インテル® oneAPI ベース & IoT ツールキット

ベース・ツールキットの機能に加え、カスタム Linux* カーネルを開発し、センサーとデバイスを素早く接続するための IoT 開発ツールが含まれています。
関連情報
[お知らせ一覧]

ネットワークのエッジで動作するソリューションの開発を加速する

統一されたクロスアーキテクチャー・プログラミング・モデル oneAPI

インテル® oneAPI ベース & IoT ツールキットは、ヘルスケア、スマートホーム、産業、リテール、航空宇宙、セキュリティーなど、 グローバルな IoT エッジ・イノベーションにビッグデータ・テクノロジーの技術を取り入れようとしている開発者向けに作られています。 ビルド、解析ツールやライブラリーが強化されており、CPU、GPU、FPGA、その他のアクセラレーター・アーキテクチャーでのシステム設計、開発、展開を支援します。

近年の IoT エッジ・ワークロードは非常に多様化しており、その上で動作するアーキテクチャーも多様化しています。 すべてのワークロードに最適な単一のアーキテクチャーはありません。このツールキットを使用するメリットは以下の通りです。

  • インテルの CPU、GPU、FPGA の各アーキテクチャーでのシステム設計、開発、導入を支援するビルドおよび解析ツールとライブラリーの強化
  • ソフトウェア・スタック全体の統合の高速化、パフォーマンスと電力効率の最適化、市場投入までの時間の短縮
  • OpenMP* やインテル® oneAPI スレッディング・ビルディング・ブロックなどのインテルのパフォーマンス・ライブラリーや並列プログラミング・モデルとの統合
  • 一般的なコンパイラー、開発環境、OS とのシームレスな互換性を実現
  • デザインサイクルの初期段階でのスレッド、メモリー、永続的なメモリーのデバッグ
  • 電力関連指標やハードウェア固有の最適化を含む、システムの動作解析
  • センサーとデバイス、デバイスとクラウドを結びつけるコネクティビティ・ツールとライブラリー
詳細・新機能 技術情報

インテル® oneAPI は、開発用途に合わせて 4 つのツールキットをご用意しています。

ベース・ツールキット データ並列 C++ コンパイラーとパフォーマンス・ライブラリー
ベース & HPC ツールキット ベース・ツールキット + C/C++、Fortran コンパイラー & MPI 開発ツール
ベース & IoT ツールキット ベース・ツールキット + IoT 開発ツール
ベース & レンダリング・ツールキット ベース・ツールキット + レンダリング・ツール

ライセンス

特定ユーザーライセンス、コンカレント・ライセンスが提供されています。
ライセンス規定の詳細はライセンスページを参照ください。

特定ユーザーライセンス

特定の一個人に製品を使用する許可を与えます。

コンカレント・ライセンス

購入ライセンスで指定される数までのユーザーに製品を使用する許可を与えます。

ライセンス詳細

ツールキット

お客様の用途に応じて、4 種類のツールキットからお選びいただけます。

ベース・ツールキット

データ並列 C++ コンパイラーとパフォーマンス・ライブラリー

1 つのプログラミング・モデルで複数のアーキテクチャー (CPU、GPU、FPGA) にわたって高いパフォーマンスを発揮できるコードの開発を支援します。

ベース & HPC ツールキット

ベース・ツールキット + C/C++、Fortran コンパイラー & MPI 開発ツール

C/C++、Fortran コンパイラーと MPI 開発ツールにより、CPU およびアクセラレーターまたはそれらのクラスターへ最適化された HPC アプリケーションの開発を支援します。

ベース & IoT ツールキット

ベース・ツールキット + IoT 開発ツール

さまざまな IoT 開発ツールにより、スマートなコネクテッド・デバイスを構成する優れた IoT アプリケーションの開発を支援します。

ベース & レンダリング・ツールキット

ベース・ツールキット + レンダリング・ツール

さまざまなレンダリング・ツールにより、優れたビジュアライゼーション・アプリケーションやソリューションの開発を支援します。

インテル®oneAPI ベース & HPC ツールキット、およびインテル®oneAPI ベース & レンダリング・ツールキットでは、ターゲット・プラットフォームのメモリーシステムの種類により、シングルノードとマルチノードの 2 つの製品が提供されます。
  • シングルノード: PC、ラップトップ、ワークステーションを含む共有メモリーシステムのターゲット・プラットフォーム向け
  • マルチノード: PC、ラップトップ、ワークステーションを含む共有メモリーシステムに加え、HPC クラスターやレンダーファームを含む分散メモリーシステムのターゲット・プラットフォーム向け
アプリケーションを作成してクラスターシステムなどの分散メモリーシステムで実行する場合は、シングルノードではなく、マルチノードをご利用ください。

