インテル® Parallel Studio XE 2018 Beta プログラム

Beta プログラムでは、C/C++、Fortran、Python コードの高速化を支援する「インテル® Parallel Studio XE」の次期バージョンで追加される予定の機能をいち早くお試しいただけます。
関連情報
[お知らせ一覧]

インテル® Parallel Studio XE Beta プログラムとは?

C/C++、Fortran、Python アプリケーションの開発、チューニングを支援 インテル Parallel Studio XE

インテル® Parallel Studio XE 2018 Beta プログラムにご登録いただくと、次期バージョンのインテル® Parallel Studio XE へ追加される予定の機能をいち早くお試しいただけるだけでなく、次期バージョンに関するご意見、ご要望をインテル社にやフィードバックすることができます。

こちらの登録ページ (インテル社サイト、英語) で簡単なアンケートに答えるだけで、インテル® Parallel Studio XE 2018 Beta のインストーラーを入手いただけます。是非この機会に新機能をお試しください。

新機能の情報については、「インテル® Parallel Studio XE 2018 Beta 紹介資料 (PDF)」 も併せてご覧ください。

アプリケーション・パフォーマンス・スナップショット

本機能を使用することで、アプリケーションが現代のハードウェア向けに正しく最適化されているかを確認できます。

MPI パフォーマンス・スナップショットとアプリケーション・スナップショットが統合したアプリケーション・パフォーマンス・スナップショットは、簡単かつ便利に、より速く表示、分析できる統一されたパフォーマンス・スナップショット・ビューを提供します。
この機能を使用して、チューニングによってパフォーマンスが改善されるアプリケーションを確認できます。

MPI および OpenMP* 並列処理、メモリーストール、FPU 使用率、I/O 効率など、より効率的なメトリックを活用して計算効率を理解してください。 インテル® MPI ライブラリー、MPICH、および Cray MPI がサポートされます。

こちらの Web ページ (英語) からスタンドアロン版をダウンロードいただくか、またはインテル® VTune™ Amplifier 2018 Beta と一緒にインストールしてください。

本機能の詳細については、「アプリケーション・パフォーマンス・スナップショットのヘルプ記事 (英語)」をご参照ください。

新しいハードウェアから更なるパフォーマンスを獲得

  • インテル® Xeon® プロセッサーおよびインテル® Xeon® Phi™ プロセッサー/コプロセッサー上で、高速なインテル® アドバンスド・ベクトル・エクステンション 512 (インテル® AVX-512) 命令を利用可能

  • インテル® Omni-Path アーキテクチャー・サポートによるクラスターシステム向けアプリケーション、MPI 開発者向けに処理の高速化

未開拓のパフォーマンスをいち早く発見

  • インテル® Advisor - 影響の大きい最適化されていないループを見つけるルーフライン解析

  • アプリケーション・スナップショット – ハイブリッド・コードが最適化を必要とするかを迅速に確認

  • インテル® VTune™ Amplifier – Docker* コンテナー、Java* デーモンで、プライベート・クラウドをプロファイル

マシンラーニング・アプリケーションのパフォーマンスを向上

  • インテル® DAAL (インテル® Data Analytics Acceleration Library) – 新しい最適化済みアルゴリズムでマシンラーニングを高速化

  • インテル® Distribution for Python* - 最適化済みの NumPy/SciPy、scikit-learn パッケージを使用して Python* コードを高速化

最新の規格および IDE をサポート

  • C++ 2017 をドラフトサポート - 並列 STL* 使用してC++ を迅速に並列化、ベクトル化

  • Fortran* 2008 をフルサポート、Fortran 2015 をドラフトサポート

  • OpenMP* 5.0 をドラフトサポート

  • Microsoft® Visual Studio® 2017 をサポート

並列 STL

並列 STL は、C++ 標準の次期バージョン (C++17) 用のワーキング・ドラフト N4640 で指定されているように、実行ポリシーをサポートする C++ 標準ライブラリー・アルゴリズムの実装です。
この実装は、ISO* C++ ワーキング・グループ・ペーパー P0076R3 で指定されている順序付けられていない実行ポリシーもサポートしています。

