PhotoModeler UAS

PhotoModeler UAS は、ドローンや無人航空機で撮影した写真を利用するプロジェクトに特化した機能を備えています。


PhotoModeler UAS の概要


PhotoModeler UAS の主要な機能


  • Volume Object を使った高精度の容積測定
  • 測地系の処理
  • マルチスペクトル画像のサポートおよびフォルス カラー画像や NDVI 画像、類似のメトリクスを用いたオルソ画像
  • 座標系またはコントロール データとしての UAV/EXIF/GPS データの処理
  • 精密な UAV カメラの自動キャリブレーション
  • PDF によるプロジェクト レポート
  • 使いやすさ: Windows のユーザー インターフェイス、ウィザードによる容易なプロジェクトの設定、多様なマルチメディア チュートリアル (4 時間以上の動画を提供)、ユーザー ガイド、豊富なオンライン ヘルプなどが利用できます。
  • モデリング ツール: PhotoModeler のポイント、ライン、カーブ、エッジ、シリンダー、シェイプなどのマーキング ツールを使用してモデルを作成します。
  • サーフェス ツール: ポイント、ライン、カーブ、エッジで定義されるフィーチャーにサーフェスを追加します。ライン、エッジ、カーブから NURBS サーフェスを作成します。
  • フォトテクスチャ: サーフェスにフォトテクスチャや色を追加します。テクスチャを 3DS、OBJ、VRML、3DM 形式でエクスポートできます。
  • 3D ビューアー: オブジェクトを表示、測定、選択し、フォトテクスチャ付きで作成した 3D モデルをインタラクティブに回転できます。
  • 測定ツール: PhotoModeler 内でのポイント、距離、寸法、面積などの測定が可能です。
  • コード ターゲット: プロジェクトの設定 (最初のマーキングやリファレンス) を自動化し、またソフトウェアが画像から認識する特殊なコード リングを持つターゲットを使って 3D データ ポイントを抽出します。
  • Scale/Rotate/Translate: この機能では、プロジェクトに応じて拡大縮小機能を適用し、モデルに適切な座標系を設定してエクスポートできます。
  • エクスポート機能: 作成したモデルを Autodesk DXF (2D および 3D)、3D Studio 3DS、Wavefront OBJ、VRML (1&2)、IGES、OpenNURBS/Rhino、StereoLithography STL、RAW、Maya Script、Max Script、FBX、Google Earth の KML や KMZ などにエクスポートできます。
  • インポート機能: 3D データをインポートし、コントロール ポイント、アフィン座標系、メッシュの比較、フォト プロジェクションなどに使用できます。
  • 写真の処理: 写真は何枚でも使用でき、途中で追加したり、異なる画像形式のファイルをインポートすることもできます。 *画像制御: 正確なサブピクセル マーキングには広範な Zoom Tools (ズーム ツール)を、より表示しやすくするには Photo Rotate (写真の回転) を、可視性の向上には Image Enhancement (画像処理) を使用します。
  • 使用可能なカメラ: デジタルカメラ、フィルム用カメラ、ビデオカメラからの画像を使用できます。Automatic Camera Orientation 機能により、撮影時のカメラの位置を測定できます。1 つのプロジェクトで複数の異なるカメラを使用できます。
  • キャリブレーション: カメラの焦点距離、主点、アスペクト比、レンズの歪みなどを正確に計測します。
  • フォトプロジェクション 3D データを写真に投影してプロジェクトのクオリティを確認します。
  • カスタマイズ可能なインターフェイス: PhotoModeler 画面のレイアウトや外観をコントロールします。ツールバーやショートカット キー、および 3D オブジェクト、プロジェクション、3D ビューアーなどの色がカスタマイズできます。



システム要件


PhotoModeler UAS 2010 以降のバージョンは、次の OS でサポートされています。

  • Windows 10
  • Windows 8
  • Windows 7
  • Vista

PhotoModeler は、ここに記載されていない別のバージョンの Windows でも使用できる場合がありますが、ビデオやインターフェイス ドライバーなどに関連する問題が発生する可能性があります。Windows XP はサポート対象ではなく、Windows XP x64 では動作しないことがわかっています。PhotoModeler を Mac で使用するには、 こちらをご参照ください。


最低システム要件

PhotoModeler UAS の最低システム要件 (SmartMatch や Scanner を使ったプロジェクトの場合) は、以下のとおりです。

  • 2.5Ghz Mhz プロセッサー
  • 8GB RAM (RAM の容量が大きいほど望ましく、16 - 64GB とされている場合もあります)
  • ハードディスクの空き領域: 400MB
  • 画面解像度: 1024×768 / 24 ビット カラー