ツールキット詳細

インテル® ソフトウェア開発製品の新旧製品名称の一覧

一覧

製品 ツールキット ライセンス
インテル® oneAPI ベース・ツールキット 特 / コ
ベース & HPC ツールキット 特 / コ
ベース & IoT ツールキット 特 / コ
ベース & レンダリング・ツールキット 特 / コ
  • 特: 特定ユーザーライセンスコ: コンカレント・ライセンス
  • インテル® oneAPI 製品には、対応 OS およびプログラミング言語による製品分類はありません。各ツールキットおよびそのコンポーネントごとでサポートされるすべての OS とプログラミング言語を利用できます。

バージョン 2021 の機能

主に以下の機能をご利用いただけます。詳細は、リリースノートおよびインテル社公開の情報 を参照ください。
同梱ライブラリー、ツールの新機能については各製品ページを参照ください。

  • DPC++ ランタイム、データコレクター、ライブラリー等を Yocto Project* の Linux カーネルに簡単に統合できる新しい Yocto Project* レイヤーを提供 (2021.3)

  • コンパイラーとパフォーマンス・ライブラリーにおけるインテル® プロセッサーの最適化や、継続的な CPU パフォーマンスの向上を提供 (2021.3)

  • インテル® Inspector

    • CPU ターゲットのデータ並列 C++ や OpenMP* コードのスレッディング・エラーやメモリーエラーを検出し、デバッグすることができます。(2021.2)
    • 機能およびセキュリティーの更新を含む最新バージョンのサードパーティー・コンポーネントをサポート (2021.3)
    • Windows* 10 21H1 のサポートを有効化 (2021.3)
  • IL0 19.2 コンパイラーのバグ修正と新しい OS サポートを追加 (2021.1)

  • インストール (2021.1)

    • Linux* 用の oneAPI ランタイム・ライブラリーを含む、ランタイムパッケージのサポートを追加
    • Conda、PIP、Nuget のサポートを追加

※ 2021.2 リリースを YUM、DNF、または Zypper パッケージ・マネージャーでインストールした場合、2021.1 リリースとの競合問題が発生します。2021.2 リリースをインストールする前に、2021.1 リリースを削除してください。両方のリリースを並行してインストールするには、ウェブ配信をご利用ください。 パッケージ・マネージャーによるインストールはインストール・ガイド (英語) をご参照ください。

インテル® oneAPI

ベース・ツールキット
(旧製品: インテル® VTune™ プロファイラー、インテル® DAAL、インテル® MKL、インテル® IPP、インテル® TBB、インテル® System Studio for FreeBSD)
ベース & HPC ツールキット ベース & IoT ツールキット
(旧製品: インテル® System Studio)
ベース & レンダリング・ツールキット
シングルノード
(旧製品: インテル® Parallel Studio XE Composer Edition、Professional Edition)
マルチノード ※2
(旧製品: インテル® Parallel Studio XE Cluster Edition)
シングルノード マルチノード ※2
インテル® oneAPI DPC++/C++ コンパイラー
インテル® DPC++ 互換性ツール
インテル® ディストリビューション for Python*
インテル® oneAPI ベース・ツールキット用インテル FPGA アドオン
インテル® oneAPI DPC++ ライブラリー
インテル® oneMKL
数値演算ライブラリー
インテル® oneDAL
データ解析ライブラリー
インテル® oneTBB
マルチスレッド・ライブラリー
インテル® oneVPL
ビデオ処理ライブラリー
インテル® oneCCL
コレクティブ・コミュニケーション・ライブラリー
インテル® oneDNN
ディープ・ニューラル・ネットワーク・ライブラリー
インテル® IPP
画像処理ライブラリー
インテル® VTune™ プロファイラー
パフォーマンス分析ツール
インテル® Advisor
並列化アドバイスツール
インテル® ディストリビューション for GDB
システム全体のデバッグツール
インテル® C++ コンパイラー・クラシック
ベータ版インテル® Fortran コンパイラー
インテル® (Visual) Fortran コンパイラー・クラシック
インテル® Cluster Checker
クラスター診断エキスパート・システム
インテル® Inspector
エラー検出ツール
インテル® MPI ライブラリー
メッセージ・パッシング・ライブラリー
インテル® Trace Analyzer & Collector
MPI アプリケーションのパフォーマンス分析ツール
Eclipse* IDE
Linux カーネル・ビルド・ツール
IoT 接続ツール
インテル® Embree
インテル® OSPRay
インテル® Open Image Denoise
インテル® オープン・ボリューム・カーネル・ライブラリー
インテル® OpenSWR
取り扱い OS 環境 ※1 W / L W / L / M W / L W / L W / L W / L
※1 W: Windows* (Visual Studio*)L: Linux* (GNU*)M: macOS* (XCode*)
※1 対応動作環境の詳細は各製品のリリースノートを参照してください
※1 macOS* については、一部製品のみにて対応しています
※2 インテル®oneAPI ベース & HPC ツールキット、およびインテル®oneAPI ベース & レンダリング・ツールキットでは、ターゲット・プラットフォームのメモリーシステムの種類により、シングルノードとマルチノードの 2 つの製品が提供されます。
  • シングルノード: PC、ラップトップ、ワークステーションを含む共有メモリーシステムのターゲット・プラットフォーム向け
  • マルチノード: PC、ラップトップ、ワークステーションを含む共有メモリーシステムに加え、HPC クラスターやレンダーファームを含む分散メモリーシステムのターゲット・プラットフォーム向け
アプリケーションを作成してクラスターシステムなどの分散メモリーシステムで実行する場合は、シングルノードではなく、マルチノードをご利用ください。

