インテル® oneAPI ベース & レンダリング・ツールキット

ベース・ツールキットの機能に加え、パフォーマンス、忠実度、拡張性、コスト効率に優れたビジュアライゼーション・アプリケーションを開発するためのレンダリング・ライブラリーが含まれています。
関連情報
[お知らせ一覧]

スケール感のあるフォトリアリスティック・レンダリングを実現

統一されたクロスアーキテクチャー・プログラミング・モデル oneAPI

インテル® oneAPI ベース & レンダリング・ツールキットは、高忠実度なビジュアル体験を実現するレンダリングおよび レイトレーシング・ライブラリーのセットで、これらの種のワークロードを高速化するように設計されています。 このライブラリーを使用することで、CPU、将来の Xe または GPU のレンダリング・パフォーマンスをあらゆる規模で最適化し、 強力なインテルのハードウェアを最大限に活用することができます。クリエイター、科学者、エンジニアは、 このツールキットを使って、素晴らしいスタジオ・アニメーションやビジュアルエフェクトを開発したり、 科学的、産業的なビジュアライゼーションを作成したりすることで、ビジュアライゼーションの可能性を広げることができます。

詳細・新機能 技術情報

インテル® oneAPI は、開発用途に合わせて 4 つのツールキットをご用意しています。

ベース・ツールキット データ並列 C++ コンパイラーとパフォーマンス・ライブラリー
ベース & HPC ツールキット ベース・ツールキット + C/C++、Fortran コンパイラー & MPI 開発ツール
ベース & IoT ツールキット ベース・ツールキット + IoT 開発ツール
ベース & レンダリング・ツールキット ベース・ツールキット + レンダリング・ツール

ライセンス

特定ユーザーライセンス、コンカレント・ライセンスが提供されています。
ライセンス規定の詳細はライセンスページを参照ください。

特定ユーザーライセンス

特定の一個人に製品を使用する許可を与えます。

コンカレント・ライセンス

購入ライセンスで指定される数までのユーザーに製品を使用する許可を与えます。

ライセンス詳細

ツールキット

お客様の用途に応じて、4 種類のツールキットからお選びいただけます。

ベース・ツールキット

データ並列 C++ コンパイラーとパフォーマンス・ライブラリー

1 つのプログラミング・モデルで複数のアーキテクチャー (CPU、GPU、FPGA) にわたって高いパフォーマンスを発揮できるコードの開発を支援します。

ベース & HPC ツールキット

ベース・ツールキット + C/C++、Fortran コンパイラー & MPI 開発ツール

C/C++、Fortran コンパイラーと MPI 開発ツールにより、CPU およびアクセラレーターまたはそれらのクラスターへ最適化された HPC アプリケーションの開発を支援します。

ベース & IoT ツールキット

ベース・ツールキット + IoT 開発ツール

さまざまな IoT 開発ツールにより、スマートなコネクテッド・デバイスを構成する優れた IoT アプリケーションの開発を支援します。

ベース & レンダリング・ツールキット

ベース・ツールキット + レンダリング・ツール

さまざまなレンダリング・ツールにより、優れたビジュアライゼーション・アプリケーションやソリューションの開発を支援します。

インテル®oneAPI ベース & HPC ツールキット、およびインテル®oneAPI ベース & レンダリング・ツールキットでは、ターゲット・プラットフォームのメモリーシステムの種類により、シングルノードとマルチノードの 2 つの製品が提供されます。
  • シングルノード: PC、ラップトップ、ワークステーションを含む共有メモリーシステムのターゲット・プラットフォーム向け
  • マルチノード: PC、ラップトップ、ワークステーションを含む共有メモリーシステムに加え、HPC クラスターやレンダーファームを含む分散メモリーシステムのターゲット・プラットフォーム向け
アプリケーションを作成してクラスターシステムなどの分散メモリーシステムで実行する場合は、シングルノードではなく、マルチノードをご利用ください。

ツールキット詳細

インテル® ソフトウェア開発製品の新旧製品名称の一覧

一覧

製品 ツールキット ライセンス
インテル® oneAPI ベース・ツールキット 特 / コ
ベース & HPC ツールキット 特 / コ
ベース & IoT ツールキット 特 / コ
ベース & レンダリング・ツールキット 特 / コ
  • 特: 特定ユーザーライセンスコ: コンカレント・ライセンス
  • インテル® oneAPI 製品には、対応 OS およびプログラミング言語による製品分類はありません。各ツールキットおよびそのコンポーネントごとでサポートされるすべての OS とプログラミング言語を利用できます。

