Java アプリケーションを高速化


Excelsior JET は、Java アプリケーションを高速化し、Java をリバース エンジニアリングから保護する完全なソリューションです。

お知らせ

■ 2018年 11月 27日:JET 15.3 リリース - OpenJDK API に移行した新バージョン。

( 最新版 JET 15.3 の新機能の詳細はこちら)

■ 過去の Excelsior JET のリリース履歴はこちら

IP の保護と UX の改善

Excelsior JET は、あなたの Java アプリケーションをすばやく起動し、高速に動作する最適化されたネイティブな実行ファイルとして配布することを可能にします。JRE に依存せず、C++ で記述されたようにリバース エンジニアリングから知的財産 ( Intellectual Property ) をも保護します。

Windows / Linux / OS X 対応


5分で読めるクイックスタートガイド(日本語、PDF)

 


Java™ アプリケーションの実行速度と安全性を向上

Excelsior JET 15.3 は、Java アプリケーションの高速化、保護および配布のための完全なソリューションです。 Java SE 8 に対応します。

 

ソリューションの提供
Eclipse RCP Apache Tomcat スタートアップ
タイムの改良
ダウンロード
サイズ縮小

Eclipse RCP の保護ホワイトペーパー

 

Excelsior JET は、JCK (Java Compatibility Kit test suite) をパスし、Oracle からライセンスされています。さまざまなプラットフォーム上において Java 互換認定を受けています。



注目される機能

Excelsior JET 15.3 は、Java アプリケーションの高速化、保護および配布のための完全なソリューションです。 Java SE 8 に対応します。



その他の情報

Excelsior JET 15.3 は、Java アプリケーションの高速化、保護および配布のための完全なソリューションです。 Java SE 8 に対応します。



リリース履歴

2018.11.27
JET 15.3 リリース : OpenJDK API に移行した新バージョン
2018.5.9
JET 15.0 リリース : インクリメント コンパイル機能追加
2018.1.10
JET 14.0 リリース : 最適化されたアプリケーションのパフォーマンス向上
2017.10.3
JET 12.0 MP1 リリース : Java SE 8 update 144 サポート
2017.7.11
JET 12.0 リリース : プロファイルに基づく最適化オプション サポート
2017.3.7
JET 11.3 MP1 リリース : Java SE 8 update 121 サポート
2016.11.2
JET 11.3 リリース : Java SE 8 Compact Profiles サポート
2016.9.1
JET スタンダード エディションを無償化
2016.4.29
JET 11.0 メンテナンス パック 3 (MP3) リリース
2016.3.11
JET 11.0 メンテナンス パック 2 (MP2) リリース
2015.12.8
JET 11.0 メンテナンス パック 1 (MP1) リリース
2015.9.29
JET 11.0 リリース : Java 8 サポート
2015.6.10
JET 10.5 メンテナンス パック 2 (MP2) リリース
2015.3.25
JET 10.5 メンテナンス パック 1 (MP1) リリース
2015.3.25
JET 8.0 最終アップデート (MP2) リリース
2015.2.3
JET 10.5 リリース : 新しいガベージ コレクター機能

 

 

ページトップへ