Java アプリケーション向けの
開発支援ツール


Java アプリ開発プロジェクトにおける
開発工程の短縮と品質管理の向上を実現します

ライセンス体系、価格、製品機能に関するご質問は、JRebel、XRebel、QRebel 製品の正規販売代理店のエクセルソフトまで、お気軽にお問い合わせください。

最新情報
2018/10/18
JRebel 2018.2.1 リリース。更新情報はこちら → JRebel changelog (英語)
2018/10/9
ブログ記事「今、話題の Java アプリ性能管理ツール XRebel と QRebel をご存知ですか?」掲載
2018/10/4
Rogue Wave 社の Java アプリケーション性能管理ツール XRebel、QRebel を販売開始 (プレス リリース)
2018/10/2
JRebel 2018.2.0 リリース
2018/9/6
JRebel 2018.1.7 リリース
2018/8/16
JRebel 2018.1.6 リリース
2018/7/28
ブログ記事「成功事例から学ぶ!隠れた Java 開発支援ツール JRebel の性能」掲載
2018/7/26
JRebel 2018.1.5 リリース
2018/7/20
ブログ記事「5 分でわかる Java アプリ開発高速化ツールの JRebel」掲載
2018/7/11
ブログ記事「Java アプリ開発支援ツール JRebel 101」掲載
2018/7/5
JRebel 2018.1.4 リリース
2018/6/14
JRebel 2018.1.3 リリース
2018/6/13
Rogue Wave 社の Java アプリケーション開発支援ツールの JRebel を販売開始 (プレス リリース)

14 日間フル機能をご利用いただける無償の体験版は、ダウンロード ページからお申し込みいただけます。

Java アプリケーション開発工程にあわせた 3 つの製品を用意しています

JRebel

Java プログラム コードの変更を即座にサーバーに反映

Java アプリケーション開発時におけるアプリケーション サーバーの再起動の時間を大幅に短縮し、Java プログラム コードの変更の影響を即座に確認できます。Eclipse、IntelliJ IDEA、NetBeans などの IDE (統合開発環境) のプラグインとして提供され、Java アプリケーション開発時にアプリケーション サーバーを再起動することなくプログラム コードの修正や変更を即座に実行結果に反映できるので、Java プログラミングにおける開発サイクルを大幅に短縮することが可能になります。

詳細はこちら

XRebel

ローカル開発環境で Java アプリ性能をリアルタイムに監視

ローカル開発環境で Java アプリケーションのパフォーマンスをリアルタイムに監視し、パフォーマンスのボトルネックをメソッド レベルまで絞り込んで特定できます。必要な情報にフォーカスした分かりやすいレポートによる可視化は、コード内に潜伏するパフォーマンスの重大な問題をシステム導入以前の早期に検出、修正することを可能にします。

詳細はこちら

QRebel

総合テスト環境における Java アプリの稼働状況を可視化

非効率なコード、過度の IO または例外などのリグレッションを早期に検出し、原因を特定することでアプリケーションのパフォーマンスを向上できます。導入以前のビルド毎にテスト実行時のパフォーマンスの問題有無を確認できるので、システム導入後に不具合が判明する場合にかかる膨大なコストを未然に防ぐとともに、エンド ユーザーからの高い満足度を獲得できます。

詳細はこちら

ページトップへ