バージョン 2021 の機能

主に以下の機能をご利用いただけます。詳細は、リリースノートおよびインテル社公開の情報を参照ください。
同梱ライブラリー、ツールの新機能については各製品ページを参照ください。

  • インテル® oneAPI ベース & レンダリング・ツールキットの最新バージョンは 2021.3 です。

    インテル® Implicit SIMD Program Compiler (インテル® ISPC) 1.15.0 は、最新のインテル® oneAPI レンダリング・ツールキットのコンポーネントと互換性のあるインテル® ISPC の最小バージョンです。

インテル® oneAPI

ベース・ツールキット
(旧製品: インテル® VTune™ プロファイラー、インテル® DAAL、インテル® MKL、インテル® IPP、インテル® TBB、インテル® System Studio for FreeBSD)
ベース & HPC ツールキット ベース & IoT ツールキット
(旧製品: インテル® System Studio)
ベース & レンダリング・ツールキット
シングルノード
(旧製品: インテル® Parallel Studio XE Composer Edition、Professional Edition)
マルチノード ※2
(旧製品: インテル® Parallel Studio XE Cluster Edition)
シングルノード マルチノード ※2
インテル® oneAPI DPC++/C++ コンパイラー
インテル® DPC++ 互換性ツール
インテル® ディストリビューション for Python*
インテル® oneAPI ベース・ツールキット用インテル FPGA アドオン
インテル® oneAPI DPC++ ライブラリー
インテル® oneMKL
数値演算ライブラリー
インテル® oneDAL
データ解析ライブラリー
インテル® oneTBB
マルチスレッド・ライブラリー
インテル® oneVPL
ビデオ処理ライブラリー
インテル® oneCCL
コレクティブ・コミュニケーション・ライブラリー
インテル® oneDNN
ディープ・ニューラル・ネットワーク・ライブラリー
インテル® IPP
画像処理ライブラリー
インテル® VTune™ プロファイラー
パフォーマンス分析ツール
インテル® Advisor
並列化アドバイスツール
インテル® ディストリビューション for GDB
システム全体のデバッグツール
インテル® C++ コンパイラー・クラシック
ベータ版インテル® Fortran コンパイラー
インテル® (Visual) Fortran コンパイラー・クラシック
インテル® Cluster Checker
クラスター診断エキスパート・システム
インテル® Inspector
エラー検出ツール
インテル® MPI ライブラリー
メッセージ・パッシング・ライブラリー
インテル® Trace Analyzer & Collector
MPI アプリケーションのパフォーマンス分析ツール
Eclipse* IDE
Linux カーネル・ビルド・ツール
IoT 接続ツール
インテル® Embree
インテル® OSPRay
インテル® Open Image Denoise
インテル® オープン・ボリューム・カーネル・ライブラリー
インテル® OpenSWR
取り扱い OS 環境 ※1 W / L W / L / M W / L W / L W / L W / L
※1 W: Windows* (Visual Studio*)L: Linux* (GNU*)M: macOS* (XCode*)
※1 対応動作環境の詳細は各製品のリリースノートを参照してください
※1 macOS* については、一部製品のみにて対応しています
※2 インテル®oneAPI ベース & HPC ツールキット、およびインテル®oneAPI ベース & レンダリング・ツールキットでは、ターゲット・プラットフォームのメモリーシステムの種類により、シングルノードとマルチノードの 2 つの製品が提供されます。
  • シングルノード: PC、ラップトップ、ワークステーションを含む共有メモリーシステムのターゲット・プラットフォーム向け
  • マルチノード: PC、ラップトップ、ワークステーションを含む共有メモリーシステムに加え、HPC クラスターやレンダーファームを含む分散メモリーシステムのターゲット・プラットフォーム向け
アプリケーションを作成してクラスターシステムなどの分散メモリーシステムで実行する場合は、シングルノードではなく、マルチノードをご利用ください。