独自のモデルを作成するには、デジタル カメラなど画像をキャプチャする手段が必要です。

推奨システム要件

PhotoModeler の使用における最適なコンピュータ構成およびハードウェア要件は、使用するソフトウェアのバージョンと、実行するプロジェクトの種類によって異なります。

航空写真を使ったプロジェクトを含む、PhotoModeler UAS および PhotoModeler Scanner の DSM、SmartMatch を使ったプロジェクトでは、ハードウェアに負担がかかる場合があります。大量の RAM にアクセスするには、64 ビット バージョンの Windows OS が必要です。比較的解像度の高い画像や、多数の写真を使用する場合には、Intel i7 などの CPU (最低でも 2.5GHz、3GHz 以上を推奨) を使用することにより、処理時間を削減できます。

注意: 現時点ではさまざまなプロセッサーや構成のパフォーマンスを比較する正式なテスト結果は存在しませんが、Xeon プロセッサーでは、プロジェクトの処理などある特定の PhotoModeler のタスクにおいて、i7 プロセッサーほどうまく機能しない場合があることがわかっています。



インポートできるファイル形式

PhotoModeler UAS では、次のファイル形式の画像がインポートできます。

  • JPEG (.jpg)
  • Tiff (.tif)
  • Windows BMP (.bmp)
  • PC Paintbrush (.pcx)
  • Targa (.tga)
  • Portable Network Graphics (.png)
  • Pict (.pct)
  • Photoshop (.psd)
  • Portable Pixmap (.ppm)
  • Macintosh Paint (.mac)
  • EA Interchange File Format (.iff)
  • CALS Raster (.cal)
  • PhotoCD (.pcd)
  • Silicon Graphics Image (.sgi)
  • Silicon Graphics RGB (.rgb)
  • Jpeg2000 (.jp2/.jpx)
  • MS HDphoto (.hpd/.wdp)

また、(コントロール ポイント、座標系の変換、透視モデルのマッチングなどに使用される) 次の 3D ファイル形式をインポートできます。

  • DXF
  • Wavefront OBJ
  • 3D Studio
  • Raw Text file
  • CSV


エクスポートできるファイル形式

PhotoModeler、PhotoModeler Scanner、および PhotoModeler UAS では、3D モデルのデータを次のファイル形式でエクスポートできます。

拡張子 ファイルの種類 写真テクスチャのサポート
3ds 3D Studio
3dm Rhino
csv Comma Separated Values
dxf 2D & 3D DXF
fbx Filmbox
igs IGES
kml Google Earth
kmz Google Earth
las ASPRS LAS
ma Maya スクリプト
ms 3D Studio Max スクリプト
obj Wavefront
pts PTS - XYZ スキャン データ
txt RAW XYZ 座標
wrl VRML 1 & 2
byu Brigham Young 三角メッシュ
facet FACET 三角メッシュ
iv Inventor ポイント クラウド、三角メッシュ
ply Polygon 三角メッシュ
stl STereoLithography 三角メッシュ
txt RAW ポイント クラウド xyz ポイント クラウド†

[その他のファイルのエクスポート]

アニメーション
PhotoModeler では、3D ビューのアニメーション ビデオを作成できます。これらの動画は、GIF または AVI ファイルとしてエクスポートでき、さらに YouTube に直接アップロードすることもできます。

オルソ画像
PhotoModeler では、オルソ画像 (形状や射影ひずみを除去するために再マッピングされた写真) を作成し、エクスポートできます。これらの写真は、jpg や tif、bmp、pcx、tga、png、pct、psd、iff、cal、sgi、rgb などのファイル形式でエクスポート可能です。


さまざまな数値およびテキスト データ (写真、ポイント、線、カーブ、サーフェスなど) の表もスペース区切り、タブ区切り、またはコンマ区切りテキスト ファイル (txt、csv) としてエクスポートできます。

PDF
内部プロジェクトのドキュメントやクライアントとの共有のため、さまざまな設定オプションを備えた PDF レポートを生成できます。※ この機能は PhotoModeler UAS のみで提供されています。

API/プログラミング
Windows の標準 DDE インターフェイスを介して、外部アプリケーションから PhotoModeler にアクセスできます。DDE インターフェイスは、プログラムの制御、データのインポート/エクスポート機能の両方を提供します。詳細は、ヘルプ ファイルをご参照ください。

※ PhotoModeler UAS では、PhotoModeler Standard で可能なエクスポートに加え、これらのメッシュ固有の形式でポイント クラウドやメッシュ データをエクスポートできます。

※ すべてのファイル形式が PhotoModeler のすべてのエンティティ タイプをサポートしているわけではありません。

† ポイント形式の写真テクスチャは、元の写真からの各ポイントの RGB カラー モデルとしてエクスポートできます。



体験版ダウンロード