IoT 開発を次のステージへ

mockmock は、クラウド上に仮想デバイスを作成し、開発中のサーバーに疑似データをお届けするサービスです。
実デバイスを使わずにサーバーアプリケーションの開発を進められ、今までにないスマートな IoT 開発が実現します。

top_image

さまざまな場面で IoT 開発を支援

Poc

PoC をよりスピーディーに!

IoT システムの PoC では、サーバーアプリケーションのデータ解析処理が肝になりますが、データを収集する実デバイスの用意に多くの時間を取られてしまいます。mockmock を使えば、実デバイスに代わる仮想デバイスをすぐに用意できるので、スピーディーな PoC が可能です。

develop

開発をより効率的に!

IoT システムのサーバーアプリケーションを開発する際には、さまざまなパターンのデータを想定した動作確認が必要となります。mockmock を使えば、思い通りにデータが作成できるため、動作確認作業が簡単になります。その結果、より効率的に開発を進めることができます。

develop

運用をより安定したものに!

IoT システムの実デバイスの数が増えると、サーバーアプリケーションが負荷に耐えられなくなるなど、思わぬ事態が発生します。mockmock を使えば、大量の仮想デバイスを用意できます。リリース前に負荷検証を行うことで、より安定した運用が可能となります。

思いのままに制御できる仮想デバイス

mockmock が提供する仮想デバイスは、瞬時に動作や台数を変更できます。 欲しいデータを、欲しいタイミングで、欲しい量だけ受け取ることができます。

疑似データを簡単に設定

データの階層構造や、値の型・生成方法などをコンソール上で入力するだけで、簡単に疑似データを設定することができます。時間とともに変化する値や、デバイス固有の値、データの生成時間などを自由に組み合わせて、実デバイスの代わりができる疑似データを生成することが可能です。

デバイスの状態遷移も設定可能

デバイスの状態遷移の設定を行うことで、送られるデータを状態に応じて変えることができます。これにより、デバイスにエラーが発生した場合や、デバイス周辺の環境が変化した場合などに起こるデータの変化をシミュレーションすることができます。

時間とともに変化する値も思いのまま

時間とともに変化する値も簡単に設定できます。視覚的にグラフの形を変えながら編集できるため、思いどおりの値を送ることができます。値を生成する計算式を考える必要はありません。また、値のゆらぎ幅を設定することで、より自然な値の変化をさせることもできます。

IoT 開発に余裕をもたらす

mockmock を使うことで、PoC・開発・運用すべてのフェーズがスムーズに進み、余裕が生まれます。 その余裕を活かし、IoT システムの価値をさらに高めることができます。

仮想デバイス 1 台分が 1 年間無料で使えます

新規登録する