» 一覧を別ウィンドウで表示

スマート・コネクテッド・デバイス開発のためのコンパイラー、
高度な接続ツール、Linux* カーネル・ビルド・ツール

ベース・ツールキットの機能に加え、カスタム Linux* カーネルを開発し、センサーとデバイスを素早く接続するための IoT 開発ツールが含まれています。


インテル® C/C++ コンパイラー・クラシック

最新のインテル® プラットフォーム上で最新の言語標準規格 (C++17 ドラフトまで) を実装します。開発者は、優れた最適化と SIMD ベクトル化、インテル® パフォーマンス・ライブラリーとの統合、最新の OpenMP* 5.0 並列プログラミング・モデルの活用により、アプリケーションのパフォーマンスを向上できます。

主要な開発環境とのシームレスな統合により、開発者の生産性を高めます。Visual C++* コンパイラーおよび GNU* C コンパイラーとソース互換です。

拡張された最適化レポートとインテル® VTune™ プロファイラーおよびインテル® Advisor の統合により、開発者はコードのプロファイルを制御できます。

詳細

インテル® Inspector

インテル® Inspector は、C、C++、Fortran アプリケーションのメモリーリーク、異常、デッドロック、データ競合などを特定してデバッグできます。

特別なコンパイラーや再コンパイルは必要ありません。通常のビルドを利用できます。ヒープ拡張解析とデバッガー・ブレークポイントは、発見が困難な問題の診断を単純化し、修正コストが少なくて済む開発サイクルの早期に発見できるようにします。

エラーが発生する状況にならなかった場合でも、実行されたコードパスの潜在的なエラーや、断続的および非決定的なエラーを発見します。

詳細


Eclipse* IDE

Linux* での開発やデバッグ作業を効率化する、カスタマイズ済みの統合開発環境が含まれます。

Linux* カーネル・ビルド・ツール

Yocto Project* ベースのカスタム Linux* の作成とカスタマイズをサポートします。

IoT 接続ツール

センサーとデバイス、 デバイスとクラウドをつなぎます。

本ページに、ドキュメント一覧が表示されない場合は、ご利用のブラウザの JavaScript を ON にしていただくか、 こちらのドキュメント・ページをご覧ください。
インテル® コンパイラー・クラシックの仕様/動作環境については、こちらをご確認ください。

オペレーティング・システム

以下のディストリビューションは、大半のコンポーネントでサポートされています。

ホスト OS

Linux*

  • Ubuntu* 20.04、19.10、18.04 LTS
  • Fedora* 31
    ※ インテル® Inspector は、Fedora* 27、28、29 のみをサポートしています。
  • Red Hat* Enterprise Linux* (RHEL) 7.x、8.x
  • SUSE* Linux* Enterprise Server 15 SP1
  • CentOS* 8

