Docker を使用したインストール


Docker を通した Kong の使用方法についての詳細は、Kong の画像をホストする Dockerhub レポジトリを参照してください。また、ビルトイン オーケストレーションおよび拡張性を備えた Docker Compose のテンプレートも利用可能です。

以下は、Kong コンテナーを Cassandra または PostgreSQL コンテナーへリンクするための簡単な例です:


インストール手順:


  1. データべースを起動

    Cassandra コンテナーを使用する場合:

    $ docker run -d --name kong-database \
                  -p 9042:9042 \
                  cassandra:2.2

    PostgreSQL コンテナーを使用する場合:

    $ docker run -d --name kong-database \
                  -p 5432:5432 \
                  -e "POSTGRES_USER=kong" \
                  -e "POSTGRES_DB=kong" \
                  postgres:9.4
  2. データベースの準備

    一時的な Kong コンテナーを使用して、移行を実行します。

    $ docker run -it --rm \
                  --link kong-database:kong-database \
                  -e "KONG_DATABASE=postgres" \
                  -e "KONG_PG_HOST=kong-database" \
                  -e "KONG_CASSANDRA_CONTACT_POINTS=kong-database" \
                  kong:latest kong migrations up

    上記の例では、Cassandra および PostgreSQL の両方が設定されていますが、cassandra または postgres のどちらかで KONG_DATABASE の環境変数を更新する必要があります。

    注意: 移行を同時に実行してはいけません。一度につき 1 つの Kong ノードにみが移行を実行することができます。

  3. Kong を起動

    移行が完了してデータベースの準備ができたら、Kong を起動して、一時的な Kong コンテナーのように任意のデータベース コンテナーにリンクします。

    $ docker run -d --name kong \
                  --link kong-database:kong-database \
                  -e "KONG_DATABASE=postgres" \
                  -e "KONG_PG_HOST=kong-database" \
                  -e "KONG_CASSANDRA_CONTACT_POINTS=kong-database" \
                  -p 8000:8000 \
                  -p 8443:8443 \
                  -p 8001:8001 \
                  -p 8444:8444 \
                  kong:latest
  4. Kong の使用

    Kong が実行されています。

    $ curl -i http://localhost:8001/

    クイックスタート (5分) を参照して、Kong の使用方法を素早く学ぶことができます。

価格/お問い合わせ

製品の詳細、価格、ライセンス体系、デモの依頼など、お気軽にお問い合わせください。