MKS Homepage v10.2

PTC MKS Toolkit 10.2

PTC MKS Toolkit は UNIX から Windows へのスクリプト、接続およびアプリケーション マイグレーションの最先端ツールです。

注意: PTC のテクニカル サポートへのコンタクト方法が変更となりました。他の PTC 製品と同じ方法で、PTC eSupport Portal から PTC のテクニカル サポートへコンタクトし、PTC eSupport Portal の機能をすべて利用可能です。詳細は、 http://support.ptc.com をご確認ください。

注意: PTC のテクニカル サポートでは、MKS Toolkit 製品に関しては、英語でのみ問い合わせを受け付けております。日本語でテクニカル サポートを利用する場合には、 こちらからお問い合わせください。

セキュリティの脆弱性の解決

PTC では、ソフトウェア セキュリティを非常に重視しています。通常の監査の一部として、すべてのサードパーティのライブラリとツールを列挙しました。監査の結果、PTC MKS Toolkit および PTC X/Server にはいくつかの既知の脆弱性を持つライブラリが存在することが判明しました。いずれの場合も、最新のパッチを使用してソフトウェアを最新のバージョンに更新することにしました。多くの場合、ソフトウェアが統合されているため、この脆弱性はおそらく当てはまらないことが判明しました。それ以外の場合、PTC MKS Toolkit または PTC X/Server 環境内で特定の問題を引き起こす可能性は低いです。 例えば PTC X/Server には、クライアントサイドの OpenSSL と OpenSSH のみが含まれています。これらの解決されたセキュリティ上の脆弱性のリストについては、修正済みの問題を参照してください。

LLVM のバージョンを 6.0.1 へアップデート

PTC MKS Toolkit PTC NuTRACKER SDK に含まれる LLVM コンパイラは、バージョン 6.0.1 へアップデートされました。さらに、LLVM リンカーは、lld-link.exe (Microsoft 互換のコマンドライン引数)、および GNU ld に非常に似たコマンドライン引数を取る lld-ld.exe として含まれるようになりました。(PTC MKS Toolkitのld (1) にはたくさんの GNU ld のようなオプションがありますが、これらはすべての利用可能なオプションの 100% をカバーするわけではありません。) LLVM コンパイラが使用されると、LLVM リンカーがデフォルトで使用されます。詳細については、UNIX から Windows へのポーティング ガイドを参照してください。

PTC NuTCRACKER SDK のリリース 10.2 では、GNU cc コマンドラインの互換性が向上しました。clang とlld-ld、そして最新の C/C ++コンパイラにより、C と C ++の Windows へのポーティングがこれまでになく簡単になります。autoconf は、まだソフトウェアを作成するための移植性の高いソリューションではありませんが、clang や lld-ld と組み合わせるとはるかに近くなります。

セキュア シェルが OpenSSL のバージョンを 7.8p1 へアップデート

セキュア シェル ポートがバージョン 7.8p1 にアップデートされました。このリリースでは、いくつか重要な変更があります。

Visual Studio 2019

PTC MKS Toolkit 10.2 は、Microsoft Visual Studio 2019 との互換性を有しています。

Visual Studio IDE 対象の新しいプラグインは、PTC MKS Toolkit 10.2 へ書き込まれインストールされています。これらのプラグインは、以前のバージョンのマニュアル インストラクションを置き換えます。PTC は、ポート時間の短縮および UNIX との互換性を最大限にするために UNIX メイクファイルの使用を推奨します。「The UNIX to Windows Porting Guide」は、新しいプラグインと共に Visual Studio 2019 および以前の IDEs を使用するための新しいインストラクションと共にアップデートされました。古いインストラクションも保管されています。

Visual C++ 2019 は、以前のバージョンよりも C++ 17 との高い互換性を有します。100 パーセントの互換性はありませんが、clang++ と共有された C++ ヘッダーとランタイムを使用するのに十分な高い互換性を有します。C++ のランタイム ライブラリは、新しい POSIX.1 2008 C ランタイム ライブラリ ワークから利益を得るため、完全なスレッド対応であり、Microsoft C++ を使用した場合は約 95 パーセント、また clang++ を使用した場合は約 97 パーセントの Microsoft C++ を使用した LLVM C++ ランタイム ライブラリ テストを受け渡します。