※ OpenMP* オフロード

  • Ubuntu* 18.04 x64
  • RHEL 8.0

Windows*

  • Microsoft* Windows* 10
  • Microsoft* Windows Server* 2016、2019
ターゲット OS

Linux*

  • Yocto Project* 3.x、2.8、2.7
  • Ubuntu* 18.04 LTS
  • Red Hat* Enterprise Linux* 7.x、8.x
  • Wind River* Linux* LTS 19
  • CentOS* 8.x、7.6
  • SUSE* Linux* Enterprise Server 15 SP1

Windows*

  • Microsoft* Windows* 10
  • Microsoft* Windows Server* 2016、2019

各コンポーネントの必要容量


コンポーネント 最低限の RAM 推奨される RAM ディスク容量
インテル® C++ コンパイラー 1 GB 2 GB
  • ホスト
    • 全機能で 4 GB
  • ターゲット
    • 13 MB (IA-32 アーキテクチャー)
    • 15 MB (インテル® 64 アーキテクチャー)
インテル® Inspector 2 GB 4 GB 350 MB
Linux* カーネル・ビルド・ツール 30 MB 4 GB 1 GB
IoT 接続ツール 15 MB 4 GB 1 GB

ターゲット・ハードウェア・プラットフォーム


CPU プロセッサー
  • Intel Atom® プロセッサー Z5xx、N4xx、N5xx、D5xx、E6xx、N2xxx、D2xxx、E3xxx、Z2xxx、Z3xxx、C2xxx、
  • Intel Atom® プロセッサー CE4xxx、CE53xx
  • インテル® Puma™ 6 メディア・ゲートウェイ (MG) を搭載したモデル
  • Intel Atom® プロセッサー X シリーズ Cxxx、Exxx、Zxxx
  • インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー・ファミリー
開発プラットフォーム
  • 第 2、第 3、第 4、第 5、第 6、第 7、または第 8 世代のインテル® Core™ プロセッサー
  • 第 2、第 3、第 4、第 5、第 6、または第 7 世代のインテル® Xeon® プロセッサー
メモリー
  • 8 GB 以上の RAM

ソフトウェア要件


   
インテル® C++ コンパイラー
Linux*
  • GNU* コンパイラー・コレクション (GCC) バージョン 4.8 - 8.x
  • GCC バージョン 5.5 以降の -qnextgen
  • Binutils バージョン 2.20 - 2.31
OpenMP* オフロード
  • GCC バージョン 5.5 以降
  • OpenCL™ ドライバー (インテル® oneAPI ベース・ツールキットと依存ファイルがすでにインストールされている場合は、別途インストールする必要はありません。) 詳細については、「インテル® oneAPI HPC ツールキットのシステム要件 (英語)」を参照してください。
Eclipse*

一部のインテル® oneAPI ツールキットには、Eclipse* IDE for C/C++ Developers パッケージ (通称 Eclipse* CDT) が 必要な Eclipse* プラグインが含まれています。このプラグインは、ツールキットがリリースされる 1 か月前の時点で過去にリリースされていた 2 つの Eclipse* のバージョンをサポートしています。例として 2021.2 バージョンのツールキットは、 Eclipse* CDT のバージョン 2020-09 と 2020-12 をサポートしていました。 最新版の Eclipse* IDE for C/C++ Developers のインストール・パッケージにつきましては、こちら (英語) をご覧ください。

Cmake

このアプリケーションは、ほとんどのサンプルを作成する際に必要です。インストールとセットアップの手順については、「入門ガイド (英語)」をご覧ください。

サンプルブラウザー
  • リモート Linux* IoT アプリケーションを作成するには、Docker* をインストール (英語) してください。
  • IoT サンプルをビルドするには、GCC と Cmake をインストールする必要があります。
    • Ubuntu*: sudo apt install build-essential と入力してください。
    • その他 Linux* 環境: サンプルの Readme に記載されている関連コマンドが適用されます。
  • 他のツールキットのサンプルをビルドするには、まずサンプルの要件を確認してください。ほとんどのサンプルでは以下を必要とします。
    • GCC (英語)
    • インテル® oneAPI DPC/C++ コンパイラーまたはインテル® C++ コンパイラー。
    • インテル® oneAPI スレッディング・ビルディング・ブロックやインテル® oneAPI ベース・ツールキットのその他のライブラリーが必要な場合もあります。
  • Python* のサンプルで動作させるには、インテル® oneAPI AI アナリティクス・ツールキットのシステム要件 (英語) を確認してください。
Eclipse* 向け IoT プラグイン

