download top

ドキュメント (0.11.x)

Kong がどのようにして API を加速していくのか学びましょう。

クイック スタート (5分)


始める前に: 必ず Kong をインストールしてください - インストールは数分で完了します!

このセクションでは、Kong インスタンスの管理方法を学ぶことができます。最初に、Kong を起動し、API やコンシューマーなどの管理を行う RESTful Admin インターフェイスへのアクセスを取得します。Admin API を介して送信されたデータは、Kong の データベースに格納されます (Kong は PostgreSQL および Cassandra をサポートします)。


  1. Kong の起動

    次のコマンドで Kong の移行を実行して、データベースを準備します:

    $ kong migrations up [-c /path/to/kong.conf]
    

    Kong によるデータベースの移行の成功を伝えるメッセージが表示されます。そうでない場合、Config (設定) ファイル内のデータベース接続を誤って設定している可能性があります。

    早速 Kong を起動してみましょう。

    $ kong start [-c /path/to/kong.conf]
    

    注意: CLI では、異なる設定を指し示す Config (設定) オプション (-c /path/to/kong.conf) も利用可能です。

  2. Kong が正常に起動したことを確認

    これらが成功したら、Kong が実行中であることを知らせるメッセージ (Kong started) が表示されます。

    デフォルト設定の Kong は、次のポートを待機します:

    :8000 Kong がクライアントからの着信 HTTP トラフィックを待機し、アップストリーム サービスへ転送します。

    :8443 Kong が着信 HTTPS トラフィックを待機します。このポートは、:8000 と同様の動作をしますが、HTTPS トラフィックのみを想定しています。Config (設定) ファイルを介して、このポートを無効にすることができます。

    :8001 Kong の設定に使用される Admin API が待機します。

    :8444 Admin API が HTTPS トラフィックを待機します。

  3. Kong の停止

    必要に応じて、以下のコマンドを実行して、Kong のプロセスを停止することができます:

    $ kong stop
  4. Kong のリロード

    以下のコマンドを実行して、ダウンタイムなしで Kong をリロードすることができます:

    $ kong reload
  5. 次のステップ

    ここまでで、Kong の実行が完了し、Admin API へアクセスすることができるようになりました。

    API の追加」を参照して、早速始めましょう。

デモの依頼

製品の詳細、ライセンス体系、デモの依頼など、お気軽にお問い合わせください。