Platform SDK が Visual Studio 2015 以降と共にインストールされた場合、clang はリンカーを見つけることができず、環境を設定するために NCENV (1) が必要です。clang バージョン 6 は、VS 2015 以降にインストールされた場合は、プラットフォーム SDK リンカーを見つけ、プラットフォーム SDK がインストールされていない場合には独自のものを提供します。ただし、C ++ コードには kernel32.lib が必要なため、Windows SDK なしで PTC NuTCRACKER SDK を使用することは現時点ではできません。

新しい PTC NuTCRACKER ライブラリと API の追加

最新の LLVM を移植するにつれて、不足しているライブラリと API が見つかりました。最新の clang と Microsoft Visual C ++ コンパイラを使用して libc ++ をテストすると、ランタイムエラーが発生します。その結果、libm はより多くのテストに合格するように改良および更新されました。

PTC NuTCRACKER ヒープ パフォーマンスの向上

PTC NuTCRACKER プラットフォーム ヒープ 管理は、SmartHeap のソース ライセンスを使用して実装されています。新しい実装をインポートする必要があるかどうかを評価する際に、PTC NuTCRACKER プラットフォームによって管理されているさまざまなヒープにアクセスしようとしている複数のスレッド間で大きな競合があることがわかりました。多くの NuTCRACKER API で使用されているクリティカル セクションの実装が分析され、Microsoft が Windows のクリティカル セクションに追加したパフォーマンスの向上の多くに合わせて実装が改善されました。その結果、複数のスレッドにヒープ アクセスを競合させるように設計されたテスト ケースで、パフォーマンスが大幅に向上しました。NuTCRACKER の重要なセクションで保護されている他のデータでも、同様のパフォーマンスの向上が見られると思われます。

Windows 10 と Visual Studio の迅速な開発

Microsoft は急速な開発とリリースのサイクルを迎えました。これは、新しい機能が通常のメジャー リリース サイクル以外で提供されることを意味します。PTC MKS Toolkit 10.0 では、Windows 10 が機能アップデートをリリースしたときに PTC MKS Toolkit を実行することを許可していませんでした。このアプローチの問題点は、PTC MKS Toolkit が Windows 10 の機能レベルで動作することを宣言する前に、これらの機能の更新が頻繁に行われ、完全な回帰テスト スイートを実行する必要があることです。Microsoft はフォークを壊したアップデートをリリースし、後に Unix ドメイン ソケットの実装を完全に壊したバージョンをリリースしました。PTC はこれらのそれぞれに対するパッチをリリースしました。これらの問題がますます頻繁に発生するようになったので、PTC MKS Toolkit の最初のインストールと同時にインストールできるパッチを作成する機能を追加しました。1 回の操作でインストールとパッチを適用するこのプロセスは、こちらで説明されており、PTC MKS Toolkit (および PTC X/Server) 10.2 以降が必要です。

10.2 で C ++ ランタイム ライブラリに対して Visual Studio 2017 (15.9 update) の回帰テストを実行したところ、C ++ コンパイラが互換性のない方法で変更され、(libc ++ ヘッダを使用する) 実質的に C ++ コードがコンパイルされずに膨大な数のテストエラーが発生することがわかりました。 Microsoft は、PTC MKS Toolkit が 1 つの hotfix にさらに多くのバイナリをパッチを適用し、初期インストールにパッチを適用できるようにする、はるかに単純な small update の Windows インストーラパッチを導入しました。これらの両方のオプションにより、PTC MKS Toolkit を企業に簡単に導入できます。

その結果:

  1. PTC MKS Toolkit による徹底的なテストが行われるまで、Windows 10 と Visual Studio の更新を制限をお勧めします。
  2. PTC は、問題を発見した後、その問題を解決するのに最善を尽くします。
  3. PTC は、これらの問題を修正し、お客様から報告があり次第、これらの問題を修正するためのパッチおよび hotfix を今後もリリースしていきます。
  4. PTC MKS Toolkit サポートを常に最新の状態に保つ必要性は、パッチを適用する必要がある非互換性として、これまで以上に重要になりました。