開発環境


  • C++ を使用したデスクトップ開発を備えた Microsoft Visual Studio* 2017 および 2019 Professional Edition

  • Microsoft Windows* SDK (コマンドライン・ツールのみでインテル® 64 アーキテクチャーのアプリケーションを構築する場合)

お知らせ

バージョン 2021 より、インテル® Parallel Studio XE、インテル® System Studio が「インテル® oneAPI」に名称統一され、ベース・ツールキット、ベース & HPC ツールキット、ベース & IoT ツールキット、ベース & レンダリング・ツールキットの 4 つのツールキットとなりました。

新旧名称の対比については、 こちらを参照ください。

2020年 12月 8日、インテル® oneAPI 2021 の販売を開始しました。過去に製品をご購入いただき、現在有効なサポートサービスをお持ちのお客様は、インテル® oneAPI 製品を無料でダウンロードしてご利用いただけます。

インテル® oneAPI 製品には、最新インテル® コンパイラー 21.1 の英語版が含まれています。インテル® コンパイラーの日本語版は同梱されていません。日本語版をご利用いただく場合、インテル® Parallel Studio XE 製品を引き続きご使用ください。

また、インテル® oneAPI 2021 をご利用、ご評価いただき、新機能などの新バージョンに関するご意見をお聞かせいただいた方の中から抽選で 30 名様にプレゼントが当たるキャンペーンを実施中です。この機会に、ぜひ最新バージョンをお試しください。

キャンペーンの応募条件に関する詳細につきましては、こちらのキャンペーン専用ページをご参照ください。

FAQ

これらのライブラリーは、oneAPI イニシアチブと連携して、コミュニティーによる仕様策定や定義が進められている oneAPI ライブラリー仕様の一部であるためです。

次世代のインテル® コンパイラー・テクノロジーは LLVM ベースで、データ並列 C++ または OpenMP* オフロードでアクセラレーター・テクノロジーをターゲットにすることができます。
インテル® Fortranコンパイラー・クラシックおよびインテル® C++ コンパイラー・クラシックは、インテル® Parallel Studio XE およびインテル® System Studio (C++ のみ) の一部として提供されているコンパイラーで、CPU に特化した開発を行うユーザー向けに引き続きサポートされます。
ベータ版インテル® Fortran コンパイラーは CPU をターゲットとする開発とインテルの GPU への OpenMP* オフロードをサポートし、インテル® oneAPI DPC++/C++ コンパイラーはインテルの CPU、GPU、FPGA をターゲットとする開発をサポートします。

いいえ。サポートされている言語ごとに (C++、Fortran、または C++ と Fortran のバリエーション) 製品が販売されていたのはインテル® Parallel Studio XE までです。インテル® oneAPI ベース & HPC ツールキットでは、サポートされているすべての言語が製品に含まれています。

いいえ。インテル® oneAPI ベース・ツールキット、インテル® oneAPI ベース & HPC ツールキット、インテル® oneAPI ベース & IoT ツールキット、インテル® oneAPI ベース & レンダリング・ツールキットの商用製品では、各ツールキットはサポートしているすべての OS に対応しており、OS による製品のバリエーションはありません。ホストおよびターゲット・プラットフォーム向けにサポートされているすべての OS にアクセスできます。OS サポートについては、各ツールキットのシステム要件を参照してください。すべてのコンポーネントがすべての OS でサポートされているわけではないことに注意してください。

インテル®oneAPI ベース & HPC ツールキット、およびインテル®oneAPI ベース & レンダリング・ツールキットでは、ターゲット・プラットフォームのメモリーシステムの種類により、シングルノードとマルチノードの 2 つの製品が提供されます。

  • シングルノード: PC、ラップトップ、ワークステーションを含む共有メモリーシステムのターゲット・プラットフォーム向け
  • マルチノード: PC、ラップトップ、ワークステーションを含む共有メモリーシステムに加え、HPC クラスターやレンダーファームを含む分散メモリーシステムのターゲット・プラットフォーム向け
アプリケーションを作成してクラスターシステムなどの分散メモリーシステムで実行する場合は、「シングルノード」バージョンの製品ではなく、「マルチノード」バージョンの製品をご利用ください。

