インテル® C++ コンパイラー 16.0 ユーザー・リファレンス・ガイド

_mm256_cmpeq_epi8/16/32/64

2 つのソースベクトルのパックドバイト/ワード/ダブルワード/クワッドワードを比較します。対応するインテル® AVX2 命令は VPCMPEQBVPCMPEQWVPCMPEQD、または VPCMPEQQ です。

構文

extern __m256i _mm256_cmpeq_epi8(__m256i s1, __m256i s2);

extern __m256i _mm256_cmpeq_epi16(__m256i s1, __m256i s2);

extern __m256i _mm256_cmpeq_epi32(__m256i s1, __m256i s2);

extern __m256i _mm256_cmpeq_epi64(__m256i s1, __m256i s2);

引数

s1

演算に使用する整数ソースベクトル。

s2

演算に使用する整数ソースベクトル。

説明

ソースベクトル s1s2 のパックドバイト/ワード/ダブルワード/クワッドワードが等しいかどうかの SIMD 比較を行います。データ要素のペアが等しい場合、デスティネーション・ベクトルの対応する要素はすべて 1 に設定されます。データ要素のペアが等しくない場合、デスティネーション・ベクトルの対応する要素は 0 に設定されます。

戻り値

等しいかどうかの比較結果が格納されたデスティネーション・ベクトル。