並列 STLは、インテル® プロセッサー向けの、アルゴリズムの並列実行とベクトル化実行の両方を効率的にサポートします。順次実行の場合、C++ 標準ライブラリーの利用可能な実装に依存します。

本機能の詳細については、「並列 STL ゲッティング・スタート (英語)」をご参照ください。

ドキュメント: インテル® Parallel Studio XE 2018 Beta / インテル® コンパイラー 18.0

インテル® Parallel Studio XE 2018 Beta 紹介資料   おすすめ
インテル® Parallel Studio XE 2018 Beta 版の新機能、新たにサポートする OS やプロセッサーを、各コンポーネントごとにご紹介しています。
説明 PDF
リインテル® Parallel Studio XE 2018 Beta リースノート  

インテル® Parallel Studio XE 2018 Beta 版の製品概要 (新機能、製品内容を含む)、動作環境、既知の制限事項が記載されています。

説明 PDF
インテル® コンパイラー 18.0 Beta リリースノート

製品概要 (新機能、製品内容を含む)、動作環境、既知の制限事項が記載されています。

WEB :

C++: for Windows / for Linux / for macOS
Fortran: for Windows / for Linux / for macOS / デバッグ・ソリューション
説明
インテル® Parallel Studio XE 2018 Beta hat's New - 新機能紹介資料  
各コンポーネントの新機能を詳しくご紹介しています。
説明 PDF
インテル® Parallel Studio XE 2018 Beta ゲッティング・スタート・ガイド

製品概要 (新機能、製品内容を含む)、動作環境、既知の制限事項が記載されています。

WEB :

for Windows / for Linux / デバッグ for Windows

説明
FAQ - よくある質問  
Beta プログラム全般や登録方法に関する一般的な質問と回答が記載されています。
説明 PDF

ドキュメント: 各コンポーネント リリースノート

インテル® Advisor 2018 Beta

製品概要 (新機能、製品内容を含む)、動作環境、既知の制限事項が記載されています。

PDF :

for Windows / for Linux
説明
インテル® VTune™ Amplifier 2018 Beta
製品概要 (新機能、製品内容を含む)、動作環境、既知の制限事項が記載されています。
説明 WEB
インテル® Inspector 2018 Beta

製品概要 (新機能、製品内容を含む)、動作環境、既知の制限事項が記載されています。

PDF :

for Windows / for Linux
説明
インテル® MKL 2018 Beta
製品概要 (新機能、製品内容を含む)、動作環境、既知の制限事項が記載されています。
説明 WEB
インテル® IPP 2018 Beta
製品概要 (新機能、製品内容を含む)、動作環境、既知の制限事項が記載されています。
説明 WEB
インテル® DAAL 2018 Beta
製品概要 (新機能、製品内容を含む)、動作環境、既知の制限事項が記載されています。
説明 WEB
インテル® Distribution for Python* 2018 Beta
製品概要 (新機能、製品内容を含む)、動作環境、既知の制限事項が記載されています。
説明 PDF
インテル® MPI ライブラリー 2018 Beta

製品概要 (新機能、製品内容を含む)、動作環境、既知の制限事項が記載されています。

WEB :

for Windows / for Linux
説明
インテル® Trace Analyzer and Collector 2018 Betad

製品概要 (新機能、製品内容を含む)、動作環境、既知の制限事項が記載されています。

WEB :

for Windows / for Linux
説明

ドキュメント: 各コンポーネント その他資料

インテル® VTune™ Amplifier 2018 Beta インストール・ガイド

インストールの手順や必要条件がが記載されています。

PDF :

for Windows / for Linux / for macOS
説明
インテル® VTune™ Amplifier 2018 Beta ゲッティング・スタート・ガイド
WEB
インテル® VTune™ Amplifier 2018 Beta ヘルプファイル
ZIP
インテル® IPP 2018 Beta 新機能紹介
WEB
インテル® IPP 2018 Beta ディベロッパー・ガイド
WEB
インテル® Trace Analyzer and Collector 2018 Beta 新機能紹介
WEB
インテル® Trace Analyzer and Collector 2018 Beta ユーザー・リファレンス・ガイド
説明
日本語資料 / 英語資料