インテル® Parallel Studio XE とインテル® oneAPI ツールキットの対応については、新旧製品名一覧を参照してください。

いいえ。これらの「アドオン」ツールキットは、インテルの最新プラットフォームを対象とする開発ニーズを満たす完全なツールスイートの一部として、インテル® oneAPI ベース・ツールキットとともに使用するものです。スタンドアロンでは購入できません。

データ並列 C++ は C++ ベースで Khronos の SYCL* を統合しており、データ並列処理とヘテロジニアス・プログラミングをサポートします。言語拡張は、データ並列プログラミングを簡素化する拡張とともに、コミュニティー・プロジェクトを通じて推進されます。これらの拡張は、短期的には SYCL* 仕様の将来のバージョンに、長期的には ISO C++ 標準規格に含めることが提案されています。

データ並列 C++ は、CPU とアクセラレーターに並列プログラミングの生産性とパフォーマンスを提供する oneAPI の主要言語です。DPC++ の目標は、プログラミングを簡素化し、さまざまなハードウェア・ターゲットでコードを再利用できるようにしつつ、特定のアクセラレーター向けのチューニングも可能にすることです。データ並列 C++ は C++ ベースで Khronos SYCL* を統合しており、データ並列処理とヘテロジニアス・プログラミングをサポートします。言語拡張は、データ並列プログラミングを簡素化する拡張とともに、コミュニティー・プロジェクトを通じて推進されます。これらの拡張は、短期的には SYCL* 仕様の将来のバージョンに、長期的には ISO C++ 標準規格に含めることが提案されています。

oneAPI DPC++ コンパイラーを含む、多くのライブラリーとコンポーネントはすでにオープンソースであるか、間もなくオープンソースになる可能性があります。オープンソースの要素は、oneapi.com (英語) で確認できます。

oneAPI の言語、DPC++、およびライブラリーの仕様は、ほかのハードウェア・ベンダーが使用できるように公開されており、インテルでは各社に oneAPI の採用を推奨しています。独自の oneAPI 実装を作成して特定のハードウェア向けに最適化するかどうかは、各ベンダーや業界関係者次第です。例えば、Codeplay* は、NVIDIA* GPU 向けのハイパフォーマンス・コードを生成するため、オープンソースの DPC++ コンパイラーに NVIDIA* コンパイラー・バックエンドを提供しています。

oneAPI 仕様は、複数のベンダーの幅広い CPU とアクセラレーターをサポートするように設計されています。ベータ版インテル® oneAPI リファレンス実装は、現在、インテル® CPU (インテル® Xeon® プロセッサー、インテル® Core™ プロセッサー、Intel Atom® プロセッサー)、インテル® Arria® FPGA、インテル® Stratix® 10 FPGA、および将来のインテル製ディスクリート・データセンター GPU 向けプロキシー開発プラットフォームとして第 9 世代および第 11 世代インテル® プロセッサー・グラフィックスをサポートしています。今後も、その他のインテルのアクセラレーター・アーキテクチャーが追加される予定です。

いいえ。直接実行することはできませんが、1 つのハードウェア・アーキテクチャーに「固定」されていると感じ、ハードウェアをより自由に選択できる言語にコードを移行したいと考えている CUDA* 開発者を支援するため、インテル® DPC++ 互換性ツールを提供しています。

oneAPI は、インテルのハードウェアだけでなく、さまざまな種類のプロセッサーとアクセラレーターの開発を簡素化するように構築されています。ダイレクト・プログラミング・コンポーネントと API ベースのプログラミング・コンポーネントの両方を含む標準およびオープン仕様に基づいており、広範なエコシステムの採用およびイノベーションを可能にします。
インテルは、コラボレーションを促進し、新しい機能と拡張機能を構築するため、DPC++ (oneAPI で使用されるダイレクト・プログラミング言語) のオープン・コミュニティー・プロジェクトを立ち上げました。イニシアチブに参加している企業は、オープン仕様を使用して、oneAPI ベースの独自の実装を構築できます。

oneAPI には、Khronos Group の SYCL* 仕様を統合した C++ ベースのデータ並列 C++ (DPC++) と呼ばれる、ダイレクト・プログラミング向けの統一された言語が含まれています。また、サポートされるすべてのプラットフォームで、並列処理を実装して高水準言語のネイティブ・パフォーマンスを実現する各種パフォーマンス・ライブラリーを含む API ベースのプログラミングも含まれています。