» 一覧を別ウィンドウで表示

高忠実度のビジュアライゼーション ・アプリケーション開発を実現するレンダリング・ツール

ベース・ツールキットの機能に加え、インテル® Xeon® スケーラブル ・プロセッサーやその他のインテル® CPU、そして将来的にはインテル® Xe アーキテクチャーの GPU 向けに最適化されたオープンソースのレンダリング・ライブラリーを使用して、パフォーマンス、忠実度、拡張性、コスト効率に優れたビジュアライゼーション・アプリケーションやソリューションを開発できます。

また、高価な GPU ローカルメモリーであっても最大 48 GB しか利用ができないところ、インテル® oneAPI ベース & レンダリング・ツールキットを利用することで 1 ソケット最大 3TB のローカル・グラフィック・メモリーを使用できるようになります。

ターゲット・プラットフォームのメモリーシステムの種類により、シングルノードとマルチノードの 2 つの製品が提供されます。
  • シングルノード: PC、ラップトップ、ワークステーションを含む共有メモリーシステムのターゲット・プラットフォーム向け
  • マルチノード: PC、ラップトップ、ワークステーションを含む共有メモリーシステムに加え、レンダーファームを含む分散メモリーシステムのターゲット・プラットフォーム向け

インテル® Embree

ハイパフォーマンスで機能豊富なレイトレーシング & 写実的なレンダリングを実現

現在の GPU レイトレーシング & レンダリングの能力では三角形や直線、B-スプライン曲線、複数セグメント・モーション・ブラー、また、クオータニオンによるモーションブラーのみサポートされていますが、 インテル® oneAPI ベース & レンダリング・ツールキットを利用することでこれらの機能に加え、毛髪などの複雑な線や大幅にメモリー量を節約するマルチレベル・インスタンスなどの利用が可能となります。

機能一覧:

三角形 四角形 グリッド Catmull-Clark サブディビジョン・サーフェス 直線、曲線 & 法線に基づく曲線、線形、ベジェ、B-スプライン、エルミート、キャットムルーロム曲線 複数セグメント・モーション・ブラー
髪、毛、複雑な線 レイクエリー 最近傍点クエリー クオータニオンによるモーションブラー レイ・オリエンテッド・ディスク、球体 & 法線オリエンテッド・ディスク 大幅にメモリー量を節約するマルチレベル・インスタンス

インテル® OSPRay

スケーラブルで移植性の高い分散レンダリング API

現在の GPU レイトレーシング & レンダリングの能力ではジオメトリー、ボリューム、パス・トレーシング、化学的可視化の統合はサポートされていませんが、 インテル® oneAPI ベース & レンダリング・ツールキットを利用することで結合されたジオメトリーやビジュアライズ用のレンダラー、大規模データセットなどの利用が可能となります。またインテル® OSPRay は CPU をサポートしています。  

機能一覧:

結合されたジオメトリー & ボリューム・レンダリング すべてのプラットフォームで動作 新素材 サイエンス・ビジュアライゼーション・レンダラー & パストレーサー
ジオメトリーの切断 12B パーティクル/10TB 大規模データセット 拡張性
例: SES ジオメトリー、UStuttgart
流線/パーティクル 球体/陰関数等値面
非多角形ジオメトリー

インテル® Open Image Denoise

AI によって高速化されたデノイザーが優れたビジュアル品質を実現

現在の GPU レイトレーシング & レンダリングの能力ではレイトレーシング用 AI Denoising フィルター (オフライン & インタラクティブ) や複数入力の機能バッファー (HDR/LDF カラー、アルベド、通常) のみサポートされていますが、 インテル® oneAPI ベース & レンダリング・ツールキットを利用することでこれらの機能に加え、簡単かつ安定した C++ API などの利用が可能となります。またインテル® Open Image Denoise ではほとんどの CPU で実行が可能です。  

機能一覧:

レイトレーシング用 AI Denoising フィルター (オフライン & インタラクティブ) ほとんどすべての CPU で実行(インテル® Xeon® CPU/インテル® Core™ CPU) 簡単 & 安定した C/C++ API
複数入力の機能バッファー
(HDR/LDF カラー、アルベド、通常)
ライトマップのサポート トレーニング・ツールキット同梱

インテル® オープン・ボリューム・カーネル・ライブラリー

3D 空間データ処理のレンダリング & シミュレーション

現在の GPU レイトレーシング & レンダリングの能力では構造体や VDB (疎構造) のボリュームタイプのみサポートされていますが、 インテル® oneAPI ベース & レンダリング・ツールキットを利用することでこれらの機能に加え、球形構造体やアダプティブ・メッシュ細分化などへの対応が可能となります。またインテル® オープン・ボリューム・カーネル・ライブラリーには Ray-Based Interval interation などの API がすでに含まれています。  