Webinar

Beta 版の機能についてさらに詳しく知りたい方は、2017年 4月 20日(木) 午前1時〜 2時(日本時間)に開催される参加無料の Webinar 「Get Onboard with Intel® Parallel Studio XE 2018 Beta (英語)」 に是非ご参加ください。Webinar のご登録はこちら。

追加の Webinar 開催が決まりましたら、ハイパフォーマンス・コンピューティング (HPC) Webinar ページ (英語) にてご案内します。

スケジュール

インテル® Parallel Studio XE 2018 Beta プログラムは、2017年 7月 21日を以って終了する予定です。 インテル® Parallel Studio XE 2018 Beta 版のライセンスは、2017年 10月 11日を以って期限切れとなります。

Beta プログラムの終了時に、インテル社から届く Beta 版に関するアンケートにご協力いただきますようお願い申し上げます。

Beta プログラムの期間中、インテル社よりインテル® Parallel Studio XE 2018 Beta のアップデート版が提供される予定です。Beta 版にご登録いただいた方へは、Beta 期間中にアップデート版の提供開始された際に、インテル社よりメール (英語) で案内が届きます。

大まかな Beta プログラムのスケジュールは下記の通りです。

  • 2017年 6月 提供開始済み:
    インテル® Parallel Studio XE 2018 Beta Update 1 (インテル® C/C++ および Fortran コンパイラー、インテル® MKL、インテル® DAAL、インテル® IPP、インテル® Inspector、インテル® Advisor、インテル® VTune™ Amplifier を含む)

  • 2017年 6月初:
    インテル社より Beta 版に関するアンケートが、Beta 版ご登録者へ送られます。

  • 2017年 7月 21日:
    Beta プログラム終了

FAQ

インテル® Parallel Studio XE 2018 Beta に関する FAQは、「インテル® Parallel Studio XE 2018 Beta Program: Frequently Asked Questions (英語、PDF)」 をご覧ください。

サポート

Beta 版に関する技術サポートは、インテル社のオンライン・サービス・センターからお問合せいただけます。

Beta プログラム期間中に、コンポーネント製品のアップデートが提供された際は、インテル® ソフトウェア開発製品 レジストレーション・センターからアップデート版をダウンロードいただけます。

既知の問題

Beta プログラム中に発見、報告された既知の問題については、インテル社 Beta 版 Web ページの「Known Issues (英語)」セクションに随時追加掲載されます。

ご登録方法

こちらの登録ページ (英語) で簡単なアンケートにお答えいただくことで、Beta プログラムにお申込みいただけます。

Beta 版をご登録後、インストーラーのダウンロード画面に表示されるシリアル番号(XXXX-XXXXXXXX 英数字 12 桁) を保管されることをお勧めします。
シリアル番号は今後の技術サポートやアップデート版入手のために必要となります。ご登録後、インテル社からメールでシリアル番号は届かないためご注意ください。

Beta 版登録時に収集された情報は、Beta のテストカバレッジを評価するために使用されます。インテル社のプライバシー・ポリシーはこちらをご覧ください。
ご登録後、インテル® ソフトウェア開発製品 レジストレーション・センターから Beta 版のインストーラーをダウンロードいただけます。

Beta プログラムの終了時に、Beta 版ソフトウェアをお客様の環境からアンインストールいただく必要があります。

購入

技術情報

サポート