いいえ。oneAPI は、C、C++、Fortran、Python*、MPI、OpenMP* などの既存の言語やプログラミング・モデルと共存できます。アプリケーションが CUDA* で記述されている場合は、一部のコードの書き直しが必要になることがあります。CUDA* から oneAPI への移行を支援するため、CUDA* 開発者向けにインテル® DPC++ 互換性ツールを提供しています。移行できなかったコードは、ツールの実行後に手動で編集する必要があります。

データセントリックな分野の特殊なワークロードには、強力な CPU から専用の AI シリコンまで、多様なコンピューティング・エンジンが必要となります。現在、データセントリックなハードウェアでは、異なる言語、ライブラリー、ソフトウェア・ツールを使用してプログラムされた個別のコードベースを維持しなければならないのが一般的です。これは複雑で、開発者は多くの時間を費やす必要があり、アクセラレーションとイノベーションの妨げとなります。インテルとそのエコシステムは、oneAPI を利用して、クライアントからデータセンター、エッジ、5G 通信など、さまざまな処理エンジンをサポートする統一されたソフトウェア・アーキテクチャーを構築しています。

最新のマルチコア・プラットフォーム向けに最適化を行うことが、インテル® プロセッサーの性能を最大限に引き出すための最良の方法です。インテル® ソフトウェア開発ツールと最新のプログラミング・モデルを採用することにより、プログラミングの投資を無駄にすることなく、新しいプロセッサー・テクノロジーを導入することができます。C/C++ プログラマーは、インテル® oneAPI ツールキットに含まれているインテル® スレッディング・ビルディング・ブロック (インテル® TBB) から始めると良いでしょう。インテル® TBB は、並列処理を活用するタスクベースの抽象化を、移植性とスケーラビリティーに優れ、安定性を備えた、将来にも対応できるタスク/データ並列モデルのセットとともに提供します。これらのモデルは既存のアプリケーションに簡単に統合でき、ソフトウェアおよびハードウェアの投資を保護します。

Fortran プログラマーおよび多くの C プログラマーは、OpenMP* に注目すべきです。

インテル® oneAPI 製品の 30 日間の評価版をダウンロードできます。評価ライセンスをリクエストした後、評価版ダウンロード専用フォームから発行される 13 桁のシリアル番号を添えて弊社までお問い合わせいただいた場合、評価期間中に無料のサポートを受けることができます。

インテル® oneAPI の評価版は、 こちらからダウンロードできます。

インテル® Parallel Studio XE Composer Edition for macOS の対応状況について以下に記載します。
最新の情報については、リリースノート、および Compatibility of Intel® Compiler for macOS* and Xcode* (インテル社、英語) も参照ください。


Xcode* 12.0

バージョン 2020 update1 までの時点ではサポートされていません。

旧バージョンの Xcode* は、Apple 社 Web ページ (Downloads for Apple Developers) よりダウンロードすることができます。

※ この Web ページへのアクセスには、Apple ID が必要になります。

Xcode* 11.x
macOS* Catalina (macOS* 10.15)

バージョン 2020 Initial Release で統合、動作のサポートがされました。

バージョン 2020 update1 以降の変更点:Fortran コンパイラーでは Xcode* への統合機能は廃止されました。

製品をインストールおよび使用するには、引き続き以下の手順にて「Command Line Tools」のインストールが必要です。

  1. macOS* 標準のターミナル(Launch Pad より "その他")を開き、次のコマンドを入力します。 xcode-select --install
  2. コマンド入力により表示されたダイアログから Install ボタンをクリックし、インストールします。

Xcode* 10.3

バージョン 2019 update5 で統合がサポートされました。

Xcode* 10.2

バージョン 2019 update4 で統合がサポートされました。

Xcode* 10.1

バージョン 2019 update3 で統合がサポートされました。

Xcode* 10
macOS* Mojave (macOS* 10.14)

バージョン 2019 update1 で統合、動作のサポートがされました。

注意: Xcode* 10 以降でインテル コンパイラーを使用する Xcode プロジェクトをビルドするには、Xcode のアプリケーションメニュー、File > Project Settings... より設定ダイアログを開き、Build System について "Legacy Build System" に切り替える必要があります。以下インテル社のページ (英語) もご参照ください。

https://software.intel.com/en-us/articles/known-issue-compatibility-of-intel-compiler-190-for-macos-and-xcode-10

Xcode* 9.4

バージョン 2019 Initial Release、バージョン 2018 update4 で統合がサポートされました。

Xcode* 9.3

バージョン 2018 update3 で統合がサポートされました。

Xcode* 9.2

バージョン 2018 update2 で統合、動作のサポートがされました。

Xcode* 9/9.1
macOS* High Sierra (macOS* 10.13)