機能一覧:

ボリュームタイプ
構造体 VDB (疎構造) 球形構造体 アダプティブ・メッシュ細分化 非構造体 パーティクル
API

インテル® OpenSWR

ハイパフォーマンスでスケーラブルな OpenGL* 互換ラスタライザー

詳細

本ページに、ドキュメント一覧が表示されない場合は、ご利用のブラウザの JavaScript を ON にしていただくか、 こちらのドキュメント・ページをご覧ください。

オペレーティング・システム

以下のディストリビューションは、大半のコンポーネントでサポートされています。

ホスト / ターゲット OS

Linux*

  • CentOS* 7、8
  • Ubuntu* 18.04 LTS、20.04 LTS
  • Arch Linux*
  • Red Hat* Enterprise Linux* (RHEL) 7、8

Windows*

  • Windows* 10

macOS*

  • macOS* 10.14.6 またはそれ以降 (インテル® 64 ベースのシステム)
  • macOS* Big Sur またはそれ以降 (Apple* M1 ベースのシステム)

各コンポーネントの必要容量 (Windows*)

コンポーネント 概算ディスク容量
インテル® Embree 100 MB
インテル® Open Image Denoise 50 MB
インテル® OpenSWR バイナリーは提供されていません。
インテル® オープン・ボリューム・カーネル・ライブラリー (VKL) 200 KB
インテル® OSPRay 20 MB
インテル® OSPRay Studio 15 MB
インテル® rkcommon ライブラリー 10 MB
インテル® rkUtil superbuild <1 MB
インテル® oneTBB (ベース・ツールキットの同梱コンポーネント) 500 MB
すべてのコンポーネント 1.1 GB

ターゲット・ハードウェア・プラットフォーム

インテル® 64 ベースのアーキテクチャーにおけるハードウェア・プラットフォームは、インテル® ストリーミング SIMD 拡張命令 4.2 (インテル® Open Image Denoise は 4.1) をサポートしている必要があります。

プロセッサー

インテル® 64

  • Intel Atom® プロセッサー・ファミリー
  • インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー
  • インテル® Xeon® プロセッサー
  • インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー・ファミリー

ARM

  • Apple* M1

ソフトウェア要件

各コンポーネントごとに要件が異なります。

インテル® Embree
インテル® OpenSWR

インテル® OpenSWR は、Mesa 3D グラフィックス・ライブラリー内のガリウムドライバーとしてビルドされます。インテル® OpenSWR のビルドの前提条件や手順については、インテル® OpenSWR のウェブサイト (英語) を参照してください。

※ インテル® OpenSWR は、Mesa OpenGL* オープンソース・コミュニティー・プロジェクトの一部として提供されています。ビルドおよびデプロイメントに関する情報は、Mesa 所有のガイド (英語) を参照してください。

インテル® オープン・ボリューム・カーネル・ライブラリー
  • OpenGL* (英語) でサンプルビューアーを実行
  • インテル® ISPC (英語) バージョン 1.15.0 以降
  • インテル® rkcommon ライブラリー・バージョン 1.6.0 以降 (ツールキットに含まれています)
  • インテル® oneTBB (英語) バージョン 2021.1.1 以降 (ベース・ツールキットから自動的にインストールされます)
インテル® OSPRay
  • インテル® oneTBB (英語) バージョン 2021.1.1 以降 (ベース・ツールキットから自動的にインストールされます)
  • インテル® Embree レイトレーシング・カーネル・バージョン 3.12.2 以降
  • インテル® ISPC (英語) バージョン 1.15.0 以降
  • インテル® rkcommon ライブラリー・バージョン 1.6.0
  • OpenGL* (英語) でサンプルビューアーを実行
  • インテル® オープン・ボリューム・カーネル (インテル® オープン VKL) バージョン 0.12.0
  • オプション: OpenImageIO 2.x、OpenEXR (IlmBase) による拡張テクスチャーをサポート
インテル® OSPRay Studio
  • インテル® OSPRay 2.5.0 およびその依存ファイル
  • OpenGL* (英語) でサンプルビューアーを実行

