インテル® C++ コンパイラー 14.0 ユーザー・リファレンス・ガイド

march

特定の機能をサポートするプロセッサー専用のコードを生成するようにコンパイラーに指示します。

アーキテクチャーの制限

インテル® MIC アーキテクチャー向けインテル® 64 アーキテクチャーでは利用できません。

構文

Linux* および OS X*:

-march=processor

Windows*:

なし

引数

processor

生成するコードをコンパイラーに指示します。設定可能な値は以下のとおりです。

generic

コンパイラーのデフォルト動作をサポートするコードが生成されます。

core-avx2

インテル® アドバンスト・ベクトル・エクステンション 2 (インテル® AVX2)、インテル® AVX、SSE4.2、SSE4.1、SSSE3、SSE3、SSE2、SSE 命令をサポートするプロセッサー向けのコードを生成します。

core-avx-i

Float-16 変換命令および RDRND 命令、インテル® AVX、SSE4.2、SSE4.1、SSSE3、SSE3、SSE2、SSE 命令をサポートするプロセッサー向けのコードを生成します。

corei7-avx

インテル® アドバンスト・ベクトル・エクステンション (インテル® AVX)、インテル® SSE4.2、SSE4.1、SSSE3、SSE3、SSE2、SSE 命令をサポートするプロセッサー向けのコードを生成します。

corei7

インテル® SSE4 高効率および高速な文字列処理命令をサポートするプロセッサー向けのコードを生成します。インテル® SSE4 ベクトル化コンパイラー命令およびメディア・アクセラレーター命令、インテル® SSSE3、SSE3、SSE2、SSE 命令をサポートするプロセッサー向けのコードも生成します。

atom

-minstruction オプション (Linux* および OS X*) または /Qinstruction オプション (Windows*) の設定に応じて、MOVBE 命令をサポートするプロセッサー向けのコードを生成します。インテル® SSSE3、SSE3、SSE2、SSE 命令をサポートするプロセッサー向けのコードも生成します。

core2

インテル® Core™2 プロセッサー・ファミリー向けのコードを生成します。

pentium-mmx

MMX® テクノロジー インテル® Pentium® プロセッサー向けのコードを生成します。

pentiumpro

インテル® Pentium® Pro プロセッサー、インテル® Pentium® II プロセッサー、およびインテル® Pentium® III プロセッサー向けのコードを生成します。

pentium4m

MMX® テクノロジー インテル® Pentium® 4 プロセッサー向けのコードを生成します。

pentium-m
pentium4
pentium3
pentium

インテル® Pentium® プロセッサー向けのコードを生成します。pentium3 は、Linux* でのみ利用できます。

デフォルト

pentium4

アーキテクチャー・オプションが指定されない場合、コンパイラーは pentium4 でコードを生成します。

説明

このオプションは、特定の機能をサポートするプロセッサー専用のコードを生成するようにコンパイラーに指示します。

-ax オプションと -march オプションの両方を指定すると、コンパイラーはインテル固有の命令を生成しません。

-march=pentium4 を指定すると -mtune=pentium4 が設定されます。

互換性のために、以前の processor の値もサポートされますが、生成されるコードはデフォルトと同じです。

最適化に関する注意事項

インテル® コンパイラーは、互換マイクロプロセッサー向けには、インテル製マイクロプロセッサー向けと同等レベルの最適化が行われない可能性があります。これには、インテル® ストリーミング SIMD 拡張命令 2 (インテル® SSE2)、インテル® ストリーミング SIMD 拡張命令 3 (インテル® SSE3)、ストリーミング SIMD 拡張命令 3 補足命令 (SSSE3) 命令セットに関連する最適化およびその他の最適化が含まれます。インテルでは、インテル製ではないマイクロプロセッサーに対して、最適化の提供、機能、効果を保証していません。本製品のマイクロプロセッサー固有の最適化は、インテル製マイクロプロセッサーでの使用を目的としています。インテル® マイクロアーキテクチャーに非固有の特定の最適化は、インテル製マイクロプロセッサー向けに予約されています。この注意事項の適用対象である特定の命令セットの詳細は、該当する製品のユーザー・リファレンス・ガイドを参照してください。

改訂 #20110804

IDE オプション

なし

代替オプション

-march=pentium3

Linux*: -xSSE

OS X*: なし

Windows*: なし

-march=pentium4
-march=pentium-m

Linux*: -xSSE2

OS X*: なし

Windows*: なし

-march=core2

Linux*: -xSSSE3

OS X*: なし

Windows*: なし

関連情報


このヘルプトピックについてのフィードバックを送信