バージョン 2018 update1 で統合、動作のサポートがされました。


注意事項
  • Xcode* 6.3.2 以降

    Xcode* 6.3.2 より、Xcode* への統合をインストールした後で Xcode* を起動すると、初回のみダイアログが表示されます。

    インテル® コンパイラーの Xcode* への統合を利用するには [Load Bundle] をクリックしてください。[Skip Bundle] を選択してしまった場合には、以下の手順でダイアログを再表示させ、[Load Bundle] を選び直してください。

    1. アプリケーションメニューより Xcode* を終了させてください。
    2. macOS* 標準のターミナル(Launch Pad より "その他" 項目)を開き、次のコマンドを入力してください。
      defaults delete com.apple.dt.Xcode DVTPlugInManagerNonApplePlugIns-Xcode-6.3.2
    3. Xcode* を起動すると、ダイアログが表示されます。
  • Xcode* 5.1 以降

    Xcode* 5.1 より [Command Line Tools] のインストール方法が変更されております。製品をインストールする前に、以下の手順にてインストールしてください。

    1. Xcode* をインストールした後で、macOS* 標準のターミナル(Launch Pad より "その他")を開き、次のコマンドを入力します。
      xcode-select --install
    2. コマンド入力により表示されたダイアログから Install ボタンをクリックし、インストールします。
  • Xcode* 5.0

    製品を利用いただくには、以下の手順にて「Command Line Tools」もインストールする必要があります。 インストールされていない場合には、製品のインストール時に次のようなメッセージが表示され、インストールを続行できません。手順に従い作業を進めてください。

    Command Line Tools for Xcode were not found.

    1. Xcode* のアプリケーションメニューより [Xcode] > [Preferences...] を開きます。
    2. 表示されたダイアログから Downloads タブを選択し、"Components" より「Command Line Tools」の (↓) ボタンをクリックしてインストールします。
    3. 手順 2. の段階にて Apple Developer ID の入力が必要になることがあります。Xcode* をダウンロードする際に登録(または入力)した ID およびパスワードを入力してください。
  • 製品の旧バージョンを利用されているお客様

    製品バージョン 2013 SP1 以前では、現在 Mac App Store よりダウンロード、またはアップデート可能な Xcode* をサポートしていません。対応する旧バージョンの Xcode* は、Apple 社 Web ページ ( Downloads for Apple Developers) よりダウンロードすることができます。 ※ この Web ページへのアクセスには、Apple Developer ID が必要になります。登録されていない場合には、 Register as Apple Developer (無料会員登録) にてご登録ください。

    例として、製品バージョン 2013 (Initial Release) は "Xcode* 4.4.1" との組み合わせでインストールできます。ダウンロードした .dmg ファイルを開き、中にある Xcode* (Xcode.app) を "アプリケーション" フォルダ (/Applications) にコピーしてください。Xcode* 4.3 以上とともに利用する場合には「Command Line Tools」のインストールも必要になります。

  • 旧バージョンの Mac OS X* および Xcode* を利用されているお客様
    • Mac OS X* 10.8.x と Xcode* 4.6.x から 5.1.x まで

      製品バージョン 2015 および以降のリリースでは、上記の環境はサポートされなくなりました。 有効なサポートサービスをお持ちのお客様は、製品バージョン 2013 SP1 をダウンロードして利用いただけます。

購入時の製品シリアル番号を用いてインテル® レジストレーション・センターで製品の登録を行い、ライセンス・ファイル (拡張子が .lic のファイル) を取得します。その後、取得したライセンス・ファイルを所定のディレクトリーに配置すれば製品版として使用することができます。

具体的な手順、ライセンスファイルの配置場所は 製品登録 & ダウンロードページのシリアル番号の登録方法を参照ください。

  • 評価版から製品版に切り替える際に、再インストールする必要はありません。

インテル® レジストレーション・センターで操作します。
操作手順やよくあるご質問、トラブルシューティングは、インテル ® レジストレーション・センター操作マニュアルを参照ください。

» マニュアルはこちらから

インテル® レジストレーション・センターで操作します。
操作手順やよくあるご質問、トラブルシューティングは、インテル ® レジストレーション・センター操作マニュアルを参照ください。

» マニュアルはこちらから

購入

技術情報

サポート