PTC MKS Toolkit ユーティリティのコードページを変更

歴代的にすべての PTC MKS Toolkit ユーティリティは、コンソール コード ページを OEM または ANS Iに変更します。ユーティリティは、多くのリリースで narrow API を使用してコンソールに書き込みを行っていません (したがって、特定のコードページを選択する必要があります)。 PTC MKS Toolkit に narrow API の使用を強制する方法はありますが、文書化またはテストはされていません。以下は問題の例です:

c:\> chcp 65001
c:\> sh
$ stty -a
line echo iproc -winput -minput oproc owrap cp 437
columns 132,132 rows 43,1000 pos 864,418 display restore
erase unset
$ exit
c:\>chcp
Active code page: 65001

ユーティリティが終了すると、コードページを以前の値に復元します。PTC MKS Toolkit ユーティリティのみが実行されている限り、操作に全く問題ありません。ただし、 narrow console writes (ANSI API) を利用するネイティブ Win32 コンソール プログラムを子として実行すると、ANSI または OEM コード ページが選択された状態で表示されます。その意図が、その narrow writing のコンソール プログラムに特定のコード ページを発行させることであるならば、その意図は、不必要なコードページの変更によって無効になります。

PTC MKS Toolkit 10.2 ライブラリは、この不要なコードページの変更を削除します。この変更のテスト中に、PTC MKC Toolkit ライブラリ (cbreakモード) が narrow (ANSI / OEM) API を使用してコンソールから読み取ることが判明しました。 こちらも修正されたので、この最後に残っていた 8 ビット文字のベストが削除されました。

他のプログラムを PTC MKS Toolkit と混在させることで問題が発生した場合、コードページを 437 (またはそのローカルの OEM に相当するもの) に変更すると、すべて以前の動作に戻る可能性があります。 cbreak モードを Unicode 読み取りに修正したことによるサイドエフェクトとして、vi および sh vi 編集モードで Unicode 文字を正しく入力できるようになりました。

プラットフォームの変更

以前のリリースからの新機能


必要なハードウェアとソフトウェア

PTC MKS Toolkit 製品は、特定のハードウェアを必要としません。下記のオペレーティング システムを起動するのに十分なマシンで動作します。すべての PTC MKS Toolkit 製品は、Intel 32 ビットまたは Extended Architecture 64-bit (x64) プロセッサの Windows システムで起動します。

注意: MKS Toolkit 製品のサポート範囲は、サポートする OS 上の PTC MKS Toolkit の動作となります。仮想環境での動作は正式サポートされていません。特にノードが固定されない仮想環境では、アクティベーションの問題が発生する場合があります。導入前に評価版にてご検証いただくことを推奨いたします。

PTC MKS Toolkit 製品は、以下のソフトウェアが必要です :

PTC MKS Toolkit をインストール時に、開発ユーティリティで使用するデフォルトのコンパイラーを指定します。選択したデフォルトのコンパイラーを変更するには、以下の手順を実行します:

  1. すべての PTC MKS Toolkit の shell とユーティリティを閉じます。

  2. Windows のコントロール パネルから プログラムの追加と削除 を選択します。

  3. プログラムの一覧から PTC MKS Toolkit を選択し、 変更 ボタンをクリックします。MKS Toolkit のインストーラが起動します。

  4. Program Maintenance ダイアログが表示されたら、 Modify オプションをチェックし、 Next > ボタンをクリックします。

  5. インストーラが PTC MKS Toolkit の設定を編集する際に、他のインストーラ オプションの変更と同様に新しいデフォルトのコンパイラーを選択する場面があります。

  • 配布 Visual Studio 2005 でビルドした NuTCRACKER Platform アプリケーションを配布する際には、各ターゲットのマシンに Windows Installer 3.1 (またはそれ以降) をインストールして、NuTCRACKER Platform のすべてのパーツを正常にインストールする必要があります。