お知らせ

バージョン 2021 より、インテル® Parallel Studio XE、インテル® System Studio が「インテル® oneAPI」に名称統一され、ベース・ツールキット、ベース & HPC ツールキット、ベース & IoT ツールキット、ベース & レンダリング・ツールキットの 4 つのツールキットとなりました。

新旧名称の対比については、 こちらを参照ください。

2020年 12月 8日、インテル® oneAPI 2021 の販売を開始しました。過去に製品をご購入いただき、現在有効なサポートサービスをお持ちのお客様は、インテル® oneAPI 製品を無料でダウンロードしてご利用いただけます。

インテル® oneAPI 製品には、最新インテル® コンパイラー 21.1 の英語版が含まれています。インテル® コンパイラーの日本語版は同梱されていません。日本語版をご利用いただく場合、インテル® Parallel Studio XE 製品を引き続きご使用ください。

また、インテル® oneAPI 2021 をご利用、ご評価いただき、新機能などの新バージョンに関するご意見をお聞かせいただいた方の中から抽選で 30 名様にプレゼントが当たるキャンペーンを実施中です。この機会に、ぜひ最新バージョンをお試しください。

キャンペーンの応募条件に関する詳細につきましては、こちらのキャンペーン専用ページをご参照ください。

FAQ

これらのライブラリーは、oneAPI イニシアチブと連携して、コミュニティーによる仕様策定や定義が進められている oneAPI ライブラリー仕様の一部であるためです。

次世代のインテル® コンパイラー・テクノロジーは LLVM ベースで、データ並列 C++ または OpenMP* オフロードでアクセラレーター・テクノロジーをターゲットにすることができます。
インテル® Fortranコンパイラー・クラシックおよびインテル® C++ コンパイラー・クラシックは、インテル® Parallel Studio XE およびインテル® System Studio (C++ のみ) の一部として提供されているコンパイラーで、CPU に特化した開発を行うユーザー向けに引き続きサポートされます。
ベータ版インテル® Fortran コンパイラーは CPU をターゲットとする開発とインテルの GPU への OpenMP* オフロードをサポートし、インテル® oneAPI DPC++/C++ コンパイラーはインテルの CPU、GPU、FPGA をターゲットとする開発をサポートします。

いいえ。サポートされている言語ごとに (C++、Fortran、または C++ と Fortran のバリエーション) 製品が販売されていたのはインテル® Parallel Studio XE までです。インテル® oneAPI ベース & HPC ツールキットでは、サポートされているすべての言語が製品に含まれています。

いいえ。インテル® oneAPI ベース・ツールキット、インテル® oneAPI ベース & HPC ツールキット、インテル® oneAPI ベース & IoT ツールキット、インテル® oneAPI ベース & レンダリング・ツールキットの商用製品では、各ツールキットはサポートしているすべての OS に対応しており、OS による製品のバリエーションはありません。ホストおよびターゲット・プラットフォーム向けにサポートされているすべての OS にアクセスできます。OS サポートについては、各ツールキットのシステム要件を参照してください。すべてのコンポーネントがすべての OS でサポートされているわけではないことに注意してください。

インテル®oneAPI ベース & HPC ツールキット、およびインテル®oneAPI ベース & レンダリング・ツールキットでは、ターゲット・プラットフォームのメモリーシステムの種類により、シングルノードとマルチノードの 2 つの製品が提供されます。

  • シングルノード: PC、ラップトップ、ワークステーションを含む共有メモリーシステムのターゲット・プラットフォーム向け
  • マルチノード: PC、ラップトップ、ワークステーションを含む共有メモリーシステムに加え、HPC クラスターやレンダーファームを含む分散メモリーシステムのターゲット・プラットフォーム向け
アプリケーションを作成してクラスターシステムなどの分散メモリーシステムで実行する場合は、「シングルノード」バージョンの製品ではなく、「マルチノード」バージョンの製品をご利用ください。

インテル® Parallel Studio XE とインテル® oneAPI ツールキットの対応については、新旧製品名一覧を参照してください。

いいえ。これらの「アドオン」ツールキットは、インテルの最新プラットフォームを対象とする開発ニーズを満たす完全なツールスイートの一部として、インテル® oneAPI ベース・ツールキットとともに使用するものです。スタンドアロンでは購入できません。

