Red Hat を使用したインストール


パッケージ:

構成に対応するパッケージをダウンロードします。

RHEL 6 RHEL 7

YUM レポジトリ:

以下の YUM レポジトリを使用し、Bintray の手順に従って Kong をインストールすることができます。

RHEL 6 YUM RHEL 7 YUM


インストール手順:


  1. EPEL レポジトリの有効化

    Kong をインストールする前に, Kong によるすべての必要な依存関係の取得を可能にするため、オペレーティング システムの正しいバージョンに epel-release パッケージをインストールする必要があります:

    $ EL_VERSION=`cat /etc/redhat-release | grep -oE '[0-9]+\.[0-9]+'` && \
      sudo yum install https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-${EL_VERSION%.*}.noarch.rpm
    
  2. パッケージのインストール

    パッケージをダウンロードする場合、以下を実行します:

    $ sudo yum install kong-0.10.2.*.noarch.rpm --nogpgcheck
    
  3. データベースの設定

    データベースへ接続できるように Kong を設定します。Kong は、データベースとして PostgreSQL 9.4+ および Cassandra 3.x.x の両方をサポートします。

    Postgres を使用する場合、Kong 起動前にデータベースおよびユーザーをプロビジョニングします:

    CREATE USER kong; CREATE DATABASE kong OWNER kong;
    
  4. Kong を起動

    $ kong start
    
    # Kong is running
    $ curl 127.0.0.1:8001
    
  5. Kong の使用

    クイックスタート (5分) を参照して、Kong の使用方法を素早く学ぶことができます。

価格/お問い合わせ

製品の詳細、価格、ライセンス体系、デモの依頼など、お気軽にお問い合わせください。