  • Windows Task Scheduler PTC MKS Toolkit Scheduler、コマンド ラインのスケジューリング ユーティリティ ( atbatchcrontab および wts) は、Internet Explorer 4 (またはそれ以降) および Windows Task Scheduler が必要です。 多くの Windows OS ではインストール済みです。

    または、以下の Web サイトから Internet Explorer およびその add-on をダウンロード可能です:
    http://www.microsoft.com/windows/ie


  • PTC MKS Toolkit のインストール

    MKS Toolkit 7.5 またはそれ以前を持っている場合、または MKS NuTCRACKER Professional の以前のバージョンを持っている場合、それを アンインストール するか、または PTC MKS Toolkit 10.2 を他のマシンにインストールすることを推奨します。

    SCO XVision Eclipse をインストールしたマシンにインストールする場合、MKS Toolkit 10.2 をインストールする前にアンインストールしてください。

    注意: 日本語マシンに PTC MKS Toolkit for Interoperability または PTC MKS Toolkit for Enterprise Developers をインストールし、XVision Eclipse をアンインストールする場合、PTC MKS X/Server は、これらの製品用の標準英語ライセンスではインストールされません。 正しいライセンスの取得に関しては、 お問い合わせください。

    64 ビット マシンに PTC MKS Toolkit をインストールする場合、始めに以前にインストールした MKS Toolkit のリリースをアンインストールしてください (version 8.6 およびそれ以前)。

    どのプラットフォームでも MKS Toolkit for Enterprise Developers 64-bit Eiditon をインストールする場合、始めにインストール済みの PTC MKS Toolkit をアンインストールしてください。

    PTC MKS Toolkit をインストールする際には、ローカルまたはドメインの管理者権限でインストールする必要があります。管理者である必要はありませんが、使用するログイン ID は、PTC MKS Toolkit をインストールする前に、ローカルまたはドメインの Windows 管理者グループのメンバーとして登録する必要があります。

    すべての PTC MKS Toolkit 製品は共通のインストーラを使用します。CD からインストールする場合、PTC MKS Toolkit distribution CD を挿入すると、インストーラが自動的に起動するはずです。インストーラをダウンロードした場合、自己解凍形式のインストーラを起動します。

    PTC MKS Toolkit をインストールするには、 Install Toolkit ボタンをクリックし、表示されるダイアログに従ってインストールを実行してください。

    注意: PTC MKS Toolkit をインストールする前に、すべてのウィルス検索ソフトを停止してください。これらのソフトウェアは、インストールを妨げ、インストールできない場合があります。 PTC MKS Toolkit のインストールが終了後、ウィルス検索ソフトを再度、起動してください。

    インストール手順の詳細およびインストールに関する FAQ は、 http://www.mkssoftware.com/support/install.asp を参照してください。

    Silent および Administrative インストール

    PTC MKS Toolkit の Administrative および Silent のインストール手順および情報に関しては、 http://www.mkssoftware.com/support/install.asp を参照してください。

    Patch のインストール

    同じマシンに PTC X/Server と PTC MKS Toolkit の Patch をインストールする場合、PTC X/Server の Patch を適用する前に、PTC MKS Toolkit の Patch を適用して、共有コンポーネントをアップデートすることを推奨します。PTC X/Server の Patch を最初にインストールしてもエラーにはなりませんが、Patch のインストールの完了後、再起動が必要な場合があります。PTC MKS Toolkit を最初にインストールすることで、再起動が必要なリスクを軽減することができます。

    PTC X/Server の Patch のインストール手順に関しては、 http://www.mkssoftware.com/support/install.asp を参照してください。

    PTC MKS Toolkit CD に含まれるその他のコンポーネント

    また、PTC MKS Toolkit CD には、通常のインストール手順ではインストールされないアイテムが含まれます。以下のアイテムとなります:


    PTC MKS Toolkit のアンインストール

    PTC MKS Toolkit 8.x, 9.x または 10.x のアンインストール

    PTC MKS Toolkit をアンインストールするには、以下の手順でアンインストールします:

    1. コントロール パネル から アプリケーションの追加と削除 を選択します。

    2. PTC MKS Toolkit 8.x, 9.x または PTC MKS Toolkit 10.x を選択します。

    3. SCO XVision Eclipse (または PTC X/Server) を削除します。(X Server パッケージのいずれか一つをインストールした場合に、この作業は必要です。 この X Server は、通常、PTC MKS Toolkit for Interoperability、PTC MKS Toolkit for Enterprise Developers およびPTC MKS Toolkit for Enterprise Developers 64-bit Edition と一緒にインストールされます。)

    PTC MKS Toolkit を再インストールする前に、システムを再起動してください。

    以前のバージョンの PTC MKS Toolkit のアンインストール

    MKS Toolkit 7.x バージョンをアンインストールするには、system ディレクトリ以下の TKUninstall ユーティリティを起動します (system ディレクトリで、 windir -s コマンドで検索できます)。

    または、以下の手順でコンポーネントを手動でアンインストールすることも可能です:

    1. コントロール パネル から アプリケーションの追加と削除 を選択します。

    2. 順番に、以下を削除します (表示される場合):
        MKS Evaluation Guide
        MKS Toolkit 7.x
        MKS Platform Components 7.x

    PTC MKS Toolkit を再インストールする前に、システムを再起動してください。


    PTC MKS Toolkit のアクティベーション

    PTC MKS Toolkit version 10.2 では、コピー プロテクトされ、MKS Activation Server ( http://www.mkssoftware.com/) へのアクティベーション処理が必要です。 ソフトウェアをノードロックし (1 ライセンスにつきシングル コンピュータ システムに紐付けます)、ユーザー数をカウントします (Named Authenticated Users を指定する必要があります)。 PTC MKS Toolkit をインストール後に、このアクティベーション処理を行います。そのため、ユーザーのマシンでソフトウェアをアクティベートできないマシンがないように、製品展開を計画する必要があります。

    PTC MKS Toolkit 10.2 のアクティベーションに関する詳細は、ここを参照してください:
    http://www.mkssoftware.com/docs/activation

    PTC MKS Product Activation の FAQ サイトもご参考ください:
    http://www.mkssoftware.com/support/kb/activation

    その他、詳細は、 こちらまでお問い合わせください。


    既知の問題

    以下、PTC MKS Toolkit 10.2 の既知の問題です:


    テクニカル サポート

    既存および新規のサポート ケースに関して、PTC テクニカル サポートへコンタクトするには、PTC eSupport Portal ( http://www.ptc.com/support/) にログインしてください。PTC オンライン ツールにアクセスするには PTC SCN (Service Contract Number) が必応です。また有効な PCS (年間サポート プラン) をお持ちのお客様にはエクスクルーシブなアクセスを提供します。

    SCN で利用できない、テクニカル サポートのサービスを利用できない、PCS (年間サポート プラン) の再開に関して不明な点があるなどの場合、日本語でのお問い合わせは、 こちらから承っております。


    その他の PTC MKS Toolkit のリソース

    PTC MKS Tookit 製品に関してその他のソースおよび追加情報があります。

    以下の Web サイトに、技術仕様や詳細なユーティリティの内容およびデータシートなど一般的な製品情報があります:

    以下の Web サイトに、サンプルのスクリプトを含むリソース キット、その他のユーティリティ、チュートリアルおよびさまざまな役に立つ情報があります:

    以下の Web サイトに、PTC MKS Toolkit の機能の使用に関した、その他の記事、チュートリアルおよび White Paper があります:

    以下の Web サイトに、長年の実績で積み重ねてきた PTC MKS Tookit に関する詳細な技術情報や検索可能なデータベースがあります:

    以下の Web サイトに、一般的な質問と回答 FAQ があります:

    以下の Web サイトに、既知のインストールに関する問題の一覧があります:


    修正済みの問題

    PTC MKS Toolkit 10.2 で、修正した問題があります。以下の Web サイトに一覧があります:

    以前のリリースの修正済みの問題