データ並列 C++ は C++ ベースで Khronos の SYCL* を統合しており、データ並列処理とヘテロジニアス・プログラミングをサポートします。言語拡張は、データ並列プログラミングを簡素化する拡張とともに、コミュニティー・プロジェクトを通じて推進されます。これらの拡張は、短期的には SYCL* 仕様の将来のバージョンに、長期的には ISO C++ 標準規格に含めることが提案されています。

データ並列 C++ は、CPU とアクセラレーターに並列プログラミングの生産性とパフォーマンスを提供する oneAPI の主要言語です。DPC++ の目標は、プログラミングを簡素化し、さまざまなハードウェア・ターゲットでコードを再利用できるようにしつつ、特定のアクセラレーター向けのチューニングも可能にすることです。データ並列 C++ は C++ ベースで Khronos SYCL* を統合しており、データ並列処理とヘテロジニアス・プログラミングをサポートします。言語拡張は、データ並列プログラミングを簡素化する拡張とともに、コミュニティー・プロジェクトを通じて推進されます。これらの拡張は、短期的には SYCL* 仕様の将来のバージョンに、長期的には ISO C++ 標準規格に含めることが提案されています。

oneAPI DPC++ コンパイラーを含む、多くのライブラリーとコンポーネントはすでにオープンソースであるか、間もなくオープンソースになる可能性があります。オープンソースの要素は、oneapi.com (英語) で確認できます。

oneAPI の言語、DPC++、およびライブラリーの仕様は、ほかのハードウェア・ベンダーが使用できるように公開されており、インテルでは各社に oneAPI の採用を推奨しています。独自の oneAPI 実装を作成して特定のハードウェア向けに最適化するかどうかは、各ベンダーや業界関係者次第です。例えば、Codeplay* は、NVIDIA* GPU 向けのハイパフォーマンス・コードを生成するため、オープンソースの DPC++ コンパイラーに NVIDIA* コンパイラー・バックエンドを提供しています。

oneAPI 仕様は、複数のベンダーの幅広い CPU とアクセラレーターをサポートするように設計されています。ベータ版インテル® oneAPI リファレンス実装は、現在、インテル® CPU (インテル® Xeon® プロセッサー、インテル® Core™ プロセッサー、Intel Atom® プロセッサー)、インテル® Arria® FPGA、インテル® Stratix® 10 FPGA、および将来のインテル製ディスクリート・データセンター GPU 向けプロキシー開発プラットフォームとして第 9 世代および第 11 世代インテル® プロセッサー・グラフィックスをサポートしています。今後も、その他のインテルのアクセラレーター・アーキテクチャーが追加される予定です。

いいえ。直接実行することはできませんが、1 つのハードウェア・アーキテクチャーに「固定」されていると感じ、ハードウェアをより自由に選択できる言語にコードを移行したいと考えている CUDA* 開発者を支援するため、インテル® DPC++ 互換性ツールを提供しています。

oneAPI は、インテルのハードウェアだけでなく、さまざまな種類のプロセッサーとアクセラレーターの開発を簡素化するように構築されています。ダイレクト・プログラミング・コンポーネントと API ベースのプログラミング・コンポーネントの両方を含む標準およびオープン仕様に基づいており、広範なエコシステムの採用およびイノベーションを可能にします。
インテルは、コラボレーションを促進し、新しい機能と拡張機能を構築するため、DPC++ (oneAPI で使用されるダイレクト・プログラミング言語) のオープン・コミュニティー・プロジェクトを立ち上げました。イニシアチブに参加している企業は、オープン仕様を使用して、oneAPI ベースの独自の実装を構築できます。

oneAPI には、Khronos Group の SYCL* 仕様を統合した C++ ベースのデータ並列 C++ (DPC++) と呼ばれる、ダイレクト・プログラミング向けの統一された言語が含まれています。また、サポートされるすべてのプラットフォームで、並列処理を実装して高水準言語のネイティブ・パフォーマンスを実現する各種パフォーマンス・ライブラリーを含む API ベースのプログラミングも含まれています。

いいえ。oneAPI は、C、C++、Fortran、Python*、MPI、OpenMP* などの既存の言語やプログラミング・モデルと共存できます。アプリケーションが CUDA* で記述されている場合は、一部のコードの書き直しが必要になることがあります。CUDA* から oneAPI への移行を支援するため、CUDA* 開発者向けにインテル® DPC++ 互換性ツールを提供しています。移行できなかったコードは、ツールの実行後に手動で編集する必要があります。

