX2 に相当します。生成された実行ファイルは、インテル以外のプロセッサーと、インテル® AVX2 命令をサポートしていないインテル® プロセッサー上では動作しません。

インテル以外のプロセッサー上でコンパイルする場合:

-march=core-avx2 オプション (Linux* および OS X*) または /arch:CORE-AVX2 オプション (Windows*) に相当します。生成された実行ファイルは、インテル® AVX2 命令以上をサポートするインテル® プロセッサーおよびインテル以外のプロセッサーで動作します。 インテル® AVX2 命令をサポートしていないランタイム・プロセッサーでは、ランタイムエラーが発生することがあります。

インテル® AVX

インテル® プロセッサー上でコンパイルする場合:

[Q]xAVX に相当します。生成された実行ファイルは、インテル以外のプロセッサーと、インテル® AVX 命令をサポートしていないインテル® プロセッサー上では動作しません。

インテル以外のプロセッサー上でコンパイルする場合:

-mavx オプション (Linux* および OS X*) または /arch:AVX オプション (Windows*) に相当します。生成された実行ファイルは、インテル® AVX 命令以上をサポートするインテル® プロセッサーおよびインテル以外のプロセッサーで動作します。 インテル® AVX 命令をサポートしていないランタイム・プロセッサーでは、ランタイムエラーが発生することがあります。

インテル® SSE4.2

インテル® プロセッサー上でコンパイルする場合:

[Q]xSSE4.2 に相当します。生成された実行ファイルは、インテル以外のプロセッサーと、インテル® SSE4.2 命令をサポートしていないインテル® プロセッサー上では動作しません。

インテル以外のプロセッサー上でコンパイルする場合:

-msse4.2 オプション (Linux* および OS X*) または /arch:SSE4.2 オプション (Windows*) に相当します。 生成された実行ファイルは、インテル® SSE4.2 命令以上をサポートするインテル® プロセッサーおよびインテル以外のプロセッサーで動作します。 インテル® SSE4.2 命令をサポートしていないランタイム・プロセッサーでは、ランタイムエラーが発生することがあります。

インテル® SSE4.1

インテル® プロセッサー上でコンパイルする場合:

[Q]xSSE4.1 に相当します。生成された実行ファイルは、インテル以外のプロセッサーと、インテル® SSE4.1 命令をサポートしていないインテル® プロセッサー上では動作しません。

インテル以外のプロセッサー上でコンパイルする場合:

-msse4.1 オプション (Linux* および OS X*) または /arch:SSE4.1 オプション (Windows*) に相当します。 生成された実行ファイルは、インテル® SSE4.1 命令以上をサポートするインテル® プロセッサーおよびインテル以外のプロセッサーで動作します。 インテル® SSE4.1 命令をサポートしていないランタイム・プロセッサーでは、ランタイムエラーが発生することがあります。

インテル® SSSE3

インテル® プロセッサー上でコンパイルする場合:

[Q]xSSSE3 に相当します。生成された実行ファイルは、インテル以外のプロセッサーと、インテル® SSSE3 命令をサポートしていないインテル® プロセッサー上では動作しません。

インテル以外のプロセッサー上でコンパイルする場合:

-mssse3 オプション (Linux* および OS X*) または /arch:SSSE3 オプション (Windows*) に相当します。 生成された実行ファイルは、インテル® SSSE3 命令以上をサポートするインテル® プロセッサーおよびインテル以外のプロセッサーで動作します。 インテル® SSSE3 命令をサポートしていないランタイム・プロセッサーでは、ランタイムエラーが発生することがあります。

インテル® SSE3

インテル® プロセッサー上でコンパイルする場合:

[Q]xSSE3 に相当します。生成された実行ファイルは、インテル以外のプロセッサーと、インテル® SSE3 命令をサポートしていないインテル® プロセッサー上では動作しません。

インテル以外のプロセッサー上でコンパイルする場合:

-msse3 オプション (Linux* および OS X*) または /arch:SSE3 オプション (Windows*) に相当します。 生成された実行ファイルは、インテル® SSE3 命令以上をサポートするインテル® プロセッサーおよびインテル以外のプロセッサーで動作します。 インテル® SSE3 命令をサポートしていないランタイム・プロセッサーでは、ランタイムエラーの警告が発生することがあります。

インテル® SSE2

インテル® プロセッサーまたはインテル以外のプロセッサー上でコンパイルする場合:

-msse2 (Linux* および OS X*) または /arch:SSE2 (Windows*) に相当します。 生成された実行ファイルは、インテル® SSE2 命令以上をサポートするインテル® プロセッサーおよびインテル以外のプロセッサーで動作します。 インテル® SSE2 命令をサポートしていないランタイム・プロセッサーでは、ランタイムエラーが発生することがあります。

[Q]x オプションの詳細は、オプションの説明を参照してください。

最適化に関する注意事項

インテル® コンパイラーは、互換マイクロプロセッサー向けには、インテル製マイクロプロセッサー向けと同等レベルの最適化が行われない可能性があります。これには、インテル® ストリーミング SIMD 拡張命令 2 (インテル® SSE2)、インテル® ストリーミング SIMD 拡張命令 3 (インテル® SSE3)、ストリーミング SIMD 拡張命令 3 補足命令 (SSSE3) 命令セットに関連する最適化およびその他の最適化が含まれます。インテルでは、インテル製ではないマイクロプロセッサーに対して、最適化の提供、機能、効果を保証していません。本製品のマイクロプロセッサー固有の最適化は、インテル製マイクロプロセッサーでの使用を目的としています。インテル® マイクロアーキテクチャーに非固有の特定の最適化は、インテル製マイクロプロセッサー向けに予約されています。この注意事項の適用対象である特定の命令セットの詳細は、該当する製品のユーザー・リファレンス・ガイドを参照してください。

改訂 #20110804

IDE オプション

Windows*: [Optimization (最適化)] > [Use Intel® Processor Extensions (指定された命令セットの専用コード生成)]

Linux*: [Optimization (最適化)] > [Use Intel® Processor Extensions (指定された命令セットの専用コード生成)]

OS X*: [Optimization (最適化)] > [Use Intel® Processor Extensions (指定された命令セットの専用コード生成)]

代替オプション

なし

関連情報


このヘルプトピックについてのフィードバックを送信