インテル® C++ コンパイラー 16.0 ユーザー・リファレンス・ガイド

_mm256_srli_epi16/32/64

ワード/ダブルワード/クワッドワード要素に対して指定したビット数分だけ右へ論理シフトを実行します。対応するインテル® AVX2 命令は VPSRLWVPSRLD、または VPSRLQ です。

構文

extern __m256i _mm256_srli_epi16(__m256i s1, int count);

extern __m256i _mm256_srli_epi32(__m256i s1, int count);

extern __m256i _mm256_srli_epi64(__m256i s1, int count);

引数

s1

演算に使用する整数ソースベクトル。

count

演算に使用する 8 ビットの即値。

説明

ソースベクトル s1 の各データ要素 (16 ビットのワード、32 ビットのダブルワード、または 64 ビットのクワッドワード) に対して、count で指定されているビット数分だけ右へ論理シフトを実行します。空になった下位のビットはクリア (すべて '0' に設定) されます。count の値が (使用する組込み関数に応じて) 15/31/63 よりも大きい場合、デスティネーション・ベクトルはすべて '0' に設定されます。count 引数は 8 ビットの即値です。

戻り値

右シフト演算の結果。