データセントリックな分野の特殊なワークロードには、強力な CPU から専用の AI シリコンまで、多様なコンピューティング・エンジンが必要となります。現在、データセントリックなハードウェアでは、異なる言語、ライブラリー、ソフトウェア・ツールを使用してプログラムされた個別のコードベースを維持しなければならないのが一般的です。これは複雑で、開発者は多くの時間を費やす必要があり、アクセラレーションとイノベーションの妨げとなります。インテルとそのエコシステムは、oneAPI を利用して、クライアントからデータセンター、エッジ、5G 通信など、さまざまな処理エンジンをサポートする統一されたソフトウェア・アーキテクチャーを構築しています。

最新のマルチコア・プラットフォーム向けに最適化を行うことが、インテル® プロセッサーの性能を最大限に引き出すための最良の方法です。インテル® ソフトウェア開発ツールと最新のプログラミング・モデルを採用することにより、プログラミングの投資を無駄にすることなく、新しいプロセッサー・テクノロジーを導入することができます。C/C++ プログラマーは、インテル® oneAPI ツールキットに含まれているインテル® スレッディング・ビルディング・ブロック (インテル® TBB) から始めると良いでしょう。インテル® TBB は、並列処理を活用するタスクベースの抽象化を、移植性とスケーラビリティーに優れ、安定性を備えた、将来にも対応できるタスク/データ並列モデルのセットとともに提供します。これらのモデルは既存のアプリケーションに簡単に統合でき、ソフトウェアおよびハードウェアの投資を保護します。

Fortran プログラマーおよび多くの C プログラマーは、OpenMP* に注目すべきです。

インテル® oneAPI 製品の 30 日間の評価版をダウンロードできます。評価ライセンスをリクエストした後、評価版ダウンロード専用フォームから発行される 13 桁のシリアル番号を添えて弊社までお問い合わせいただいた場合、評価期間中に無料のサポートを受けることができます。

インテル® oneAPI の評価版は、 こちらからダウンロードできます。

インテル® Parallel Studio XE Composer Edition for macOS の対応状況について以下に記載します。
最新の情報については、リリースノート、および Compatibility of Intel® Compiler for macOS* and Xcode* (インテル社、英語) も参照ください。


Xcode* 12.0

バージョン 2020 update1 までの時点ではサポートされていません。

旧バージョンの Xcode* は、Apple 社 Web ページ (Downloads for Apple Developers) よりダウンロードすることができます。

※ この Web ページへのアクセスには、Apple ID が必要になります。

Xcode* 11.x
macOS* Catalina (macOS* 10.15)

バージョン 2020 Initial Release で統合、動作のサポートがされました。

バージョン 2020 update1 以降の変更点:Fortran コンパイラーでは Xcode* への統合機能は廃止されました。

製品をインストールおよび使用するには、引き続き以下の手順にて「Command Line Tools」のインストールが必要です。

  1. macOS* 標準のターミナル(Launch Pad より "その他")を開き、次のコマンドを入力します。 xcode-select --install
  2. コマンド入力により表示されたダイアログから Install ボタンをクリックし、インストールします。

Xcode* 10.3

バージョン 2019 update5 で統合がサポートされました。

Xcode* 10.2

バージョン 2019 update4 で統合がサポートされました。

Xcode* 10.1

バージョン 2019 update3 で統合がサポートされました。

Xcode* 10
macOS* Mojave (macOS* 10.14)

バージョン 2019 update1 で統合、動作のサポートがされました。

注意: Xcode* 10 以降でインテル コンパイラーを使用する Xcode プロジェクトをビルドするには、Xcode のアプリケーションメニュー、File > Project Settings... より設定ダイアログを開き、Build System について "Legacy Build System" に切り替える必要があります。以下インテル社のページ (英語) もご参照ください。

https://software.intel.com/en-us/articles/known-issue-compatibility-of-intel-compiler-190-for-macos-and-xcode-10

Xcode* 9.4

バージョン 2019 Initial Release、バージョン 2018 update4 で統合がサポートされました。

Xcode* 9.3

バージョン 2018 update3 で統合がサポートされました。

Xcode* 9.2

バージョン 2018 update2 で統合、動作のサポートがされました。

Xcode* 9/9.1
macOS* High Sierra (macOS* 10.13)

バージョン 2018 update1 で統合、動作のサポートがされました。


注意事項
  • Xcode* 6.3.2 以降

    Xcode* 6.3.2 より、Xcode* への統合をインストールした後で Xcode* を起動すると、初回のみダイアログが表示されます。

    インテル® コンパイラーの Xcode* への統合を利用するには [Load Bundle] をクリックしてください。[Skip Bundle] を選択してしまった場合には、以下の手順でダイアログを再表示させ、[Load Bundle] を選び直してください。

    1. アプリケーションメニューより Xcode* を終了させてください。
    2. macOS* 標準のターミナル(Launch Pad より "その他" 項目)を開き、次のコマンドを入力してください。
      defaults delete com.apple.dt.Xcode DVTPlugInManagerNonApplePlugIns-Xcode-6.3.2
    3. Xcode* を起動すると、ダイアログが表示されます。
  • Xcode* 5.1 以降

    Xcode* 5.1 より [Command Line Tools] のインストール方法が変更されております。製品をインストールする前に、以下の手順にてインストールしてください。

    1. Xcode* をインストールした後で、macOS* 標準のターミナル(Launch Pad より "その他")を開き、次のコマンドを入力します。
      xcode-select --install
    2. コマンド入力により表示されたダイアログから Install ボタンをクリックし、インストールします。
  • Xcode* 5.0

    製品を利用いただくには、以下の手順にて「Command Line Tools」もインストールする必要があります。 インストールされていない場合には、製品のインストール時に次のようなメッセージが表示され、インストールを続行できません。手順に従い作業を進めてください。

    Command Line Tools for Xcode were not found.

    1. Xcode* のアプリケーションメニューより [Xcode] > [Preferences...] を開きます。
    2. 表示されたダイアログから Downloads タブを選択し、"Components" より「Command Line Tools」の (↓) ボタンをクリックしてインストールします。
    3. 手順 2. の段階にて Apple Developer ID の入力が必要になることがあります。Xcode* をダウンロードする際に登録(または入力)した ID およびパスワードを入力してください。
  • 製品の旧バージョンを利用されているお客様

    製品バージョン 2013 SP1 以前では、現在 Mac App Store よりダウンロード、またはアップデート可能な Xcode* をサポートしていません。対応する旧バージョンの Xcode* は、Apple 社 Web ページ ( Downloads for Apple Developers) よりダウンロードすることができます。 ※ この Web ページへのアクセスには、Apple Developer ID が必要になります。登録されていない場合には、 Register as Apple Developer (無料会員登録) にてご登録ください。

    例として、製品バージョン 2013 (Initial Release) は "Xcode* 4.4.1" との組み合わせでインストールできます。ダウンロードした .dmg ファイルを開き、中にある Xcode* (Xcode.app) を "アプリケーション" フォルダ (/Applications) にコピーしてください。Xcode* 4.3 以上とともに利用する場合には「Command Line Tools」のインストールも必要になります。

  • 旧バージョンの Mac OS X* および Xcode* を利用されているお客様
    • Mac OS X* 10.8.x と Xcode* 4.6.x から 5.1.x まで

      製品バージョン 2015 および以降のリリースでは、上記の環境はサポートされなくなりました。 有効なサポートサービスをお持ちのお客様は、製品バージョン 2013 SP1 をダウンロードして利用いただけます。

購入時の製品シリアル番号を用いてインテル® レジストレーション・センターで製品の登録を行い、ライセンス・ファイル (拡張子が .lic のファイル) を取得します。その後、取得したライセンス・ファイルを所定のディレクトリーに配置すれば製品版として使用することができます。

具体的な手順、ライセンスファイルの配置場所は 製品登録 & ダウンロードページのシリアル番号の登録方法を参照ください。

  • 評価版から製品版に切り替える際に、再インストールする必要はありません。

インテル® レジストレーション・センターで操作します。
操作手順やよくあるご質問、トラブルシューティングは、インテル ® レジストレーション・センター操作マニュアルを参照ください。

» マニュアルはこちらから

インテル® レジストレーション・センターで操作します。
操作手順やよくあるご質問、トラブルシューティングは、インテル ® レジストレーション・センター操作マニュアルを参照ください。

» マニュアルはこちらから

購入

技術情報

サポート